トップ > データ


これより新しい10エントリーへ 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16


2010年11月29日

ヤフーによる2010検索ワードランキング

先日の地域別の検索急上昇ランキングに続いて、10月までですが今年を総括したランキングがヤフーから発表されていました。期間限定の公開です。

2010検索ワードランキング

総合ランキングは相変わらずの印象で、完全にブックマークと同じ使い方をされているようですね。

最近テレビで良く聞いていると思う、ZOZOTOWN、アメーバピグ、Gree、そして無料ゲームが50位以内。いろいろといわれていますが、テレビの影響力の大きさを感じます。

一方、モバイルではがらりと違った内容ですね。ここではモバゲーが上位にランクインしています。

専門ランキング検索も興味深いですね。圧倒的にエンターテイメント的なキーワードが上位を占めています。

そもそもなホームページの立ち位置を再確認しました。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:24 | コメント (0) | トラックバック

2010年11月 1日

SNSの認知率について

SNS認知率トップは「GREE」で93%、「Facebook」は14.8% (INTERNET Watch)

ある調査によると、SNSの認知率のトップがグリーという結果が出たとのことです。日本のSNSといえばミクシィ、というのが定番だったのですが、変わってきているようですね。調査した対象は考慮に入れなくてはいけませんが、認識を改める必要がありそうです。

最近いろいろなところやインターネットのニュースサイトで話を聞くFacebookも14.8%となっています。

一方で利用しているサービスについては、わずかにmixi が上回っています。以下、知ってはいるけれども利用はしていないということのようです。

★関連:モバゲー・GREE・mixiのゲームを一括検索できる「ケータイゲーム検索」登場(マイコミジャーナル)

★関連:ローソン、Facebookにファンページ コンビニ初(ITMedia News)

★関連:[jp]なんとFacebookがmixiと連携。Facebookに投稿した内容がmixiに反映される(TechCrunch)

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:04 | コメント (0) | トラックバック

2010年10月20日

トップページでのフラッシュ使用率

上場企業のコーポレートサイトトップページにおけるFlash使用率は4割弱 (INTERNET Watch)

代替画像のありなしを聞いているので、フラッシュでナビゲーションをするのではなく、動画をおいているかという調査のようですね。

会社の所在地別のデータなので、そこを考慮してみる必要がありますが、東京と関東の会社で数字を押し上げています。それ以外では、15%ほどといったところでしょうか。

個人的には思ったほどではなかったので、認識を改めようと思います。もっともFlashといっても、いろいろでひとくくりには出来ませんけれども。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:01 | コメント (0) | トラックバック

2010年8月18日

中小企業のネットへのセキュリティ意識

費用が…中小企業、甘いネット対策 合格わずか3割(MSN産経ニュース)

ごくごく初期のIT導入コンサルなどをするときがあるのですが、記事に書かれていることは実感としてありました。

当たり前ですが、初めてのことなので先方が具体的にイメージが出来ず、ともすればこちらが不安を煽っている感じになってしまいます。そんなにめんどくさいならやめるかと判断をされる層と、せっかくこれからITを活用したいと思っている層の間になってしまい、困ったこともありました。

ここのところ、特に周りでウィルス関連のお話しを立て続けに何回か聞いたので、特に気になります。機会があれば、もう少し手法を変えて、セキュリティについてお話しを続けたいと思いました。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:09 | コメント (0) | トラックバック

2010年6月25日

Twitterと企業への信頼度

アメリカの調査会社が行ったデータで、興味深いものがありました。

消費者の75%、「Twitterをやっている企業、より信頼できる」(ITmedia News)

一概にはいえませんが、たとえ同じことを広報していても、媒体やデザインなどで受け取る印象が違うということはよくあります。

ですが、文字数の制限があり、デザインも画一的でなかなかユーザーフレンドリーな表現が出来ないと思っていたTwitterに、感覚とは逆によい印象を持っていたというのは興味深いですね。

