トップ > 中野区のラーメン > 喜神の和風つけ麺

« ANAのシステム障害 | トップ | 月間3億PVのサーバーってどうなってるの? »

2008年9月19日

喜神の和風つけ麺

喜神の和風つけ麺■具にも工夫、サラダ風つけ麺

場所をJR中野駅北口すぐに移した喜神。太麺を温かなスープでいただくぶっかけバリ麺などのメニューが無くなってしまったのは残念ですが、あえて品数を絞った中、メニューの最初にあった和風つけ麺(¥830)を先日いただきました。

事前にインターネットでいろいろな感想を伺っていたニュー喜神ですが、いただくと別の印象を持ちました。スープはお醤油の風味が強く、やや油が多い感じ。ですが豚骨のような香りはせず、さらりとした油です。醤油ダレは、ちょっぴり辛いほど主張しています。麺は冷たく固く締められた、やや細めに感じるもの。つるつるとした食感です。

別のメニューをいただいている方をちらりと見たところ、どうも麺が太いと見受けられました。スープの味で、麺を換えているのかもしれません。

具が最も印象に残りました。お野菜が多い。麺には太いメンマが、スープの中にはキャベツと輪切りのネギが入っています。チャーシューも際だっています。プリンとした食感の鶏肉は、味がしっかりと染みて、おいしい。カット済みのものがゴロゴロ転がっていて、お得感もあります。

たくさんの具を絡ませながら麺をいただくと、それぞれのトッピングがバランス良く自己主張し、けれどスープで一体となり、不思議な感覚にとらわれました。濃いめのつけ汁がインパクトあるつけそばとは一線を画しています。麺とヘルシーな具材が1つに盛られた、サラダうどんやスープパスタに通じる斬新なお料理です。

★お店情報:東京都中野区中野5-62-7、03-5318-2950、11:30?23:00(スープ無くなり次第終了)、喜神のブログ

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2008年9月19日 22:02 | カテゴリー:中野区のラーメン

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/2635

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)