トップ > データ


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


2017年5月22日

WannaCryのほとんどの感染はWindows 7

「WannaCry」感染の98%は「Windows 7」で「XP」はほぼゼロ(Itmediaニュース)

猛威をふるっていたウイルスについて、続報がありました。記事によると、感染したOSはかなり偏っていたとのことです。それはWindows7でした。記事によると、圧倒的です。

一方で心配されていたXPは少ない。Windows7というと最近のOSと思ってしまいますが、勘違いで確実に月日は経っていました。サポート対象内だったと思いますが、それでもということだったようですね。

Windows10になって、OSのサイクルは変わると思いますが、サポートやアップデートを気にすることの大切さは変わりませんね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:14 | コメント (0) | トラックバック

2017年5月18日

大学新入生のSNS利用について、2017年版アンケート

新入生の"Facebook離れ"さらに進む 東京工科大調査(ITmediaニュース)

1つの大学の新入生のデータですが、興味深いですね。LINEはともかく、Twitterが強いです。youtubeも使われています。一方でニコニコ動画も半数と、なかなか利用されています。

Facebookについては、これは今回は新入生に対するアンケートと言うことで、また違った捉え方が出来ると思います。交友関係が広がってきたり、就職活動などを行う際には、利用されるかもしれません。

iPhoneの占める割合も、高いですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:37 | コメント (0) | トラックバック

2017年5月11日

10代のWebサービス利用率について

10代の半数が自撮りアプリ「SNOW」を利用 Instagram利用率を上回る(ITmediaニュース)

Youtube、LINE、Twitterが群を抜いて利用されています。インターネットのニュースでは、マストドンが話題になっていますし、海外でもいろいろなことがいわれていますが、まだまだTwitter強しという印象を受けます。リンクトインも利用されていますね。

見出しにあるインスタグラムとスノーについては、用途が違うと思うので、直接比較するのは慎重にしたいです。インスタグラムは、どちらかというと画像がメインのツイッター、といった捉え方をしていたのですが、他にどの様な使われ方をしているのか、調べてみたいと思います。

一方でLINEはメッセンジャーから電話、ブログやニュースなど、幅広い展開をしている。プラス連絡を取りたい相手も使っているということで、囲い込みが出来ている気がします。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:52 | コメント (0) | トラックバック

2017年4月26日

LinkedInの登録ユーザー数について

LinkedIn、登録ユーザー数が5億人を突破(INTERNET Watch)

短いものですが、リンクトインについてニュースサイトの記事がありました。いろいろなSNSサービスが人気ですが、こちらもユーザー数を伸ばしているようですね。そういえば、日本法人についてはマイクロソフトに買収されたのでした。

ユーザー数が多い国の順位が意外でした。アメリカがベスト5に入っていないのですね。もちろん、日本も入っていません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:52 | コメント (0) | トラックバック

2017年4月24日

世界の国々で2番目に最も使われている言語について

世界の国々で「2番目に最も使われている言語」は何なのか?(GIGAZINE)

話す方々が多い言語としては、英語はもちろんですが、中国語、スペイン語、イタリア語などが思い浮かびます。インバウンドのことを考えると、韓国語なども候補に挙がってきますね。では、それらとは別に、2番目に話されている言語は何なのか。そんなことを紹介している記事がありました。

カタロニアなどは、まあわかりますが、タタール、ナワトル、ケチュアとくると、申し訳ないのですがさっぱりわかりません。

英語の次がフランス語とは意外ですが、カナダの影響なのでしょうか。そしてフランスでは英語が使われている。とりあえず、フランス語を話す方々向けのフランス語翻訳は、英語に代替できそうです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:46 | コメント (0) | トラックバック

2017年4月20日

ネットの地図を印刷して使う人の割合について

パソコン用地図を印刷して使う人が減少、若者はスマホ地図のスクショが多数派(INTERNET Watch)

