トップ > 中野区のカレー > ネパール料理カナカナのカナカナ定食

« Youtubeによる著作権侵害判断と、侵害について | トップ | 食べログの掲載順位について »

2016年10月 4日

ネパール料理カナカナのカナカナ定食

JR中野駅南口、有名なつけ麺発祥の店、大勝軒の裏に当たるところに、ネパール料理のお店があります。カナカナです。そこで、ランチを食べることにしました。

事前に調べていかなかったので、メニューを見て慌てました。種類が一杯あります。グランドメニューも頼めるようです。ランチメニューのカレーも、カレーライスあり、いくつかコースあり、さらに味が選べます。迷ったあげく、メニューの中で別の紙に印刷されていてフィーチャーされていた、カナカナ定食をお願いすることにしました。タルカリとマスプテコが載せられたプレートです。

ネパール料理カナカナ

注文をすると、おかしな事を店員さんから聞かれました。「カレーの辛さはどうしますか」と。5つのレベルの内、4レベルの大辛をお願いしました。後からメニューをもう一度確認しました。カレーはありません。料理は、タルカリとマスプテコです。タルカリは野菜の炒め物、マスプテコはお肉の炒め物とのことです。

出てきました。正直に申し上げて、外見から違いはさっぱりわかりません。失礼ながら、いっそ一緒に混ぜてもいいような...。

食べ始めると、とにかく辛いです。自分から大辛を指定したので、お店の責任ではありません。カナカナを甘く見ていました。ジャガイモも、にんじんも、インゲンも、それぞれの味がするのですが、すぐにスパイシーな辛さが伝わってきます。口の中がカッと熱くなりました。自分の選択ミスで、お料理を味わうよりも完食を目指すことになりました。

ネパール料理カナカナのカナカナ定食

取っておいたわけではないのですが、食事がずいぶんと進んで終わりに近づいたとき、お漬け物に添えてある謎のソースに手を伸ばしました。食べて衝撃が走りました。酸っぱいのです。思わず心の中で「レモンかよ!」とツッコんでしまう、レモンそっくりな酸味です。

すると、文字通り口の中がリセットされました。今まで「味の印象が変わった」ですとか「よい口直しになった」経験はありますが、一番のリフレッシュです。お陰で辛さを和らげつつ、食べ進めることが出来ました。

このお店、是非もう一度来て、辛さのチョイスに気をつけて別のお料理を食べてみたいです。今度はあらかじめ調べて、メニューで迷わないように勉強をしておくことにします。

★お店情報:東京都中野区中野3-34-3、03-3383-0661、11:30-15:00、17:30-24:00

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2016年10月 4日 22:43 | カテゴリー:中野区のカレー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/8442

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)