トップ > 中野区のラーメン > 大勝軒のちゃーしゅーめん

« もう「死にかけ」ではない | トップ | 別ウィンドウを開くことの是非 »

2007年5月22日

大勝軒のちゃーしゅーめん

大勝軒のチャーシュー麺■大きなチャーシューを十分に味わえる

先日、大勝軒でちゃーしゅーめん(¥650)を食べました。

つけ麺がとても有名だった、大勝軒東池袋本店が3月20日に閉店し、その模様がテレビで紹介されていました。見ていると、最後の一杯を食べていたお客さんが、つけ麺ではなくラーメンを食べています。そういえば大勝軒でラーメンを食べたことがないと思い立ち、機会を伺っていたのです。

ラーメンを目の当たりにすると、大きなチャーシューが特徴的。棒状にスライスされたものが入っているのかと思いきや、違いました。いただいてみると、食感や肉の風味が高級ハムのようです。三枚は多いですね。食べでがあります。

スープは、口当たりとのどごしがとても優しい。天然素材の使用を、五感で感じます。つけ麺の時の、ややとげとげした感じが無く、舌に旨さが伝わります。麺も、つけそばの時と違って、やや固め。絡まっていて箸ですくいあげるのがちょっと大変でした。全体的につけ麺よりも酸っぱさが抑えられていて、代わりにお醤油の味と風味が出ていて、好みなラーメンです。

味、量、そしてこの具で¥650はとても良心的ですね。

★関連エントリー:大勝軒のスペシャルつけそば(中野区のラーメン)

★お店情報:中野区中野3-33-13 第2ビル1F、03-3384-9234、10:30?21:00、定休・水、大勝軒のホームページはこちら

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2007年5月22日 23:29 | カテゴリー:中野区のラーメン

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/1664

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)