トップ > 中野区の洋食 > ごはん処わしやのハンバーグステーキ目玉焼添え(中野区の洋食)

« ライブドアの無線LANサービス参入背景や勝算、展望(メモ) | トップ | スカイプのデメリットとは(メモ) »

2005年6月26日

ごはん処わしやのハンバーグステーキ目玉焼添え(中野区の洋食)

ごはん処わしや■日曜も営業していた、あのわしやの定食屋さんでランチ
JR中野駅北口のサンモールにあるわしやは、有名なお総菜屋さんです。そしてわしやが定食屋さんを始めたので行ってみました。わしやと銀だこの間を通り、これも有名なラーメン店「平凡」を越えるとすぐの場所にあります。

メニューは、煮物、焼き物、揚げ物に分かれていました。素材は6:4でお魚が中心です。野菜カレーにも惹かれましたが、焼き物定食のハンバーグステーキ目玉焼添え(¥700)を注文しました。

お総菜屋さんのノウハウを生かしているのでしょうが、定食屋さんということで焼いたり揚げたり2人のコックさん(?)が忙しく働いています。見ていると、年配の方もいらしていて煮魚の定食がよく出ているようでした。さばの味噌煮定食や、カジキマグロの照り焼きなどが注文されていました。

しばらくして、料理が運ばれてきました。目玉焼きは、固く焼かれています。その下に隠れているハンバーグは、普通のものに比べて、やや大きめ。他、マカロニサラダやキャベツなどが盛りつけられていて、ボリュームがあります。

ハンバーグステーキ目玉焼添えいただいてみると、粗めの挽肉に、煮込まれているようにソースがしっかりと染みこんでいます。中はほろっとしているのですが、表面の肉はプチプチしており、食感がおいしさを倍増させます。目玉焼きが固く、箸で食べるのに苦労をしましたが、黄身が無駄なく食べられる工夫でしょうか。

小鉢、おみそ汁、そしてご飯とも手堅い作り。そして、ぬか漬けがちょうどよいつかり具合で、箸休めにピッタリでした。

周りのお店と比べてやや高めの値段ですが、味も薄さを感じるほどでなく、かといって濃くなく絶妙。定食として栄養のバランスも良さそうですし、ボリュームもちょっと多め。そして味は有名お総菜店の系列店ということでお墨付き。満足したランチでした。なお、ご飯はお代わり可でした。

★参考:定食屋さんのすぐそばにある、本店のお店情報→中野区中野5-61-6、0120-567-048、10:00?23:00、日祝は10:00?21:00、わしやのホームページはこちら

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2005年6月26日 20:17 | カテゴリー:中野区の洋食

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/622

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)