トップ > データ


これより新しい10エントリーへ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14


2011年7月28日

スマフォの所有状況についてのデータ

最近、打ち合わせなどでよく出てきた話題がありました。スマートフォンの所有状況に関する、インターネットの記事です。

2011年の統計からみるスマホの将来:docomo圧勝?(ブロゴス)

地域差や男女差などはありますが、徐々にスマホが利用者を伸ばしているというものです。

また、アサヒコムでは「スマートフォン人気に地域差、東京圏では携帯電話全体の6割を超える」という記事もありました。こちらは6月の携帯電話販売台数に占める割合とのこと。ややauの存在感が寂しいですが、三者ともスマホのユーザーが増えているようです。

世間話の中では「6割?!」と皆で驚きましたが、移動中に電車を見てみると、確かにスマホを使っている方が多い。特に女性が目につきます。

いずれにしても、調査の結果としての記事です。実感を得るのはもう少し先になりそうですが、データとして覚えておこうと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:44 | コメント (0) | トラックバック

2011年7月 7日

2社による、情報源と信頼性に関する調査

数字は嘘をつきませんが、数字を使う人間が嘘をつくときがあります。インターネット関係でいいますと、ホームページのアクセス数ですとか、訪問者数ですとか、ビジターなどという単語は定義を明確にしておかないと、数字を出す人間によって増減があったりしますね。

ホームページを情報収集の手段として使っていますか?というアンケートを、ホームページを使って行ったりしているアンケートもあったりと、前提となることに気をつけなければならない調査もあるのですが、このデータは興味深いですね。

ブログとソーシャルメディア、半数が「信頼できない」という結果に(RBB TODAY)

■「情報ソースを信頼している」9割超え 『情報源とその信用度』に関する調査

いろいろと調査のデータは拝見しますが、やっぱりといいますか、仕方なしといいますか、Webのマーケティング力が上がっているというものが多いです。こういう調査もあるということで、襟を正したいと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:47 | コメント (0) | トラックバック

2011年6月22日

Googleによる、モバイル市場調査

Googleがモバイル市場調査結果を発表 「企業はもっとモバイルを重視すべき」(ITmediaプロモバ)

スマートフォンといいますか、携帯電話ならではの使い方をされているようですね。実際の店舗でウェブサービスにアクセス、そして店舗を利用しているようです。

記事では最後をアプリの提供が少ないと結んでいて、どういうことかと思ったのですが、リンクしているブログ先を拝見すると、スマートフォンは買い物に当たってplaying a critical roleだそうで、購入機会が店舗以外のところでも出てきている、というようですね。そういう機会を逃さないためにも、アプリの役割は重要と位置づけているのでしょう。

携帯電話でショッピングを楽しんでいるなら、そういった層がスマフォでも同じように振る舞うのは予想が出来ること。ガラパゴスと言われながらもユーザーフレンドリーなこれまでのケータイでのインターフェイスを、アプリという形でスマフォにも提供せよ、という提案の様に感じました。

★関連:Global mobile research on the smartphone user and the mobile marketer from the MMA and Google

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:05 | コメント (0) | トラックバック

2011年6月21日

50万ダウンロードを達成したiPhoneアプリの収益

Twitterなどでも拝見していた話題のブログにたどり着きました。

50万ダウンロードの無料iOSアプリでいくら稼げたか(無題メモランダムさま)

アフィリエイトなどもそうですが、どうもWebを使うと楽して簡単に小銭が稼げる、ということを聞き及んだ方から相談を受けることがあります。バナー広告、ブログによるアフィリエイト、ドロップシッピング、ペニーオークション。最近ではアイフォーンやアンドロイドのアプリ開発などです。

Webの世界は、基本的には塵も積もれば山となる、と考えていただいて結構です。塵とは?拝見したブログにもありますが、コンマいくつの世界。なかなかおいしい話というのはありません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:02 | コメント (0) | トラックバック

2011年5月23日

朝日新聞の電子版がユーザー数をのばしている模様

電子新聞「朝日新聞デジタル」、創刊3日目で購読申込者1万人達成(INTERNET Watch)

新聞の電子版といいますと、日経新聞がいち早く取り組んでいましたが、朝日新聞もスタートさせました。そして3日目で申込者が1万人を達成したとのことです。

一時期に比べて電子書籍の話題がネットに上がることは少なくなった、と思います。一方で自炊という言葉が新聞や雑誌に載ったり、アメリカのアマゾンでは電子書籍の売り上げが紙のものを超えたりなど、徐々に広がっているとも感じます。

朝日新聞の事業展開と、1万人というユーザー数の発表は気になるところです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:42 | コメント (0) | トラックバック

