トップ > メモ > 非プレミアム会員の、YouTubeのオリジナル作品視聴について

« クボタのプレスリリース | トップ | 中野サンモールアーケードで、空中水族館2019 »

2019年5月 7日

非プレミアム会員の、YouTubeのオリジナル作品視聴について

YouTubeのオリジナル作品、非プレミアム会員でも広告付きで視聴可能に(ITmediaニュース)

プラットフォームであるYoutubeとしては、より多くの人に動画を見てもらった方が良いですね。一方で収益については考えどころとなります。プレミアム料金を払ってもらえれば良いのですが、そうでない場合はどうするか。広告収入を見込むこととなります。

ウェブサービスの多くが広告料か会費収入かコンテンツホルダーからの一種の利用料を取るか。いずれかを収益源にしています。ユーチューブもそれに習ったということですね。

もともと、「パソコンの画面で見る」ユーチューブの動画は、テレビの代わりを狙っている他のコンテンツとは趣が違うと感じています。両者の違いはどんどんと無くなっているとも感じますが、オリジナルコンテンツが出てきてどう受け入れられるか。身の回りでは、あまりユーチューブの有料サービスを使っているという声を聞かないので、これからどうなるか気にしたいと思います。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2019年5月 7日 12:11 | カテゴリー:メモ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/9875

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)