トップ > 中野区のラーメン


これより新しい10エントリーへ 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15


2014年9月11日

らーめんKaeruの極爽潤冷やしらーめん

中野にあるラーメン二郎インスパイア系のらーめんkaeruで夏季限定メニューをいただいてきました。極爽潤冷やしらーめん(きわみそうじゅんひやじらーめん)です。

中野でもいろいろなお店で出されている、夏季限定の冷たいラーメンですが、カエルのはどの様な一杯なのか。なお、注文時にはトッピングの指定が出来ない旨の店員さんの説明がありました。また、太麺と細麺の質問もありませんでした。全てお任せのようですね。

出てきた一杯は涼しげで、そして白湯をイメージさせる白濁したスープでした。氷も、何らかの野菜が閉じ込められていて、薄くならない様工夫されています。いつものボリュームあるカエルのラーメンとは全然見た目が違いますね。

らーめんKaeruの極爽潤冷やしらーめん

スープをいただいてみると、豚骨のコクの後に鶏のさっぱりさが追ってきて、最後にしょっぱさを感じます。塩ラーメンでは塩の甘辛さが出てきますが、ちょっとしょっぱいです。

麺も全然違う印象でした。細麺が冷たく締められています。ゆで加減は固めなのか、冷え冷えになっているためか、博多ラーメンでいうところのバリカタといいますか、ポキポキした食感です。しゃっきりとした水菜と白髪ネギを一緒に口に運ぶと、こんどは塩気とは違ったちょっぴりの辛さが口の中に広がります。添えられている辛味噌を溶かすと、今度は唐辛子の辛さです。

何となくですが、違う種類のちょっぴりの辛さの広がりを楽しむラーメンのように感じました。

最後にレモンをしぼると、今度は当たり前ですが酸っぱさがスープに加わります。辛さと酸っぱさで、アジアンテイストに変わります。味の変化が豊かなラーメンです。

★お店情報:中野区中野5-56-15、11:00-15:00、17:30-21:00

★関連エントリー:らーめんKaeruへの行き方

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:12 | コメント (0) | トラックバック

2014年8月19日

さいころの冷たい平子の旨みソバ

中野駅南口の有名なラーメン屋さん、さいころに行く機会がありました。何を食べようかと迷っていたところ、やっぱりさいころにもありました!夏季限定メニュー。そこでそのメニューをいただくことにしました。冷たい平子の旨みソバ(850円)です。

正直に告白しますと、平子が何か分かりませんでした。何かの旨みが凝縮された冷たいラーメンなのだな、ということで待っていました。

冷たいラーメンは、おおむねそうですが、外見からは分からないですね。よく見てみると、所々脂がちょっぴり固まっていますが。

さいころの冷たい平子の旨みソバ

ラーメンをいただくと、そのコシに驚きました。アルデンテよりももう少し固い。もともとゆで加減をシビアに見ているのか、あるいは冷たく締めているためかは分かりませんが、ぷちんと歯でかみ切るくらいです。好みからするとかなり細いつるっとした麺なのですが、食べ応えがあります。

そしてその細い麺が、スープを持ち上げます。煮干しの旨みと醤油だれの香ばしさ、辛さがまとまってきて、すっとお腹に落ちていきました。旨みを感じる冷たいスープ、もっと味わいたくてレンゲを口に運んでしまいました。

一方で麺のコシが強い分、具材と一緒に口に運びにくく、ちょっと食べにくい印象を持ってしまいました。

食べ進めてみて、辛みをアクセントにしていると感じました。貝割れ大根、ネギ、そして添えられたわさびと具や調味料によってピリッと違う辛さを感じるたびに、同時に涼も感じます。暑い夏にぴったりですね。わさびと一緒にラーメンをいただくと、ダシの中のほんの少しの苦さが顔を出すのも面白いです。

食べ終わって後から調べてみると、平子とは煮干しの種類のことでした。冷たいのにあれだけ旨みを感じたということは、相当濃厚な、贅沢なスープだったのだと思い知りました。

★お店情報:東京都中野区中野2-28-8、03-6304-8902、11:00-23:00、無休

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:36 | コメント (0) | トラックバック

2014年8月14日

らーめんKaeruが、夏季限定メニューを出しています

ここのところ、中野のラーメン店の店頭で限定メニューのポップを見かけますが、Kaeruも出していました。とても暑い最近の夏でも美味しくラーメンを食べて欲しいという願いを込めた、冷やしラーメンです。

