トップ > メモ > コインチェックの盗まれたNEMのありかについて

« macOS、32ビット版対応を終了へ | トップ | スマホ版Yahoo!検索が国立がん研究センターと連携 »

2018年1月30日

コインチェックの盗まれたNEMのありかについて

ニュースなどでも大きく取り上げられた、仮想通貨の盗難について記事がありました。仮想通貨のよいところに、送金などが簡単。そもそも現物がないので銀行強盗の心配がないなどという説明があったりします。また、ビットコイン以外の仮想通貨についてはあまり知られていないので、テレビCMは見たことがあっても、仮想通貨の名前は知らないということがあるかもしれません。

コインチェックから盗まれた「580億円分のNEM」今どこに? ブロックチェーンで"一目瞭然"(ITmediaニュース)

銀行強盗の心配は無くても、盗難のリスクはあります。ですが、記事のタイトルにあるように、どこにあるのかは把握出来ます。

そうはいっても、もしも本当に盗む目的で起こした行動であれば、当然この様なことは知っていたはずです。どの様に現金化を行うのか。気になります。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2018年1月30日 12:07 | カテゴリー:メモ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/9335

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)