トップ > 中野区のラーメン > ラーメン大中野店の中野店限定冷し担々麺

« FacebookによるInstagram買収 | トップ | Twitterの埋め込みタイムラインツール »

2012年9月 7日

ラーメン大中野店の中野店限定冷し担々麺

久しぶりに食べたいなと思い、中野通り沿いにあるラーメン大まで足を伸ばしました。気分はすっかりラーメンだったのですが、店頭の看板を見かけて考えが変わりました。中野店限定メニューとして、冷やし担々麺がお知らせされていたからです。

早速、食べてみることにしました。

冷やし担々麺の場合は、トッピングは辛めとニンニクとなるそうです。今回は初めていただくので、どちらもお願いをせず、まずはそのままを味わうことにしました。

ラーメン大中野店の中野店限定冷し担々麺

メニューが出てきたとき、率直に申し上げて戸惑いました。まずは付け汁です。冷やし担々麺なので、当たり前ですが冷たいです。そして辛みの元でありそうな調味料群が、スープの上に何カ所かで浮いています。味の統一感が気になるところです。

そして麺に目を向けますと、多いです。特に大振りにカットされたチャーシューも、こちらも群となって皿の上に鎮座しています。量としては、輪切りにされたものと違うのかも知れませんが、かなりのボリュームを感じます。

さっそくいただいてみると、辛いです。付け汁から麺を持ち上げるときに、水面に浮いている調味料がコーティングされるのか、かなり強い、ぴりっとした唐辛子の辛さを感じます。そのあと、クリーミーなゴマの味が広がりました。辛甘、な感じですね。どちらの味も強く感じます。それだけ、濃い味付けなのでしょう。

冷たく締められた麺は、その太さと長方形の断面も手伝って、とてもコシが強いです。スープの濃厚な味に負けていません。この2つが合わさるので、ボリュームが満点。通常のラーメン大のメニュー以上に、覚悟を求められる量となっています。

具にはうれしい悲鳴を上げました。とにかく、食べても食べても減りません。そしてどれもカットが大振りです。そのため、麺数本にメンマ、麺何本かにお野菜、時としてチャーシューのみを付け汁に浸して食べる、といった風に、どちらが主役かわからなくなります。それぞれが淡泊ですので、坦々の味に染まり、そのたびに辛甘さが口に広がります。徹底的に、スープの味を堪能できます。

ラーメン大中野店のつけ麺のお皿

おいしかったのですが、やはり量は感じました。お腹がいっぱいになり、ようやくお店からのメッセージを拝見することが出来ました。この満足感、コストパフォーマンスも十分で、ラーメン激戦区の中野にあって、存在感を増しそうです。

ラーメン大中野店の看板

ちなみに、限定メニューをお知らせしていた店頭の看板には、中野店限定という文字の下に第一弾とありました。ということは、これからも中野店の限定メニューが登場するということなのでしょう。楽しみです。

★お店情報:東京都中野区新井2-10-9、03-3319-7718、11:00-翌1:30、無休

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2012年9月 7日 23:12 | カテゴリー:中野区のラーメン

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/6421

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)