トップ > 中野区のカレー


これより新しい10エントリーへ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13


2008年10月30日

カレーマニアカリーブのカレーライス(チキン)

(このお店は閉店しました:2010/04/26追記)

カレーマニアカリーブのカレーライス(チキン)■あっさりとしたカレーライス

先日いただいた、カレーマニアカリーブのカレーライス(チキン)(¥577)です。ランチメニューの一番上に乗っかっていたので、お勧めだと思いカレーライスを選んでみました。

出していただいたのは、ちょっとライスの量が多いカレーライス。そして、ご飯はジャポニカ米ですね。一口いただくと、とてもマイルドです。スパイスの刺激はなく、ほのかにターメリックの香りが漂ってきます。ざらっとしているのは、ひょっとしてお野菜かフルーツのペーストでしょうか。むしろ甘い気がします。

やっぱりルーに比べてご飯の量が多かったですね。お腹一杯になりました。

エスニックなお店のカレーとしては、いい意味でクセがない。そして、メニュー名のカレーライスの通り、食べ親しんだ日本のお米で、インドカレーをいただく。コストパフォーマンスもいいですし、珍しいお店でした。

★関連エントリー:中野サンモールにカレー屋さんがオープン

★関連エントリー:デシュカフェ&レストラン 南アジア料理の特別ランチ チキンカレー&ナン

★関連エントリー:インド&ネパール料理 ミラン中野店のAランチセット(チキンカレー、ラッシー、ナン)

★お店情報:東京都中野区中野5-59-6-3F、03-3388-5352、ランチ11:00?16:00、ディナー16:00?23:00。姉妹店にハラルフードと香辛料「ルンビニスパイスマート」(杉並区高円寺南3-53-15、03-6765-2224)があるそうです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:44 | コメント (0) | トラックバック

2008年10月15日

アジア料理ラマ Lama 鷺宮駅前店のバターチキンカレーとナン

アジア料理ラマ Lama 鷺宮駅前店のバターチキンカレーとナン■爽やかなカレー、ふっくらナン

打ち合わせの時にちょこっと寄り道をして、西武新宿線鷺ノ宮駅周辺でランチにしました。北口の通りに、カレー屋さんがありましたので入ってみました。アジア料理ラマ Lama 鷺宮駅前店です。

コースメニューがいくつかありましたが、もっともオーソドックスなランチ(¥780)をオーダーしました。選べるカレーは4種類。チキン・キーマ・ミックスベジタブル・バターチキン・ダルです。その中からバターチキンを激辛で、そしてナン、ドリンクはラッシーでお願いすることにします。なお、ランチはサラダ付きです。。

出していただいたナンは…とても大きいです。そして厚い。もちろん焼き立てで、バターがかけられていて、熱くもありました。パンケーキのようにふっくらとしたナンをちぎって、カレーを浸していただきます。

激辛で指定したのですが、それほどの刺激はありません。錯覚かもしれませんが、トマトの酸味が効いているようで、後味の爽やかな辛さが伝わってきます。チキンもおいしい。柔らかく、ほんのりとバターの風味がします。バターの甘さとスパイスの辛みが、淡白な鶏肉を濃厚にしていました。

食べ進めていくと、やっぱりナンの印象が強くなります。生地が厚く、ふかふかとした食感。小麦の甘さも出ています。それに辛めなカレーがぴったり。ちょっと大きく切り取って、チキンを包んで口に運ぶと、カレーチキンサンドの様。裏側がちょっぴり焦げているのはご愛敬。香ばしさも加わるので、いいですね。

カレーは家庭の味のように、ちょっとした変化がお店の特色となるランチですが、爽やかなカレーをふっくらなナンでいただけるのは珍しい。鷺宮に、お気に入りのカレーやさんが出来ました。

★お店情報:東京都中野区鷺宮4-3-19、03-3338-1797、ランチ11:00?17:00、ディナー17:00?23:00、無休。アジア料理ラマ Lamaのホームページ

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:44 | コメント (0) | トラックバック

2008年10月 3日

アイヌ料理店レラチセの鹿肉の煮込みカレー

アイヌ料理店レラチセの鹿肉の煮込みカレー■スパイスが効く、もみじ

JR中野駅からはやや離れたところにある薬師あいロードに、珍しいアイヌ料理屋さんがあります。レラ・チセです。レラチセがランチを始めたそうで、レラ・チセ」のらんち(Nylaicanaiさま)、)「アイヌ料理店 レラ・チセ(RERA-CISE)」中野区・新井薬師(ピエールの東京カレー紹介さま)と、拝見しているブログでも感想やお写真を見て、いただいてみたいと思っていました。今日、タイミング良く行くことが出来ましたのでご紹介致します。

ランチメニューはキトピロ味噌ラーメン、鹿肉の煮込みカレー、鮭と茄子とキャベツのミルクカレーの3種類。ラーメンは火・水・木、カレーは金・土・日の限定となっています。そこで、鹿肉の煮込みカレー(¥680)をお願いしました。サラダが付いてきます。