とはいえ、同じサービスであっても海外、主に欧米と日本では全くユーザーの受け取り方が違ったりすることも珍しくないので、参考としておこうと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:56 | コメント (0) | トラックバック

2010年5月28日

検索エンジンの利用者数について

日本の検索サービス利用者数、Yahoo!が4223万人で1位、Googleは2923万人 (INTERNET Watch)

日本における検索エンジンの利用者数について、記事がありました。利用者数では、GoogleがYahoo! Japanとの差を徐々に詰めていますね。

また、NaverとBaiduも統計に入っています。まだまだ、マニアックなサービスという感じのようです。

サービスの例として出ている、ヤフーの検索タイプ別の表も興味深いです。検索順位2位は、てっきり画像と思っていたらショッピング検索。イメージ検索はというとさらにローカル検索があって、その下でした。ただ、ヤフーの場合はやっぱりといいますか、ウェブ検索が圧倒的多数となっています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:43 | コメント (0) | トラックバック

2010年5月14日

ニコニコ動画が四半期黒字化

「お待たせいたしました」 ニコ動1?3月期黒字化(ITmedia News)

ニコニコ動画が四半期黒字化に──ニコ生人気でプレミアム会員が増加(マイコミジャーナル)

ニコニコ動画が四半期の黒字を達成したとのことです。収益の7割以上をプレミアム会員からということで、文字通りユーザーに支えられていますね。

もちろん、プレミアム会員を増やすための様々な仕掛け作りをした結果であり、ビューや広告などとは違った方向性で収益を確保した結果。参照先のサイトの記事にもありますが、これは当事者であれば胸を張りたくなるでしょう。

キャリアの関係でどうなのかと思っていましたが、モバイル会員も順調に推移をしているようです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:48 | コメント (0) | トラックバック

2010年5月13日

ミクシィが配当

減益の中、ミクシィが初の配当を行いました。

ミクシィ初の配当 「我慢の時期」――mixiアプリ投資で通期減益(ITmedia News)

増収に対して、経常利益はダウン。広告は出稿を受けるとそれほど儲からず、しかし出稿すると大きく費用がかかる。いかんともしがたい手段ですね。

月間ページビューでは、もはや記事にならないほどの当たり前さなのか、モバイルがPCを圧倒しています。ユーザー数も手薄だったところが補強出来ているとのことで、文字通り骨太を目指すための我慢の時期となっているようです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:43 | コメント (0) | トラックバック

2010年4月 1日

終了したサービスからの移転先

先日終了したブログサービスのクルルですが、サービス利用者が停止に当たってどのサービスへ乗り換えたか?というまとめをしているページがありました。

「CURURU」終了、ユーザーの移転先まとめページ公開(ITmedia News)

両巨頭で圧倒的な数になっています。amebloはなるほど、ですが、2位はfc2ですか。ヤフーが3位というのは意外です。ジュゲムとヤプログの方が上かと思いましたが、この順位。そしてはてなという強者(?!)もいらっしゃいます。

いろいろ考えが広がる、楽しいデータです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:34 | コメント (0) | トラックバック

2010年3月 5日

アフェリエイトでのTwitterの動向

リンクシェアのアフィリエイト会員、Twitterでの報酬経験は1.0% (INTERNET Watch)

新しいWebサービスなどが出てくると、アフェリエイト収入を提案するという考え方をするのが一般的になってきました。Twitterでも同じ様です。

記事ではどの様なアフェリエイトリンクを、どこに、どうやって貼るかという具体的なことはわかりませんでしたので、後で少し調べてみようと思います。

記事のタイトルにあるように、とあるアフェリエイトサービスを利用している会員でTwitterによって報酬を受けたのは1.0%。繰り返しますが、1%ではなく1.0%というのは興味深いですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:07 | コメント (0) | トラックバック


これより新しい10エントリーへ 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16