トップ > 中野区の和食&うどん&そば > 味と酒の店 大将の揚げ物定食

« 売れなかった商品に注目をするデータ分析 | トップ | GMO社の脱はんこについて »

2020年6月10日

味と酒の店 大将の揚げ物定食

中野ラーメンストリートでは、いろいろなお店がランチを提供しています。新型コロナウイルス感染症対策のためか、これまでランチ営業をしていなかったお店も開いており、中には呼び込みをしているところもあります。

大将

大将も、そんなお店の1つでした。リーズナブルな中野において、(中野の割には)少し高いお店で、それだけに特に魚介のおいしさは間違いが無いお店です。夜に入るのには少々勇気がいりますが、ランチであれば換気のため扉は開放され、メニューが店頭で案内されているので、心構えが出来ます。

お刺身定食から煮魚、そして限定の鮪丼までありました。この時は、揚げ物定食をお願いしました。ホタテフライ、アジフライ、コロッケの定食です。小鉢もついてきます。

茶碗蒸し

驚いたのが、提供の早さです。着席してマスクを取ると、まもなくお漬物と茶碗蒸しが出てきました。なめらかな茶碗蒸しをいただいていると、ご飯とお味噌汁がセットされ、食べ終わる頃には揚げ物が出てくるといった具合です。

店内にはお客さまがいて、ひっきりなしに出入りがあります。密を避けるため、間が空いていて混み合っている感じはないのですが、それでもこの提供の早さは段取りの良さを感じます。

お味噌汁は赤味噌でした。

ご飯とお味噌汁

フライは、みずみずしいです。おかしな印象ですが、表面がからっと揚げられていて、中の水分が閉じ込められている感じ。柔らかく、ほっこりとしています。油ぎれもよく、食感もお腹に収まった後も軽いです。お刺身で食べられる新鮮な魚貝を、フライにしているのでしょう。

大将のアジフライ

添えられている辛子に要注意。本ガラシなのでしょう。かなり辛味が強いです。揚げ物にちょっぴり添えて、ソースでいただきました。

食べ始める前、ほとんどの人が最初に触るであろう割り箸。それを手にしたときに、このお店の意気込みがわかると思います。ランチで気軽に入ることが出来て、よかったです。

★お店情報:東京都中野区中野5-57-5、03-3388-7680、16:30-23:30

★追記:現在ランチ営業中。ランチは月曜日がお休み

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2020年6月10日 20:52 | カテゴリー:中野区の和食&うどん&そば

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/10170

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)