トップ > メモ > 日本橋で屋内音声ナビゲーションサービスの実証実験

« 明屋書店で、サイン付き村上克司氏アート集 | トップ | クスクスとピザとワインのお店 セットグーのひき肉とお豆のキーマカレークスクス »

2017年2月24日

日本橋で屋内音声ナビゲーションサービスの実証実験

清水建設が手掛ける屋内測位システムで、高精度の歩行者ナビゲーション-日本橋・コレド室町で実証実験中(INTERNET Watch)

どの様に道案内をするのか。もっといってしまえば「ウチのお店に来てもらえるナビはどうするのか」は考えるポイントとなります。実は道案内の静止画を撮影して、ホームページで表示をするですとか、イラストマップなどはなかなか需要があったりします。グーグルマップは便利ですし、サービスの展開も考えられるのですが、「地図は見にくい」という方は一定の割合でいらっしゃるものです。

ですから、グーグルのサービスを持ってきつつ、いかに見やすいものにするのか。またGPSはバッテリーを食いますからどの様に回避をするのか。ここら辺が具体的な工夫の場所となります。

一方これが、室内になるとぐっとハードルが上がります。電子タグやビーコンなどの方法もありますが、「用意する側」の負担も考えなくてはなりません。ショッピングセンターのように、施設側が対応をしてくれると、記事のような方法が採れますね。

ビジネスチャンス創出ももちろんですが、実は緊急時の避難誘導はどうするか、という課題もあります。命に関わってくる問題なのです。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2017年2月24日 12:57 | カテゴリー:メモ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/8766

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

【スポンサーリンク】