トップ > メモ > ベーカリーの画像認識レジと問題解決について

« 明屋書店が、手塚治虫作品人気投票実施中 | トップ | サンモールのユニクロが子ども服を集めています »

2017年5月16日

ベーカリーの画像認識レジと問題解決について

「すごすぎる」――地方のパン屋が"AIレジ"で超絶進化 足かけ10年、たった20人の開発会社の苦労の物語 (Itmediaニュース)

開発のきっかけも、パン屋さんの導入の動機も、人手不足。開発に10年かかっていても、依然としてニーズは変わらないことになります。つまり、マンパワーが足りないのです。

ホームページも、最初は「ユーザーが勝手に見てくれる営業マン」の代わりだったタイミングがありました。テレビの広告などとんでもない、新聞の折り込み広告も大変。そんな中小零細なお店が、それでもお店の情報を発信するためにホームページを開設した。そんなことがありました。

今はそんな牧歌的な時代ではありません。SNSを使い、日々ブログを更新し、対応に追われる。どこから問い合わせが来るのか。フックは多い方がいいので、その分担当者さまの労力もかかることとなります。

記事で紹介されている、開発者さまやパン店の店主さまのような発想の転換が、どこかで必要です。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2017年5月16日 12:54 | カテゴリー:メモ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/8922

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)