その名も、極爽潤冷やしらーめん。7月15日(火)から始まっていました。

らーめんKaeruが、夏季限定メニューを出しています

ポップには、いろいろな工夫やこだわりが書いてありました。是非食べてみたいと思います。

★お店情報:中野区中野5-56-15、11:00-15:00、17:30-21:00

★関連エントリー:らーめんKaeruへの行き方

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:45 | コメント (0) | トラックバック

2014年7月22日

三田製麺所も夏限定メニュー

なぜか、中野にあるラーメン店が限定メニューを提供しているのが、よく目に入ります。中野サンプラザ横の、三田製麺所も夏の限定メニューを用意していました。

その名も、つけ麺涼梅。いつまでかは分かりませんが、期間限定となっています。

三田製麺所も夏限定メニュー

確か昨年は、辛いメニューでした。今年はその名も涼しげです。コピーにも「爽やか」をうたっています。最近は暑さが厳しいですから、さっぱりと食べられそうで食欲をそそります。このところ、食べたい限定メニューのラーメンが増えています。

★お店情報:東京都中野区中野4-2-13、03-5318-3833、11:00-26:00、無休

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:19 | コメント (0) | トラックバック

2014年7月17日

上海麺館が16日、17日、18日と油そばランチサービス

上海麺館が、ランチサービスをアピールしていました。いつもは定食屋さんのわしやのメニューをお知らせしている、中野サンモールアーケードのお総菜店わしやのタペストリーに、たくさんチラシが貼ってありました。

チラシによると、昨日から明日の金曜日まで、やさいどか盛りの油そばがワンコインで食べられるとのことです。もっと早く気がつくべきでした。

上海麺館が16日、17日、18日と油そばランチサービス

油そばというと、どちらかというとコシの強い麺と濃厚なタレを楽しむもので、様々な調味料で味のアレンジを付けるもの、と思っていました。野菜どっさりというラーメン的な視点が興味深いですね。

上海麺館は、JR中野駅北口の改札を出てまっすぐ、中野サンモールアーケードに入ってちょっと歩くと登場する、たこ焼き屋さんとお惣菜屋さんの間の細い通りを入ってこれまたすぐ右手に出てくるお店です。

★お店情報:東京都中野区中野5-63-4

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:09 | コメント (0) | トラックバック

2014年7月16日

薬師あいロードに素材を生かしているラーメン店がありました

薬師あいロードを歩いていたところ、ラーメン屋さんが登場していることに気がつきました。「素材の力 麺屋 香澄」と読むことが出来るポップが貼ってあったのです。

素材の力 麺屋 香澄

何においても、名前というのはこだわりを持って付けるものです。

多くの有名ラーメン店が店主であろう方の名前から来ていて、自分の考えやラーメン道のようなものの体現というニュアンスを感じることが出来ます。

一方で、このお店は「香澄」。女性の名前のように見受けられます。店主が女性なのか。あるいは男性の場合、ご家族などの大切な方のお名前から取ったのか。はたまた、香り澄んだスープを表しているのか。素材の力と銘打っているということはこの線もありえます。

要チェックなお店が出来ました。

★関連:通りを挟んで反対側の、佐藤精肉店の住所:中野区新井1-15-9

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:44 | コメント (0) | トラックバック

2014年7月 7日

点心拉満の味噌ラーメン

いつもよりも大幅に時間が遅れたところに、食べられるところを探してさまよっていて、たどり着きました。いわゆる「中野北口エリア」で、藤丸や東京煮干し本舗などと並んで一番駅から遠いお店と言えるでしょう。

お店に行った日は、少し寒かったので、温まるかなと思いながら味噌ラーメンをお願いしました。

時間が中途半端でしたので、他に注文をした方はいらっしゃいませんでした。と、厨房から中華鍋を振る音が聞こえてきます。早速調理が始まったようです。すると、あっという間にラーメンが運ばれてきました。5分も待っていません。

点心拉満の味噌ラーメン

いくら中華料理は火力とスピードが命といってもなどと考えて箸を動かすと、その理由が分かりました。麺が細い。細麺です。色は味噌ラーメンで使われることが多い、少し黄色いものですが、細さは珍しいものでした。それでゆで時間が短く、待つ時間も短く提供が出来たのでしょう。

よい意味で、いわゆる味噌ラーメン、ではなくて味噌風味のラーメン。あっさりしつつもちょっぴりのピリ辛と独特のある味噌味のスープが楽しめました。

それにしても、味噌ラーメンは何故こんなに熱々なのでしょうか。他に漏れず、スープも具もラーメン全体が熱いです。いただくと最初のもくろみ通り、確かに体が温かくなりました。