少々乱暴ながら他のお店と比較すると一回りコンパクトなお皿に、カレーとライスが盛られて登場しました。木製のスプーンは、店員さんから直接手渡していただきます。

一口食べてみると、かなりスパイシーです。とはいえ辛い刺激は少なく、主に香り。複雑な匂いが口に広がります。香辛料の使い方も大胆で、ローリエらしきものがそのまま一枚入っていたりしました。ルーではトマトが、具ではジャガイモが目立っています。

鹿肉はと言いますと、率直に申し上げて感想が難しい。いわゆる繊維が太く、歯ごたえがある赤身のお肉といった印象です。独特の風味はないかと言えばそんなことはありませんが、多くの方にクセなく食べてもらえそうな感じ。いろいろな大きさのものがゴロゴロと入っていて、カレー風味でたっぷり味わえました。メニューの名前とは違い、お肉は淡白でスパイスの香りが立っているカレーです。

★お店情報:東京都中野区新井1-37-12、03-3387-2252、17:00?23:00、11:30?14:00、定休・月

薬師アイロードにある他のお店
HOT SAND BIRTH MARK(バースマーク)のホットサンド 3種のチーズ
オリエントスパゲッティの牡蠣とベーコンと野菜の醤油味
胡椒亭のチキンカレー
南インドDiningの日替わりカレーランチ(中野区のカレー)
中華 代一元 中野店のカレーラーメン

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:13 | コメント (4) | トラックバック

2008年9月24日

はなまるうどん中野通り店のカレーうどん(中)とちくわ磯部揚げ

はなまるうどん中野通り店のカレーうどん(中)とちくわ磯部揚げ■つゆの加減が絶妙

中野サンプラザの反対側にある、はなまるうどん中野通り店で素早くランチを取りました。選んだメニューは、最近ざると双璧をなすくらいお気に入りのカレーうどん(中)(¥504)です。ちくわ磯部揚げ(¥95)もトッピングしました。

はなまるうどんのカレーうどんは、なかなかだと思います。なかなかコシのあるうどんはもちろん、いわゆるおそば屋さんのカレー然としたルーも、あっさり風味で軽い口当たりの中にスパイシーさが光っています。具もゴロゴロ入っているのが嬉しいです。

そして、もっとも嬉しいのがつゆとルーの加減の妙。いわゆるつゆに麺が泳いでいるうどんに、カレールーを盛りつけたカレーうどんとは違います。どうやら、うどんがようやくひたひたとなるくらいにつゆの量を調節し、その上からカレールーをかけているようです。そのため、食べ進めてもカレーがしゃぶしゃぶにならず、かといってぶっかけカレーうどんのように、カレーの中に麺を入れている風でもなく、うどんとつゆとカレーをバランス良く、ちょっぴりカレーの風味を強くいただくことが出来ます。

メニュー名通り、カレーうどんを堪能できます。他のお店のカレーうどんとは一線を画す、侮れない一杯です。

★関連エントリー:はなまるうどん中野通り店のざる(小)

★関連エントリー:はなまるうどん中野通り店の温玉ぶっかけ・ネギ抜き(中野区の和食&うどん&そば)

★お店情報:中野区中野5-67-6、03-5913-0650、10:00?24:00、紹介ページはこちら

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:54 | コメント (0) | トラックバック

2008年9月10日

TASTE SPICE HOUSE AND BARのマトンカレーとナン

TASTE SPICE HOUSE AND BARのマトンカレーとナン■じわじわ辛い

先日いただいた、TASTE SPICE HOUSE AND BARのマトンカレーとナン(カレー¥700、ナン¥300)です。夕方入ったところ、セットのメニューが見あたらず、カレーとナンを別々にお願いをしました。

初めてのお店でカレーをいただく時は、概ね、辛口のチキンを選ぶことが多いのですが、あえてマトンにしてみました。

いただいてみて、マトンを選んだのは正解だったと感じます。お肉は柔らかく、独特の匂いがかなり押さえられていて、おいしいです。そして、ゴロゴロと入っているのが嬉しい。。1cm×5cmほどの大きいものが3つ、それより小さいものが4?5個も入っていました。これだけあると、十分にマトンを味わえます。

ルーにはトマトも入っていましたが、スパイスの印象が強く、あまり目立っていませんでした。代わりに存在感があったのは、写真で白く見えるショウガです。千切りになっていて、カレーが香る中、匂いと苦みで自己主張をしていました。

いただいている内に、じわりと辛さを感じてきます。お腹もぽかぽかして、体全体でスパイスを感じました。

★関連エントリー:らいおんカレーが閉店、新しいカレーショップが

★お店情報:東京都中野区中野2-29-2、03-5342-9212

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:17 | コメント (0) | トラックバック

2008年8月22日

新・インド料理たんどーるの噂の!鶏肉の梅カレー

新・インド料理たんどーるの噂の!鶏肉の梅カレー■スパイスの新定義。梅干し。

先日いただいた、新・インド料理たんどーるの噂の!鶏肉の梅カレー(¥1100)です。西武新宿線沼袋駅のすぐ近くにあるカレー屋さん。当サイトを始めた時からずっと存じ上げていたのですが、機会がないままでした。その後、たくさんのブログで絶賛され、様々な雑誌、テレビで紹介。そしてついには中野区の逸品グランプリにも選ばれ、これはいよいよ食べなくてはと思い立ち、何とか都合をつけてようやく行けたお店です。

