« 2009年7月 | メイン | 2009年9月 »


これより新しい10エントリーへ 1  2  3  4


2009年8月 5日

源、営業をしていませんでした

源、営業をしていませんでした中野ラーメンストリートにオープンした、天ぷら屋さんの源ですが、エントリー中華そば青葉の近くに、天ぷら屋さん で最近営業をしていないのではないかというコメントをいただきました。

今日、お昼過ぎにお店の前を通ってみました。閉まっています。

夏休みの張り紙などはなく、シャッターが降りたままになっています。

行った時には、お客がたくさん来ていましたし、当サイトでも皆さん評価が高かったので、開いていないのは寂しいです。

定休日か、不定休ならばよいのですが。また、気がついた時にお店の前を通ってみようと思います。

★関連エントリー:天ぷらやの源の江戸前活〆め穴子天丼

★関連エントリー:THAI RESTAURANT サムヤーンのカオマンガイ セット

★関連エントリー:天ぷら住友のいかひれ付きかきあげ丼

★関連エントリー:食彩居酒屋 わた庄 俺んちのガーリックピザ(中野区の居酒屋・ダイニングバー)

★お店情報:中野区中野5-57-2

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:48 | コメント (4) | トラックバック

朝日新聞のミニブログサービスのシステム

朝日新聞社が、参考ピープルというミニブログサービスを始めたのですが、そのシステムの基盤はOpen PNEとのことです。

手嶋屋と芸者東京が技術提供―朝日新聞がミニブログサービスを携帯電話向けに展開(japan.internet.com)

「これまでと真逆」――朝日新聞が携帯専用「ソーシャルブクマ+ミニブログ」 「ARis」開発元も協力(ITmedia News)

朝日新聞社のこれまでの事業展開は、比べるのはおこがましいですが、少し分かる気がします。検索はサイト内検索はグーグルで、写真はフリッカーに飛び、地図はヤフーのもの…。Webサービスは大変便利で、その多くが無料で使えるというのは魅力ですが、出来るだけ自分のサイト内でサービスを完結させたい。サービスの提供先を分散させているのが、リスクなのかリスク回避なのかは考え方によりますが、漠然とそんな考え方があるのも事実です。

朝日新聞社の取り組みは、記事のタイトル通り真逆。これが吉と出るか凶と出るか。気にしたいと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:27 | コメント (0) | トラックバック

2009年8月 4日

香港亭鷺宮店の中華丼セット

香港亭鷺宮店の中華丼セット■SaginomiyaでHongKong Style

西武新宿線鷺ノ宮駅北口に、香港亭がありました。ランチの中華丼セット(野菜サラダ、ワンタン、ザーサイ付きで¥600)をいただきました。

中野駅前の香港亭でランチをいただいた時と同じで、土鍋に入れられてきました。この土鍋、器でして調理をしているとは見受けられず、触っても大丈夫な冷たさ。ですが、中に入っている中華丼はアツアツです。土鍋を見て視覚で熱いのかと思い、触ってみて触覚で熱くないと感じ、そして味覚でお料理の熱さで口がハフハフとなる。憎い演出ですね。

味はかなり濃い口で、お醤油そしてニンニクがしっかりと迫ってきます。しょっぱい程のお醤油の風味が、甘いご飯を引き立てます。具も多彩。シャッキリとしたもやしを始めとして、ニンジン、白菜、タケノコ、キクラゲなどお野菜がたくさんです。プリプリのエビとイカもおいしい。お肉も入っていましたが、ほんのわずかで、野菜をたっぷりと食べられるどんぶりになっています。

ワンタンは、お店の名前の通り、香港風で塩味ですから、さっぱりとしています。やっぱりアツアツなので、少しずついただきました。塩の風味の中にもコショウが効いていて、甘さもあります。よい口直しになります。

ボリューム一杯、思いもかけずワンタンにも十分に満足をしました。コストパフォーマンスも良かったです。

★お店情報:東京都中野区鷺宮3-20-6

★他の鷺ノ宮駅周辺のお店のエントリー
アジア料理ラマ Lama 鷺宮駅前店のバターチキンカレーとナン
らーめん一兆の坦々麺(中野区のラーメン)
生パスタとワインのお店 Cucina Gio Gio(クチーナ ジオ ジオ)のタラコのケッカ風

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:09 | コメント (0) | トラックバック

2009年8月 3日

ホームページの削除

ホームページの削除について、説明をさせていただきました。

以前のエントリーでも、削除については触れたことがありました。基本的に、ホームページを作り、公開をした後での削除はなるべく行わないようにしており、その方針と理由を説明し、納得をしていただいた上で制作することを心がけています。

削除をなるべくしないのには、主に2つの理由があります。1つは、管理上の問題。該当するホームページを削除しても、それで済むということではありません。SEOやユーザビリティに問題がないように、いくつかの仕掛けをしなくてはならないので、「ただ消してくれればいい」とは行かないのが現実です。

そして、もう一つは、完全な削除が難しいから。検索エンジンのキャッシュは、場合により消すことも出来るかもしれませんが、確実とはクライアント様にお約束が出来ません。さらに、一般のユーザーの方がデジタルのコピーや印刷をしてしまっていたら、こちらではどうすることも出来ません。一度公開したホームページを、無かったことにするのは、実はやっかいなのです。

ここのところ続いて、トラブルが発生しました。

中でも、理由の後者がご納得いただけないことが多いですね。自分のホームページであるのに、情報が完全に消すことが出来かねる場合があるという旨の説明が、余計に事態を複雑にさせます。もちろん、誤解をされないように出来る限り説明をするのですが、「データを完全に消して、誰にも見られないようにする」ことに”素直にYesと言わない”(当方の立場から言うと、断言出来ない)ことが、責任逃れやサボタージュと受け取られ、感情的にもこじれてしまう場合もあります。法的手段をにおわせる方もいらっしゃいます。

もちろん、実際はそれほどシビアではありません。ですが、「確実に」「絶対に」「すぐに」「完全に」などの言葉を使われると、首肯しかねるのは、確か。共通認識がなかなか持てない現場に立つと、ホームページがまだまだ新しいメディアであるということを実感します。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:21 | コメント (0) | トラックバック

イラスト投稿SNSがプレミアムサービス開始

イラスト投稿SNS「pixiv」が有料会員「pixivプレミアム」向け機能を拡充するという記事がありました。

pixiv、有料サービス拡充。イメージレスポンス機能などを強化(BB Watch)

急激にユーザー数が増え、活況となっているとインターーネットのニュースなどで言われているサービス。イラスト投稿という、ニッチと思われた分野ですが、実は潜在的な需要がとてもあり、賑わっています。

プレミアム料金は、月額525円という設定ですね。広がった機能は、よく分かりませんけれども、イラストを描き、見せるだけではなくてサークル活動にも役立てるようになっているようです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:22 | コメント (0) | トラックバック


これより新しい10エントリーへ 1  2  3  4