トップ > 中野区のラーメン > 横浜家系ラーメン二代目武道家のラーメン(濃いめ・多め・固め)

« Twitter上の勝手応援に企業がお礼メール | トップ | クックパッドの運営に見えるサイト管理のヒント »

2009年8月28日

横浜家系ラーメン二代目武道家のラーメン(濃いめ・多め・固め)

横浜家系ラーメン二代目武道家のラーメン(濃いめ・多め・固め)■意味のある、脂多め

先日いただいた、横浜家系ラーメン二代目武道家のラーメン(¥650)です。エントリー横浜家系ラーメン二代目武道家のラーメンと同じメニューですが、作り方が違います。

家系と呼ばれるラーメン屋さんは、その多くでお客の好みでスープの濃さ、脂の量、麺の固さを調整してくれます。これまでは、もっぱら「濃いめ・少なめ・固め」だったのですが、拝見しているブログの多くで「脂多め」を指定していることを知りました。

また、さりげなく職場で話題を振ってみたところ、ここでも「脂多め」が大多数の意見。少なめしか選んだことがないと告白すると、(家系の真髄な食べ方を)わかっていない、あるいは(おいしく食べられる指定方法なのにやらないなんて)もったいないとしかられたり、哀れまれたりする始末。それならば、と「濃いめ・多め・固め」にしてみました。

予想に反して、透明な脂分がうっすらと膜となって覆っていました。背脂チャッチャ系とは違って、まるでスープが分離をしてしまっているような、見慣れないものです。

見た目と同じで、さらりとしているので、それほどお腹に溜まる感じはありません。表面が覆われているので冷めにくく、そしてスープをまとった麺が脂の層から持ち上げられることにより、心なしかコーティングとなって味がしっかりと定着をしている気がします。

脂多めという言葉から、ラーメン二郎のトッピングを想像していましたが、違いました。あまり存在を主張せず、温度と味をサポートしている。たまには脂多めもいいですね。

★お店情報:中野区中野3-34-32、03-3229-9390、11:00〜15:00 16:00〜23:00

★関連エントリー:大勝軒のちゃーしゅーめん

★関連:みうたんパパさまの「中野駅南口に本日開店っ!!超濃厚横浜家系らーめんっ!!」店内の様子などのお写真があります

★関連:ぶぅログのーとさまの新店「二代目 武道家@中野」オープン。ラーメン、調味料、そして麺の写真を拝見出来ます。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2009年8月28日 23:17 | カテゴリー:中野区のラーメン

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/3471

このリストは、次のエントリーを参照しています: 横浜家系ラーメン二代目武道家のラーメン(濃いめ・多め・固め):

» 「二代目 武道家@中野」でいつものコール from ぶぅログのーと
 南口に用事があった。そして南口に廻るとついつい寄ってしまうのがここ、「横浜家系 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年9月 1日 08:23

コメント

》(家系の真髄な食べ方を)わかっていない、あるいは
》(おいしく食べられる指定方法なのにやらないなんて)
》もったいないとしかられたり、哀れまれたりする始末。

 アハハ、職場の皆さんのご意見に賛成(^o^)v
 家系は、そんな食べ方が似合います。

 後ほどTBさせてもらいますね。

投稿者 BUSH : 2009年8月31日 14:16

>BUSHさま
いざ食べてみると、なるほど!と思わされた味付けでした。やっぱり身のまわりの多くの人が指定するだけはあります。そして、これでラーメンの印象が変わってしまうなんて、家系は奥が深いです

投稿者 shannon : 2009年9月 1日 01:26

 「濃いめ」と「多め」は、健康面の心配からか割りと避けられることが多いようですが、この組み合わせも含めて、それぞれの好みの「家系」を持てるといいですね。

 それと、すいません。間違えて「味七」の方にTBを送ってしまいました。お手数をおかけしますが削除してください。

投稿者 BUSH : 2009年9月 1日 08:29

>BUSHさま
ラーメン二郎ではカラメ、家系では濃いめは躊躇せずにお願い出来るのですが、多めはといいますと…。食わず嫌いはいけませんね。多くの皆さんのご助言で、新しい家系を発見出来ました。感謝です

投稿者 shannon : 2009年9月 2日 00:07

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)