トップ > サイト運営 > 個人開発の高校野球ゲームのマネタイズについて

« 立ち寿司横丁 中野サンモールのお弁当、三色丼 | トップ | オリエントスパゲッティで秋刀魚と5種きのこのアーリオ・オーリオ »

2018年10月16日

個人開発の高校野球ゲームのマネタイズについて

個人開発の高校野球ゲームが収益1,290万円超えるまでにやった3つのこと。引退かけたアプリ開発者が語る「課金収益10倍」ドラフト課金の思わぬ効果。(アプリマーケティング研究所)

運用側、サービス提供側へのインタビューですので、立ち位置が違います。お金を儲ける...といいますか、提供しているサービスがお金を生まないとサービスの維持はもちろん、生活が出来ないのですから切実なものがあります。

最近ではいろいろなお話も聞かれますが、それでもなお、魔法の国やUSJはよく引き合いに出される話です。つまり、表現で誤解を生むかもしれませんが、皆さん喜んでお金を払ってくれていて、サービスに満足をしている。不必要に取られたり、法外の様に感じたり、悪意が見られない。Win-Winの関係があるわけです。

アプリのゲームでは、某ゲームが成功してからデファクトスタンダードになり、課金方法も一般化しています。どの様に別のやり方で行うか、を考えていらっしゃる姿勢が見えます。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2018年10月16日 12:53 | カテゴリー:サイト運営

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/9655

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)