トップ > 中野区のラーメン > 担々麺 ほおずきの担々麺(激辛)

« Windows 7にアップグレードする時の注意点 | トップ | Chrome 3がHTML5のサポートを強化 »

2009年9月14日

担々麺 ほおずきの担々麺(激辛)

担々麺 ほおずきの担々麺(激辛)■麺と香りに異国情緒

先日いただいた、担々麺 ほおずきの担々麺(激辛、¥800)です。拝見していて、先日五周年を迎えられた、ぶぅログのーとさまの【本日開店】担々麺 ほおずき@中野白線通りで開店を知った、担々麺専門店の一杯です。

辛さは、普通・中辛・大辛・激辛と選ぶことが出来ます。最近辛いものづいていたこともあり、敢えて一番辛いところからお願いをしてみました。

赤いスープの中に野菜の青々とした色が映えています。いただいてみると、率直に申し上げて辛さは目立ちません。もちろん個人差はあるでしょうが、ピリ辛という風でもなく、とんがった辛みは感じず、丸みのある辛さという感じです。挽肉の甘みが出ているのかもしれません。

辛みが目立たないのは、独特の麺のためでしょう。ライ麦パンをかじったときの様な、独特の粉っぽさと香りがあります。もみ殻のような、粘りけがあって少し焦がしたように感じる、普段なかなか食べ物からは漂わない匂いが、口に広がります。

さらに麺の風味を、スープが引き立てています。わずかに感じる山椒と魚粉?が、麺とないまぜになり、アジア料理の趣を付け足して、不思議な味に昇華しているのです。

小麦香る麺と、動物や魚介のダシのうま味を合わせたスープでいただく日本風のラーメンとは、似て異なるものです。台湾風のラーメンとも違います。変わったラーメンが手軽に食べられるとは、中野ラーメン事情にニューフェイスが登場です。

★関連エントリー:味七あおのれんの辛みそラーメン

★関連エントリー:味噌一の爆発

★関連エントリー:担々麺のお店のほおずき、ありました

★お店情報:中野区中野5-52-1

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2009年9月14日 21:40 | カテゴリー:中野区のラーメン

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/3514

このリストは、次のエントリーを参照しています: 担々麺 ほおずきの担々麺(激辛):

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/09/15 09:11) from ケノーベル エージェント
中野区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年9月15日 09:11

コメント

 激辛でも「辛さが目立たない」ですか。個人差もあるでしょうけど、辛いもの好きな人には物足りないくらいかも知れませんね。であれば私も中辛や大辛に挑戦できるかな。

 辛さより、スープと麺の旨さで勝負という感じなのかもしれませんね。私は近々「汁なし担々麺(油そば)」をいってみようと思っています。

 

投稿者 BUSH : 2009年9月15日 08:02

>BUSHさま
色は真っ赤なのですけれど、(もちろん個人差はあるのでしょうけれども)それほどではありませんでした。辛さよりも、麺とスープの、あの独特な風味の方が印象に残りました
油そばですと、より麺が強く出てくるかもしれませんね。私も機会があったら食べたいメニューです

投稿者 shannon : 2009年9月17日 21:27

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)