トップ > 中野区のグルメ > 台湾美食の魯肉飯(ルーロー飯)(中野区の中華)

« 見た目を変えずにGIF画像のファイルサイズを減量できる「GIFeq」(ソフトウェア) | トップ | キッズケータイ「SA800i」は子供の“お守り”(ハードウェア) »

2005年11月24日

台湾美食の魯肉飯(ルーロー飯)(中野区の中華)

台湾美食のルーロー飯■本場の屋台の味と香り
この前、JR中野駅南口の中野五差路に、台湾料理屋さんを見つけました。台湾美食というお店です。外からお店を見てみると、食堂のようでもありますが、多くの料理がテイクアウト出来るみたいです。そこで、魯肉飯(ルーロー飯、¥500)をお弁当として食べてみることにしました。

職場に帰って、お弁当のふたを開けてみると香辛料の香りが漂ってきます。お店に「台湾の料理人が台湾の素材を使って料理をしています」といった旨の説明書きが貼られていましたが、まずはこの匂いで納得です。

お箸をつけていただいたのですが、スプーンを用意して、早速いただきました。お肉は、脂身と赤身のバランスがよいです。肉の味もして、脂のうまみも楽しめます。味付けは濃厚ですが、何故か食べやすく、後味がスッキリしていました。脂っこくないのです。後味と、八角など香辛料の香りで食欲が刺激され、ご飯がもりもり進みました。半分ほど減ったところで、玉子を崩してみると…黄身は半熟状態!薄く味が付いた白身と一緒に食べると、ご飯に合っています。

あっという間に完食してしまいました。本格的な台湾料理が、お弁当でも食べられるというのは、珍しいお店です。

★お店情報:AM11:30?PM10:00、無休

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2005年11月24日 22:17 | カテゴリー:中野区のグルメ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/894

コメント

 初めまして。私も職場が中野にある者で、こちらを参考にさせて頂いてます。
 今回私も台湾美食で食べてきました。紹介されてるルーロー飯の予定だったんですが、メニューのチャーシュー飯が気になってそっちに転んじゃった。
「台湾ぽさ」は余り感じなかったんですが、ジューシィでおいしいチャーシューでしたよ。ただ、肉ばっかりだから野菜も取らなきゃ。野菜スープとセットが良いと思いました。
 持ち帰りでも良かったんですが、せっかくの外出なので店内で食べたんですが、客席が追いやられてると言うかメインはやっぱり持ち帰りなのか、薄暗くてイマイチかな。店員さんは愛想良く応対してくれて気持ち良かったんですけども。
 また近々行って、今度こそはルーロー飯を食べてこようと思ってます。これからも頑張って下さい。

投稿者 こしょやん : 2005年11月29日 15:31

こしょやんさま、shannonです
 
確かに、外からのぞいたらちょっと店内は狭そうでした。書かれているとおり、女将さんも、一見ぶっきらぼうそうなだんなさんも対応はいいんですよね
 
それから、スープのセットもあるのですか?気がつきませんでした。次の機会に是非チェックしたいと思います
 
最後になりましたが、今後とも当サイトをよろしくお願いします。オススメのメニューやお店がありましたら、どうぞ引き続きコメントなどで教えてくださいませ

投稿者 shannon : 2005年11月30日 00:48

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)