トップ > データ > Windowsマシンの感染源について

« 中野ブロードウェイの明屋書店でワンピースキャラ人気投票 | トップ | 麺のゆで加減が絶妙だった、無鉄砲中野店のとんこつラーメン »

2011年9月30日

Windowsマシンの感染源について

Windowsのウイルス感染、主因はJavaやAdobe製品の更新忘れ(ITmediaニュース)

電子メールについていた添付ファイルを開いてしまったり、あるいはウィルス付きのメールを読んだりなどという感染方法は今や昔、のようですね。

アドビについては、何となくそのようなものだろうな、と思ってはいましたが、調査会社によると最も危ないのはJavaだそうです。時々パソコン相談のような場合に聞かれることも多いのですが、いるともわからずいらないともいえず、会話の中での判断に困る要素ですね。

フラッシュ関係はおおむね自動的に頻繁なアップデートがかかっているようですが、リーダーは使わない人は使わないので古いまま、ということがありました。気をつけようと思います。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2011年9月30日 12:47 | カテゴリー:データ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/5529

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)