トップ > 中野区のラーメン > らーめんKaeruの極爽潤冷やしらーめん

« ガロピエーヌ&ガロパンのオリジナルソース ガロガロチキンライス | トップ | Windowsで画面が最大化になるのを止める »

2014年9月11日

らーめんKaeruの極爽潤冷やしらーめん

中野にあるラーメン二郎インスパイア系のらーめんkaeruで夏季限定メニューをいただいてきました。極爽潤冷やしらーめん(きわみそうじゅんひやじらーめん)です。

中野でもいろいろなお店で出されている、夏季限定の冷たいラーメンですが、カエルのはどの様な一杯なのか。なお、注文時にはトッピングの指定が出来ない旨の店員さんの説明がありました。また、太麺と細麺の質問もありませんでした。全てお任せのようですね。

出てきた一杯は涼しげで、そして白湯をイメージさせる白濁したスープでした。氷も、何らかの野菜が閉じ込められていて、薄くならない様工夫されています。いつものボリュームあるカエルのラーメンとは全然見た目が違いますね。

らーめんKaeruの極爽潤冷やしらーめん

スープをいただいてみると、豚骨のコクの後に鶏のさっぱりさが追ってきて、最後にしょっぱさを感じます。塩ラーメンでは塩の甘辛さが出てきますが、ちょっとしょっぱいです。

麺も全然違う印象でした。細麺が冷たく締められています。ゆで加減は固めなのか、冷え冷えになっているためか、博多ラーメンでいうところのバリカタといいますか、ポキポキした食感です。しゃっきりとした水菜と白髪ネギを一緒に口に運ぶと、こんどは塩気とは違ったちょっぴりの辛さが口の中に広がります。添えられている辛味噌を溶かすと、今度は唐辛子の辛さです。

何となくですが、違う種類のちょっぴりの辛さの広がりを楽しむラーメンのように感じました。

最後にレモンをしぼると、今度は当たり前ですが酸っぱさがスープに加わります。辛さと酸っぱさで、アジアンテイストに変わります。味の変化が豊かなラーメンです。

★お店情報:中野区中野5-56-15、11:00-15:00、17:30-21:00

★関連エントリー:らーめんKaeruへの行き方

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2014年9月11日 22:12 | カテゴリー:中野区のラーメン

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/7517

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)