トップ > データ


これより新しい10エントリーへ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13


2012年2月 3日

Facebookの月間ユーザー数

FacebookのS-1申請書で明らかに:月間ユーザー数8.45億人、半数以上が毎日、半数以上がモバイル(TechCrunch)

ビジネスシーンなどで存在感が出ているフェースブック。日本では先進的な企業が利用をしているというイメージですが、月間のユーザー数はやはり多いですね。

この様なデータは解釈の余地があり、場合によっては多めに見積もってしまうものですけれども、記事は同社の補足とこれまでのデータをつきあわせて、おおむね正確であると見ています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:03 | コメント (0) | トラックバック

2011年12月28日

PR TIME社による「ソーシャルメディア炎上に関する意識調査」

匿名SNS利用者の5%「自分の違法行為を投稿できる」と回答(ASCII jp)

このデータの取り扱いはなかなか難しいですね。企業や政治家の方の不祥事などに対して、個人が意見を表明することがネット上で広がったのであれば、一種の抗議行動です。ですが「炎上」という言葉を使われると、始めた方も参加した方ももはや収拾がつかず、時にはネット上に留まらず電話やメール、あるいは直接の訪問によって事を質したり、確認をしたりという印象を持ちます。

多くの方が誤解をしていますが、一般的にはインターネットに接続をしているということは、正体が不明でまったくわからないということにはなりません。名前や住所などを明らかにしていない場合でインターネット上で意見を表明したり告白をしたりすることも、法律に基づいて関係機関が所定の手続きを行うと、本人にたどり着くことが出来ます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:09 | コメント (0) | トラックバック

2011年11月16日

モバイルゲームの収益源

巨大化するモバイルゲーム市場-でもゲーム制作者たちの収益源は何だろう?(TechCrunch)

種明かしをするとゲーム内課金と広告、ということだそうです。

モバイルゲームは世界的に見ればまだまだ成長の余地がありそう(但し短期的で、長期的な展望は不明)なのでしょうけれども、ユーザーを囲ってパイを奪い合うというところは変わらずです。時々出てきては消えるお話ですけれども、プラットフォームビジネスと、有名なゲームがソーシャルやモバイルに移植または続編を投入という2パターンが圧倒的で、他は細々とユーザーを集めるという未来図が見えてなりません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:33 | コメント (0) | トラックバック

2011年11月14日

東日本大震災で被災地の人が検索をしたこととは

少し前のエントリーなのですが、東日本大震災の半年後に興味深い記事が載っていました。東日本大震災の時に、被災地の皆さんがどの様な検索をしていたのか、という傾向のまとめです。

東日本大震災で被災地の人は何を検索したのか(Yahoo!検索スタッフブログ)

受け取り方は様々だと思いますが、今回の震災におけるインターネットとそのメディアの影響を無視することは出来ないでしょう。その様な中で、ヤフージャパンで検索をされた傾向は、人々がどの様な情報を望んでいたのかということをかいま見ることが出来ます。

新聞のCMコピーで、「検索をすればなんでも出てきてしまう時代にこそ、『信じられる情報』が必要だ。」というものがありました。

検索をされる様な情報を前もって提供すること。検索をすると出てくる情報に、信じられる情報を用意すること。それらが情報を求めていらっしゃる皆さんに届く様に工夫をすること。ニュースに取り上げられる事実関係や、安全や安否情報とは違うジャンルのホームページに関わっておりますが、それでも今回の震災には時間が経てば経つほど、Webで情報を提供するものとしては、考えさせられることばかりです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:42 | コメント (0) | トラックバック

2011年11月10日

iPhone4Sのフィルタリング機能など

もしも子供に「iPhone 4S」をねだられたら au版iPhone 4Sでフィルタリングや機能制限を試す (INTERNET Watch)

いわゆるガラケーですと、いろいろとメニューや機能も充実していますし、そもそも世代に特化した機種も出ています。一方でスマートフォンはアプリ次第。実体験のレポートは参考になります。

★関連:最近の子供・学生がデジタルネイティブすぎる...ツイッター報告まとめ

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:10 | コメント (0) | トラックバック

2011年10月28日

Tumblrの最近のトラフィック状況

ブログサービスの主役交代か、新興「Tumblr」が老舗「WordPress」や「Blogger」を追い抜く勢い(メディア・パブさま)

