トップ > 中野区のカレー > レストラン アレグリアのインドチキンカレー(中野区のカレー)

« 外回りと打ち合わせ(ワークス) | トップ | FFFTP Ver.1.92aをリリース(ソフトウェア) »

2005年4月 2日

レストラン アレグリアのインドチキンカレー(中野区のカレー)

レストラン アレグリアのインドチキンカレー■苦みがおいしいカレー
出先から東中野経由で職場に戻ってくる予定があったため、ランチを東中野で食べることにしました。そこでレストラン アレグリア(イタリアン&多国籍料理のお店 RESTAURANTE ALEGRIA)でランチメニューのインドチキンカレー(ミニサラダ、ドリンク付き¥788)を食べました。

ペースト状のカレーはスパイシーな香り。いただくとザラッとした食感の後に、後を引かない辛さと苦みが伝わってきます。味は本格的なのに食べやすいインドカレーといった印象です。チキンはササミというより胸の様な歯ごたえがありました。カレーがしっかりと染みていて、固い繊維質が食感を変えてくれます。大きめのタマネギも味と食感で良いアクセントになっています。

アレグリアは、拝見しているお気に入りのカレー屋さん200さまのエントリーおすすめその82 レストラン アレグリア(東中野)で紹介されていたお店。記事の通り、お米も固めでカレーに良く合っていました。

ランチタイムが始まったばかりで私しかお客がいなかったためか、ひげの店員さんが親しく話しかけてくれました。「どこでお知りになったのですか?」との質問にネットで拝見した旨を伝えると、どうやら店員さんも見ていたらしく、話が盛り上がってしまいました。そしてカレーを下げるときに「デザートはいかがですか?ホームページでも書いてありましたが」と勧められてしまいました。せっかくなのでティラミス(¥473)を追加注文です。

ティラミスとランチのチャイ「夜にはティラミスと赤ワインを注文される方もいらっしゃるんですよ」と教えてもらったデザートは、見た目と味は大違い。卵と生クリームとチーズが一つになった、優しく淡い甘さでした。フワフワで食感も柔らかい。想像していた、ケーキのようなしっとりさっくりとしたティラミスとは全く違いました。シナモンの香りが強いチャイといただいても、お茶の味を変えないのです。ワインに合うのも納得です。

店員さんとのお話も、意外なものでした。ランチでパスタを出しているためか、イタリアンだと思われるが多国籍料理店だということ。イギリス風ローストポークや、南米チリ料理のパステレーラなどが食べられるそう。シェフはイタリア系アルゼンチン人で、そのためかレパートリーが広いとのことです。メニュー、味、雰囲気、接客と外観からは想像出来ない穴場なお店でした。

★お店情報:中野区東中野3-7-22、03-3360-4406、ランチ12:00?2:30、ディナー6:00?10:00(ラストオーダー)、定休月

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2005年4月 2日 22:32 | カテゴリー:中野区のカレー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/425

このリストは、次のエントリーを参照しています: レストラン アレグリアのインドチキンカレー(中野区のカレー):

» おすすめその82 レストラン アレグリア(東中野) from お気に入りのカレー屋さん200
「南インドの味 カレーリーフ」を訪れるつもりだったのだけど、到着したら「売り切れたのでおしまい」という札が下がっていた。悄然とした気分で商店街をうろついている時... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年4月 4日 18:34

» ドラリオンにバスツアーで行ってみました from ドラリオンとシルク・ドゥ・ソレイユってすげぇ
ドラリオンの厳選情報今回は『バスツアーでドラリオン』についてです。では、さっそくチェックしてみましょう!!ドラリオンを観に行く日帰りツアーで、ドラリオンを... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月 2日 22:51

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)