トップ > サイト運営 > 非エンジニア職員が、郵送とオンラインの申請システムを構築した件

« 肉煮干しそばさいころの豚パンチ | トップ | 中野駅南口改札を通るときには要注意です »

2020年6月 5日

非エンジニア職員が、郵送とオンラインの申請システムを構築した件

「手間がめちゃくちゃ減った」 郵送とオンラインのハイブリッド給付金申請、非エンジニアの市職員が開発 経緯を聞いた(ITmediaニュース)

何かとニュースで話題になっている、しかも「遅い」というマイナスな評価がついていることについて、記事がありました。なるほど、というところですね。

公共的なシステムは、構築はもちろん運用が難しい。それは機会の平等と結果の平等の両方が求められるからです。オンライン授業などにもいえることですが、なんでもっとIT化をしない、非効率!という意見がある一方で、ITなんか使えない、IT弱者を見捨てるな!という声もあり、両方に対応しなくてはいけません。結果、システムが二重、三重になり、デジタルもアナログも併用ということになり、そして現場が疲弊するという訳です。

IT化をするにしても、UIや入力高項目の過不足など、運用側が楽をするためには、それなりに「わかっている」人が関わる必要があります。今回の記事の例では、そこの所もうまくいっている気がします。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2020年6月 5日 12:01 | カテゴリー:サイト運営

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/10161

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)