トップ > 中野区のカレー , 中野区の居酒屋・ダイニングバー > ストローハットの自家製ビーフカレーライス

« ドメインtokyoが登場してしばらく経ちました | トップ | 若い女性スマホユーザーがつかうサービスは »

2014年8月 4日

ストローハットの自家製ビーフカレーライス

この日のランチは、おしゃれなバーでいただきました。中華料理店、ミンミンの上にあるストローハットで、です。ストローハットがあるのは、中野ブロードウェイと中野サンモールの間にある、東西に細く延びる道。最近は、道の両側でランチを出すお店が増えて、しかもいろいろな種類のメニューが食べられるようになってきました。

ストローハットのランチメニューは、カレーライスかハンバーグという、鉄板の選択肢が二つです。さらには、ハンバーグカレーライスというものもあります。今回お願いしたのはカレーライスで、サラダがついてきました。

看板には「(素材がなくなるまで)コトコト煮込みました」という趣旨のことが案内されていましたが、出されたカレーを見て納得しました。お皿の表面がフラットです。

ストローハットの自家製ビーフカレーライス

いただいてみて、大変感想を言うことが難しいです。ほどよくスパイシーで、甘みとちょっぴりの苦みを感じる、奥深いコクのあるカレーです。

繊維状にほどけたビーフがスプーンの中に入ってきて、お肉のうまみを増幅させます。お米が進む、日本風カレーライスなのです。

一方で、良い意味で手作り感があり、具がごろごろと入っているお母さんの手作り風カレーや軸足を日本に置きながらもオリエンタルな風味とのバランスをとるオリジナリティあふれたカレーとはちょっと違います。「ストローハット風」のカレーなのです。

際だったオンリーワンなカレーです。

★お店情報:中野区中野5-55-17 2F、03-3387-0516

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2014年8月 4日 21:00 | カテゴリー:中野区のカレー | カテゴリー:中野区の居酒屋・ダイニングバー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/7421

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)