比較対象として、WPはともかくBloggerが上がっているのは興味深いですね。

また、追いつかれてはいるものの、ワードプレスの存在感が光っています。少し前なら圧倒的です。

オバマ大統領が目をつけたサービス、日本ではまだあまり馴染みがありませんが、ポストTwitterとなるかもしれません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:42 | コメント (0) | トラックバック

2011年9月30日

Windowsマシンの感染源について

Windowsのウイルス感染、主因はJavaやAdobe製品の更新忘れ(ITmediaニュース)

電子メールについていた添付ファイルを開いてしまったり、あるいはウィルス付きのメールを読んだりなどという感染方法は今や昔、のようですね。

アドビについては、何となくそのようなものだろうな、と思ってはいましたが、調査会社によると最も危ないのはJavaだそうです。時々パソコン相談のような場合に聞かれることも多いのですが、いるともわからずいらないともいえず、会話の中での判断に困る要素ですね。

フラッシュ関係はおおむね自動的に頻繁なアップデートがかかっているようですが、リーダーは使わない人は使わないので古いまま、ということがありました。気をつけようと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:47 | コメント (0) | トラックバック

2011年8月31日

民主党代表選のUstream配信

インターネットを経由して生中継が出来るサービス、Ustreamを使った民主党代表選挙が、多くの方に閲覧されていたようです。

民主党代表選のUstream配信、ユニーク視聴者数58万人、宇多田を抜き新記録 (INTERNET Watch)

民主党代表選のUstream配信、58万人が視聴 国内で過去最多(ねとらぼ)

視聴者数の記録を更新したとか。前の記録は歌手の方の配信で、今回は与党の代表選というのも興味深いですね。

方法を提案する時に、この様な事例がニュースになっていると説明が楽になります。特にインターネットのサービスはどこか曖昧で、「具体的にはどういうものなの?」と質問されることもあるので、有名人や有名な団体が使っていると引き合いに出しやすい。覚えておこうと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:55 | コメント (0) | トラックバック

2011年8月26日

日本でのブログの人気は依然として高い

SNS大隆盛時代を迎えても、日本はまだまだ「ブログ大国」!(コムスコアプレスリリース)

日本ではブログがまだまだ人気!? ブログ閲覧時間は世界最長クラス(マイコミジャーナル)

日本は依然"ブログ大国"、リーチ8割、訪問時間は世界最長?コムスコア調査 (INTERNET Watch)

記事、そして見出しもいずれもやや意外そうなニュアンスが感じられるのは、気のせいでしょうか。見ているのがパソコンと限定されているものの、興味深いデータがありました。

違和感、と書いたのは私も意外だったからです。ただ、どうしてもリアクションや顧客の開拓、ユーザーの反応などというところから人気や流行廃りを感じているので、実際のユーザーとは離れた印象を持ってしまっていたのかもしれません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:06 | コメント (0) | トラックバック

2011年8月23日

企業のソーシャルメディア活用について

ソーシャルメディアの企業利用、浮かび上がるセキュリティ面の課題とは? (ITmediaニュース)

ウェブの世界では基本的には先行者利益がものをいいます。Twitterを活用するのもFacebookも、とりあえず最初にやり始め、それがどこかでおもしろがられたり興味を持たれたりしてニュースサイトなどで取りあげられ、一気に広がっていく。後からというのはややニッチな層や、既存顧客とのコミュニケーション手段の代替となりますので、マスなイメージアップはやりにくい。思っていた以上に少ないのもわかります。

さらには、読者調査ですから、ITmediaを日頃見られている担当者さまなど経由のお話から回答を得ているでしょう。インターネットにある程度のリテラシーを持つ会社さまのデータなので、実際はもっと少ないかもしれませんね。

悲しいことですが、会社の規模が大きくなれば大きくなるほど、内部からの対外部へのセキュリティは問題となります。銀行やコンビニエンスストアの監視カメラが、カウンターやレジ前に設置されているのは、強盗に襲われた時の記録用のみではありません。それらを現実的に考えた時、広報部またはIT担当がソーシャルメディア担当となるのは必然でしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:23 | コメント (0) | トラックバック


これより新しい10エントリーへ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13