トップ > メモ > マリカーをめぐる訴訟について

« 中野サンモールに立ち食い寿司店が登場します | トップ | Facebookから5000万人の情報が流出した模様 »

2018年9月28日

マリカーをめぐる訴訟について

時にビジネスでは攻めることも必要です。いろいろなことのグレーゾーンに踏み込むこともありますが、グレーなのかという判断も必要となります。

任天堂、「マリカー」めぐる訴訟で勝訴 「公道カート」会社に賠償支払い命令(ITmediaニュース)

サービス名も、提供しているものも、いわゆるテレビゲームを販売している国であれば多くの方がピンとくるはず。ネットで大々的にアピールをすれば、やがて見つかることになります。

今回の裁判は不正競争が認められ、一方で著作権については言及がありません。グレーな部分に司法の判断が入っていないことになります。

事業を行う場合、コンプライアンスが求められますので、これまで以上に注意が必要です。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2018年9月28日 12:19 | カテゴリー:メモ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/9626

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)