スマートフォンの利用がぐっと上がり、その為か、ネットの地図をネットを見ながら利用する人が増えているようです。一方でプリントアウトして持ち出すという人は減っていますね。

グーグルマップは便利ですが、わかりにくい、よみにくい、場所が不明だという方も一定数いらっしゃいます。来てもらうためのガイドなので、取りこぼしがないように、いくつかの手段で用意する場合もあります。

ホームページ上での地図の表し方に、すぐに影響があるというデータではありませんが、こういった傾向はつかんでおきたいものです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:54 | コメント (0) | トラックバック

2017年4月17日

格安スマホに関するトラブルが増えている模様

"格安スマホ"のトラブルが2.8倍?国民生活センターが注意喚起(ケータイWatch)

テレビでCMが流れるなど、徐々に認知が広まっていると感じます。一方で苦情も増えているようです。

格安スマホ、という言い方が誤解を招いているのかもしれません。スマートフォンの購入代金が割り引かれること。MVNOという通信会社の回線を使うこと。これらで安くなっているわけです。そして安くなっているということは、ドコモやau、ソフトバンクと違っていろいろなところをカットしているから。以前ですと「知っている人」が選んでいたと思いますが、裾野が広がったことによって「こんなはずでは」と思ってしまう方が増えているのかもしれません。

とあるキャリアのショップの方にお話を伺ったところ、Androidの端末が増えるにつれて使い方の相談が圧倒的に増えたとおっしゃっていました。それはそれでと思いますが、ユーザーにとっては、多くの場合ショップで相談が出来ないというところは覚えておきたいです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:07 | コメント (0) | トラックバック

2017年3月31日

携帯・PHS純増数に占めるMVNOの割合データ

携帯・PHS純増数に占めるMVNOの割合はおおむね半数超を維持(ケータイWatch)

MVNOも存在感が出てきました。テレビなどで宣伝されることも多く、話題に上がることもそれにつれて増えてきた気がします。「知る人ぞ知る」「知っている人が使う」サービスだったのが、裾野が広がってきました。

となると、ユーザーとしては選択肢が増える。迷う。ということになります。提供する会社さまも大変ですが、選ぶユーザーの大変です。

ただ、身の回りから感じる感覚よりも、少し割合が低いかなと感じます。購入や設定、買った後のアフターサービスなどの部分が、まだまだ「知っている人向け」と思われているのかもしれません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:23 | コメント (0) | トラックバック

2017年3月10日

小学4-6年生がスマホを使う割合

小学4-6年生でスマホ派が6割突破、ケータイ派を逆転、"格安スマホ"普及も背景に(INTERNET Watch)

始めからスマホを使っていれば、ガラケーに移るということは考えられません。「ガラケーを使わない世代」が一定数で増えていくと、自然と無くなっていきそうです。

既にガラケー向けのサービスはどんどんと終わっています。Androidスマホも似ていますが、それ以上に機種毎の対応もやっかいでしたので、ユーザー数が減っていけばサービスも減っていくことになります。

利用の仕方も悩ましいものです。大人も欠かせなくなるデバイスですから、小学生であればなおのこと。お付き合いも注意が必要です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:15 | コメント (0) | トラックバック

2017年2月 1日

訪日客の移動手段の変化について

変わる訪日客の移動手段--レンタカーの利用増加で起こる課題とその対策(CNET japan)

インバウンドの表紙が者からコトへと変化をして行くにつれて、ニーズも変わってきているとのことです。ホームページとしては、求められる情報も変わってくるでしょうから、どの様に求められている情報をつかみ、適切なタイミングで提供をするかということがポイントになります。

インターネットのショッピングと違い、旅行する皆さんは現地に足を運んで、そこでお金を使います。しかも「ならでは」の体験を望むことが多い。当然、利用するお店は大手のチェーン店などでは無いでしょう。ビジネスチャンスがありそうです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:52 | コメント (0) | トラックバック


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11