★お店情報:東京都中野区中野5-50-7、11:00-翌3:00

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:26 | コメント (0) | トラックバック

2014年7月 1日

麺匠ようすけが、今年も冷たい濃厚始める

中野ラーメンストリートにある、麺匠ようすけは、濃厚な鳥白湯のスープと存在感のある麺が楽しめるラーメン店です。最近のランチタイムでは特に混んでいて、お店の外で待っている方を見かけます。

そんなようすけが、今年も始めていました。冷たい濃厚鶏白湯です。

麺匠ようすけが、今年も冷たい濃厚始める

冷たいラーメンという、初めて聞くと相反する要素が混在してるメニュー名ですが、最近のトレンドと感じます。いわゆる冷たいラーメンなのです。季節限定、というのがまた気になります。

暑い季節、話のネタにでもと軽い気持ちで食べると、意外な味に驚くこと請けあいです。

★お店情報:東京都中野区中野5-57-4 永嶋ビル1F、03-3387-7799、11:30-22:00、定休・水

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:28 | コメント (0) | トラックバック

2014年6月24日

中華料理食堂の北京亭が閉店

JR中野駅北口のエリアで、不思議な一角があります。鰻の串焼きや蕎麦店などがあるところで、昭和テイストが満載なところです。

最近では、変わったバーなどがある穴場にもなっているようですね。

中華料理食堂の北京亭が閉店

そんなエリアにある、中華料理店が静かに歴史の幕を下ろしていました。北京亭です。「定食」という名の定食や、メニューには無いけれどもつけ麺が食べられたりするお店でした。ガラス戸に小さくお礼と閉店をすることが記されていました。ぱっと見ると、まるで臨時休業をしている様な風景です。

以前のエントリーでも店頭をご紹介していました。北京料理 北京亭の定食(中野区の中華)

その頃と、変わっていません。いえ、看板の一部に違いがありますね。

いつでも見ることが出来る風景、いつでも食べることが出来るお店。そんな風に勝手に思っていたお店が、またひとつひっそりと無くなりました。

★お店情報:中野区中野5-55-7

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:08 | コメント (0) | トラックバック

2014年6月 6日

らーめんKaeruの味噌ラーメン

■二郎系のパンチと上品な甘さの見事な両立

中野サンモールアーケードと中野ラーメンストリートをつなぐ東西に延びる道の真ん中くらいにある、ラーメンカエル。中野駅でラーメン二郎風なガツンとくる美味しいラーメンが食べられるお店です。

そのKaeruが味噌ラーメンを始めていましたので、機会を見つけて食べに行きました。注文したのは、もちろん850円の味噌ラーメン。Kaeruはお店に入って左側にある券売機で食券を買うシステムですが、味噌ラーメンは右下のわかりにくいところにあるので注意です。

野菜、脂、ニンニク、生玉子など多彩なトッピングも魅力的ですが、今回はあえてトッピングを遠慮して、そのままの味で食べることにしました。

らーめんKaeruの味噌ラーメン

...。トッピングは無しにしたのですが、それでもこのボリューム。もやしが立っており、それに大きなチャーシューが立てかけられています。他のお店ではなかなか見られない、立体的なラーメンです。そして、黒いオイルの様なものがかけられています。

野菜をかき分けて、まずは麺をすすりました。すると、確かにお味噌の風味を感じました。なるほど、味噌ラーメンです。

食べ進めてわかったのは、お味噌の風味の甘さと、麺の小麦の甘さが混ざり合って、上品な甘さを感じるラーメンであるということです。脂の甘さもあるのかも知れません。チャーシューの豚肉の甘さも加わります。黒い脂の正体は結局分からないままでした。

一方で、パンチはそのまま。口当たりの良さにするすると食べ進めていくと、徐々に濃厚な豚骨の風味がたまってきます。決して「食べやすい」ラーメンではありません。一味も、お酢も受け止めながらカエルのラーメンであることを譲りません。見事にカエルの味噌ラーメンになっています。

あの二郎テイストのラーメンなのに、味噌の風味。不思議な一杯です。

いろいろなラーメンが食べられる中野において、また独特の味噌ラーメンが登場です。

★お店情報:中野区中野5-56-15、11:00-15:00、17:30-21:00

★関連エントリー:らーめんKaeruへの行き方

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:12 | コメント (0) | トラックバック


これより新しい10エントリーへ 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15