トップ > メモ > 激変する中国のメッセンジャーアプリ事情

« iPhoneのYJSNPIウイルスについて、トレンドマイクロが解説 | トップ | Instagramの利用動向 »

2017年10月 3日

激変する中国のメッセンジャーアプリ事情

激変する中国のメッセンジャー事情。人気アプリWhatsAppは使用不能、WeChatはユーザー情報を政府と共有と明記(engadet Japan)

詳しいことは調べてみないとわかりませんが、記事にもあるように、単なるメッセンジャーに留まっていないところが気になります。特に最近ですとインバウンド向けに電子決済手段としても関連しているサービスが使われています。電子決済の世界では既にアリペイが抜かされてWeChatPay一択になっています。日本人が日本で提供しているサービスだから、と思っていたら実は...などということがあるかもしれません。

シェアバイクのサービス、メッセンジャー、電子決済など、最近はITを使った様々なサービスについて、中国初のニュースも増えてきましたね。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2017年10月 3日 12:01 | カテゴリー:メモ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/9149

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)