トップ > 中野区のラーメン > 煮干しそば凪(そよぎ)の濃厚味玉つけめん

« 西友ネットスーパーが楽天と共同運営に | トップ | イラスト無断転載のまとめサイトに30万円の賠償命じる判決 »

2018年7月30日

煮干しそば凪(そよぎ)の濃厚味玉つけめん

中野ラーメンストリートに、新しいラーメン店が出来ていました。場所は、ようすけの跡地です。

正確には出来ていたのでは無く、仮営業中の模様でした。看板はまだブルーシートが掛けられています。プレオープンの旨の張り紙があります。メニューも限定のようです。

煮干しそば凪(そよぎ)

せっかく見かけたので、いただくことにしました。選んだのは、濃厚味玉つけめんです。

お店の中は、以前のままでカウンターのみ。少し前に食べ納めをしたようすけの面影があって、不思議な感じでした。

さて、出てきたつけ麺は、個性的な見かけでした。目を引くのは麺を覆っている具材の数々。チャーシューが大きいですね。つけ汁は、いろいろなものが溶け込んでいて、濃厚そうです。

いただいてみると、煮干しの香りがするつけ汁は、味のバランスが、いいです。鳥と豚のだしをとっているそうですが、いい意味で味が落ち着いていて、煮干しとケンカしません。香りに煮干し、コクに豚、あっさり鳥だしを煮干しの後味がまとめます。お店の名前で煮干しをフィーチャーして、その割には前に出てきませんが、これくらいが好みです。

煮干しそば凪(そよぎ)の濃厚味玉つけめん

そして、好みといえば、麺が好みでした。低かん水でやや細く、四角い。水でしめられていたからか、角が立ち、歯ざわりも喉越しもはっきりしています。力強いです。中華麺とうどんの中間な感じ。だから煮干しに合うのかも知れませんね。

そして、大きめにスライスされたネギが合います。輪切りでも、白髪ネギでも無い、ラーメンのトッピングとしては珍しいカットの仕方ですが、歯ごたえは麺に、風味はスープによく合いました。

逆に、味玉とチャーシューは淡泊な感じがしました。特に味玉は、お店の個性なのか、もう一度確認しようと思います。

今度はラーメンを食べたいですね。

★お店情報:東京都中野区中野5-57-4 永嶋ビル1F

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2018年7月30日 21:03 | カテゴリー:中野区のラーメン

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/9568

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)