トップ > データ > デスクトップとノートの壊れ具合の違い

« 明屋書店が航空ファンをフィーチャー | トップ | あっという間に工事が進んだ陸橋のサンプラザ前通路出口 »

2012年6月28日

デスクトップとノートの壊れ具合の違い

デスクトップPCよりノートPCの方が壊れにくいことがMicrosoftの100万台調査で明らかに(GIGAZINE)

コンマ数パーセントですが、ノートパソコンの方が壊れにくいとのことです。データとしては出ていますが、実際に使っていてその差を感じることは...難しいかもしれません。

3つの指標の中で、CPUとディスクの障害発生事例が多いみたい。CPUはちょっと意外でした。どちらかというと電源がへたってくる様に感じていましたが、CPUも考える必要がありますね。

使い方に差をつけたり、どちらを買うか悩んだりするポイントではないでしょうが、ちょっと面白いデータでした。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2012年6月28日 12:57 | カテゴリー:データ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/6275

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

【スポンサーリンク】