トップ > 中野区の和食&うどん&そば > 伝説のすた丼中野店のガリバタ牛カルビ丼

« 上野動物園のUENO PLANET | トップ | 日本語のGoogle Play偽サイト »

2017年2月17日

伝説のすた丼中野店のガリバタ牛カルビ丼

伝説のすた丼やの前を通りかかったところ、限定メニューのポスターが貼ってありました。早速影響され、食べてみることにしました。ガリバタ牛カルビです。標準で980円。お肉の増量は出来ないとのこと。このお店では、かなり贅沢なメニューとなります。

お店が混んでいたため、少々待ってお料理が運ばれてきました。すた丼でデフォルトの生玉子はありません。また、お丼の中にお新香も見当たりません。丼と、お味噌汁。そして割引券のセットになっています。

立体的なお丼は他のお店ではなかなか見られませんが、食べるのに苦労をしました。箸を使ってみてわかったのは、このガリバタ牛カルビ丼は、三層構造になっているということです。すなわち、ご飯、もやし&ニンニクの芽&牛カルビの順に盛り付けられていると思われます。従って、ご飯が遠い。お肉の層を突き破っても、FRP繊維のように張り巡らされたもやしが箸の行く手を邪魔します。ご飯にたどり着きません。かといって、上から順に食べ進めると、牛カルビもやし炒めご飯になってしまいます。苦労しながら食べ進めました。

ガリバタ牛カルビ丼

味は、いい意味で濃厚、ではありません。タレの風味をバターがマイルドにしているのか、とがった感じはありません。最後にバターの風味と香りが締めくくるので、メニューの名前から受ける印象ほど、濃い味では無いのです。これくらいのさじ加減で無いと、途中で飽きてきてしまうのかもしれませんね。

シャキシャキのもやしとニンニクの芽が食感のアクセントになっています。ガーリックはチップを使っているようで、風味はあるものの、匂いは残らない感じがしました。ランチでもギリギリ大丈夫そうです。

カルビはお丼の具としてはかなり厚みがあり、お肉を食べているという充実感があります。適度な味付けで、ご飯によく合っていました。

★お店情報:中野区中野5-68-9、11:00-翌3:00、無休

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2017年2月17日 23:12 | カテゴリー:中野区の和食&うどん&そば

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/8752

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)