トップ > 中野区のラーメン > 中華そば へいぼんの塩らーめん

« CSSハックしてはいけない5つの理由 | トップ | livedoor Blogの中の人が裏側を語る »

2009年3月 6日

中華そば へいぼんの塩らーめん

中華そば へいぼんの塩らーめん■名前は平凡、味は非凡。

先日いただいた、平凡改めへいぼんの塩らーめんです。JR中野駅北口のアーケードを入り、すぐに右手に見えてくるたこ焼き屋さんとお総菜屋さんわしやの間の細い路地を抜けると、あります。中野がラーメン激戦区になるよりずっと前から、おいしいラーメンを出していた平凡というお店を、わしやさんと大成食品さんという、中野外食産業の巨頭がタッグを組んで、へいぼんとして復活させたのだそうです。

少々待って、出てきました。彩りが豊かです。野菜と、菊が振りかけられています。黄色は、なかなかラーメンのお丼の中では見かけない色。目を惹きます。

スープの味はちょっぴり濃い。鶏ダシと塩、そしてお野菜と3つの甘さが出ています。口に含むと塩辛さの後に、複雑な甘みが広がりました。

麺は固めなのが好みで嬉しいですね。やや細身ですが、お野菜と一緒に口に運ぶのならば適切な太さで、スープとも合っていました。

チャーシューは2枚入っています。どうやら違う部位のお肉を使っているようで、片方は適度な脂身が、片方はロースのようにしっとりとしたものでした。こだわりがありますね。お野菜もたっぷりでした。根菜から葉物まで、いろいろな種類が使われています。中でもキクラゲが大きく、ぷりぷりで食べ応えがあります。

多くの方がブログで感想を述べられていますが、同じ事を実感しました。以前の平凡のラーメンと似ていて、変わっています。外見の彩りやあっさりとしていそうなスープは同じなのですが、ちょっぴり味にパンチが出て、今風な一杯に仕上がっています。なにより、柚子と、錯覚かもしれませんが菊の花びらから感じる柑橘系の香りと酸味が、塩などの素材の甘さと1つになって、フルーティなラーメンになっていました。

★関連エントリー:へいぼんの外観が変わっていました

★お店情報:東京都中野区中野5-63-4、11:00?22:00、無休

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2009年3月 6日 22:14 | カテゴリー:中野区のラーメン

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/3060

このリストは、次のエントリーを参照しています: 中華そば へいぼんの塩らーめん:

» パンチがあるわけでなく、平凡なわけでなく 中華そば へいぼん@中野 from なつきの日記風(ぽいもの)
JUGEMテーマ:ラーメン 同じ中野で移転をしたお店なのだそうです。 以前のお店知りませんけど。 以前の店舗をご存じで思い入れのある方も... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年6月11日 01:23

コメント

こんばんは。
私は昔々の店主のころ、平凡ラーメンには
よくいきました。お店が新しくなったのは
知っていましたが、それからはまったく。
ゆずがのっかっているのが、さわやかで
しかもさっぱりしていて好きでした。

久しぶりに行ってみようかな・・。

投稿者 masami : 2009年3月 9日 19:19

>masamiさま
少しずつ味が濃くなっていますが、さわやかでさっぱりしているところは、以前の平凡を引き継いでいると思いました。もしも行かれたら、よろしければ、masamiさまのブログで感想をお聞かせ下さい。楽しみにしております

投稿者 shannon : 2009年3月 9日 22:40

―『平凡』と「へいぼん」とはちがいます―

かつての「平凡」のお客様にいろいろ書き込みをしていただいておりありがとうございます。私は「平凡」の長男です。(断っておきますが今の「へいぼん」ではありません)
ただ現在の「へいぼん」の従業員の方たちに正確な情報が伝えられていないためお客様たちにも誤解を与えているようなので訂正させていただきます。

「平凡」の名を今の店(「わしや商事」経営)に好意的に譲られたと一部書き込みがありますがそれはまちがいです。2年前次男が病気になり店を閉め、となりの「わしや」に譲りました。その際、「わしや」と仲介人のKの間では「平凡」のラーメンと餃子の味を引き継ぐかも知れないし別の業者に委託するかも知れない、と二通りあることを話しておきながら、仲介人は私たちの方には「平凡」の味を引き継ぐから店名も譲ってほしい、これだけしか話さなかったためです。つまり“二枚舌”を使っていたのです。

もっとも罪が深いのはこの仲介人でしょうが「わしや」にしてもそもそもまったく別な二通りのやり方を提示してくることさえ普通、世間では許されるものでないでしょう。
また私が直接、社長に「長年付き合いのあるわしやさんだから(レシピを)教えるんですよ」と話した時も、二通りのやり方を考えていることをまったく言いませんでした。
ちゃんと答えてくれていれば「どちらか一つに決めてください」と、当然その時話しておきました。

その後も、再三の店名変更の話し合いにも応じず、そして、仕方ないので簡裁の調停委員会に申請をしたのですが、その1回目の調停日にも欠席する有り様です・・・。これが事実です。

これまで「平凡」に来ていただいたお客様にはご迷惑をおかけしていて申し訳なく思っていますが、どうぞ誤解のないようにお願い致します。
(またマスコミ関係の方たちもどうぞおまちがいのないようにお願い致します)
長い間、ご利用いただきありがとうございました。

―『平凡』の長男―

投稿者 ボンちゃん : 2009年12月13日 13:33

>ボンちゃんさま
コメントをありがとうございます。以前も教えていただきましたが、今後は「平凡」と「へいぼん」は違うことを間違えないように致したいと思います

投稿者 shannon : 2009年12月14日 23:47

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)