2011年4月 5日

フェイスブックの利用実態について

twitterに続いて、ビジネスでの利用が多くなっているFacebookについて、興味深いデータがありました。

「企業とのコミュニケーション」よりも「おトク情報」を重視【フェイスブック利用動向調査】(MarkeZine)

ワントゥワンマーケティングや、顧客との直接的な会話を通じた関係性づくりなど、いろいろな言葉が飛び交っているこれらのツールの周辺ですが、ふたを開けてみたら...ということですね。

アンケートの項目も、厳しい。どれもコミュニケーションといえばそうなのですが、直接単語を使って聞いている質問では、低いところに位置しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:40 | コメント (0) | トラックバック

2011年2月 9日

マンガ違法配信から見るアフィリエイトについて

MEGAUPLOADで漫画3800ファイルを違法配信 18歳の学生逮捕(ITmedia News)

この記事を「アフィリエイト」から見ると興味深いですね。約250万のアクセスがあり、約30万円アフィリエイト広告の収入があったとのことです。

本来はお金を払わなくては読むことが出来ない日本のマンガが、タダでインターネットで読むことが出来る。これは犯罪であり、そのため逮捕されたのですが、このサイトが非常に魅力的であることは言うまでもないと思います。はっきりとした期間は記事からはわかりませんが逮捕に至った容疑については「昨年の3月頃から」とあり、一年にも満たない期間で約250万のアクセスがあったことになります。

一方でアフィリエイト広告で得た収入は約30万円。逆算すると、一回あたりのアクセスでの収入がわかります。

違法性は置いておいて、とても人気が出るであろうホームページで実際多くのアクセスを誇り、そして収入を得たわけですが、どの様にお感じになりますでしょうか。法律、手間暇、投資、時間など様々な点から、率直に申し上げて割が合わないのではないか?と思います。

アフィリエイトについては、繰り返し相談を受けます。お小遣い稼ぎ、それこそ一日の缶コーヒー代というのであれば消極的に賛成しますが、それで収益化・事業化をお考えであれば反対しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:17 | コメント (0) | トラックバック

2010年12月 9日

大学生における2つのウェブサービスの利用率

大学生の9割がmixiを利用、ツイッター利用は2割強(MarkeZine)

学生数が多い日本大学や明治大学、IT関連でしばしば話題に上がる慶應義塾大学などが入っていたらまた違ったものになっていたかもしれませんが、意外なデータでした。

想像よりもmixiが多く、Twitterが少ないですね。特にTwitterはマスメディアではミニブログなどと紹介されることもあり、テレビなどとも連携していて、日記を書くのにおっくうな人たちが手軽に使え、情報収集も出来るメディアとして便利であり、フォローによってSNS的な機能も使えたりする。携帯電話との親和性もあるので、もっと使われているという印象がありました。

SNSではミクシィが圧倒的で、モバゲーやグリーは単位が違います。ここら辺も気になるところです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:07 | コメント (0) | トラックバック

2010年12月 2日

流行語大賞と楽天から見る、今年のトレンドについて

新語・流行語大賞 :「ゲゲゲの?」が年間大賞 トップテンに「AKB48」 斎藤佑樹投手が特別賞(毎日新聞デジタル)

スマートフォンにボーイズラブも 楽天市場ヒット商品番付(ITmedia News)

無縁社会と言う言葉は、とても強いですね。どちらもお馴染みな2つの単語を組み合わせただけですが、その背後の意味や問題の大きさが垣間見えて、優秀なコピーにもなっています。

楽天のサイトを拝見しました。楽天はなかなかカテゴリ分けが独創的ですね。「哲学」なんて項目もありました。OnePieceは解説の通りのことを感じています。とっても面白いらしいのですけれども。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:10 | コメント (0) | トラックバック

2010年11月30日

ソーシャルゲーム効果でヤフーゲームのユーザーに新たな年齢層

有名人を起用したり、特定の世代にはノスタルジックに感じる様なTVCMを展開した効果か、興味深いニュースがありました。

「Yahoo!モバゲー」正式版オープンで「Yahoo!ゲーム」の訪問者数が大きく増加(CNET Japan)

モバゲー効果で「Yahoo!ゲーム」訪問者が急増、30代以上を取り込む (INTERNET Watch)

インターネットの一部では、マスメディアについてさまざまな意見を見ることが出来ますが、それでもテレビというメディアは巨大で、初動をかけるには大きな力となるようですね。

メディア別の広告出稿や広告費についてもいろいろなニュースがありますが、周りを見てもウェブの担当者は意外と冷静なものです。

また、思っているほど女性のユーザーが多くないことも気になりました。宣伝しているゲームの内容によるものなのかもしれません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:04 | コメント (0) | トラックバック


これより新しい10エントリーへ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14