ランチメニューをいただきましたので、サラダ、パパード(豆せんべい)がセットになっています。また、ライスとナンを選ぶことが出来ます。今回は、国産小麦、生み立てたまご、自家製ヨーグルトを使っているとお店のポップに紹介されていたのを見てしまったため(?)、ナンにしました。

ちょこんと載せられた小梅に目が行き、なるほど梅カレーかと納得しましたがさにあらず。どうやら梅干しはかなり使われているみたいで、カレー独特のスパイシーな香りと辛さの中に、わずかな香りと酸味がします。トッピングとしてではなく、カレーそのものにも梅干しが使われているのですね。

カレーの辛さと梅干しの酸っぱさのコラボレーションは、当然ながら初めての体験。2つの違う刺激が食欲をそそり、食が進みます。

ナンは全般的に、ぺたっとした感じがしました。ですがその印象は見た目だけのもの。厚みがないと見えるのにぷっくりとした表面、中はミルフィーユ状になっていて、じゃばらの所にカレーが絡む。カレーをすくい上げながら食べることが出来ます。できたてでアツアツの為、手でいただくのに苦労しました。

食べ進めていくと、ある時ショウガの風味が口に広がりました。最初表面にトッピングされていて、じきに沈んでしまった千切り状のショウガに当たったのです。苦みが加わり、より複雑な風味になりました。

カレーでありながら、さらりとした口当たり。堪能しました。

★お店情報:東京都中野区沼袋1-8-22 ヤマニビル2F、03-3387-2172、ランチ12:00?14:30頃、ディナー18:00?22:00頃(日・祝は21:00頃まで)、定休・月。火はディナーのみ。新・インド料理たんどーるのホームページ

(2009/06/12:一部変更しました)

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:35 | コメント (0) | トラックバック

2008年6月 6日

バラトのBセット(チキン&ほうれん草マッシュルーム、ナン)

バラトのBセット(チキン&ほうれん草マッシュルーム、ナン)■サグで野菜を補給

先日いただいた、インディアンレストラン&バー Bharat(バラト)のランチタイムメニューBセット(¥850)です。ランチタイムが17時までと長いバラト。お昼に食べ損ねたタイミングではありがたい選択肢です。

ランチメニューはA、B、Cの3セット。今回はカレー2種とナンまたはライス、サラダ、ドリンクがいただけるBセットで、チキンとほうれん草マッシュルーム、ナンをオーダーしました。なお、ナンとライスはお代わりが自由だそうです。

既にお昼の時間は十分に過ぎていたのですが、盛況でした。そのためか、料理が出てくるのにやや時間がかかりました。

出していただいたナンは、なかなかの大きさ。これは食べ応えがありそうです。まずは素材のほうれん草の色が出ている、サグから味わってみます。スパイスそしてほうれん草の風味が引き出されているのでしょうか。第一印象は、苦辛なカレーというもの。辛みはピリッとしていて、後に引きません。ペースト状で、ナンでもすくいやすく、食べやすいです。

一方、チキンは辛みが強かった。トマトでしょうか?辛さの中に野菜の酸味と甘さを感じて、アクセントになっていました。。具のチキンは味の染みこみが無く、淡泊なもの。辛みを和らげてくれます。

お腹が一杯になり、ナンのお代わりを遠慮してお店をあとにしました。サグが特に好みでした。

★関連エントリー:インディアンレストラン&バー Bharat(バラト)オープン

★お店情報:東京都中野区中野5-36-3タカデン中野ビルB1、03-3389-1250、ランチタイム11:0?17:00、ディナータイム17:00?02:00

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:46 | コメント (0) | トラックバック

2008年4月 4日

胡椒亭のチキンカレー

胡椒亭のチキンカレーのチキン■大胆な見た目と裏腹な、繊細な食材たちのハーモニー

先日いただいた、中野駅北口からは少し歩いたところにある、胡椒亭のチキンカレー(¥950)です。

ランチタイムでしたので、まずサラダを出していただきました。かなり量があります。多いのが嬉しい。ひよこ豆でしょうか?素材そして細く幅広いニンジンの切り方に個性が光っていました。

サラダをいただいていると、カレールーとライスが運ばれてきました。…チキンが大きい。ライスには野菜が添えられています。そして、どちらも立っています。

特に目の当たりにして思考が固まったのがルー。間接2つ分、もも肉のチキンが載せられています。さてどう食べたものかと攻めあぐねていたら、店員さんがコツを教えてくれました。立っている部分を大胆に手でつかみ、すっとまわすそうです。アドバイス通りやってみると、骨がぽろっと取れました。その後フォークとナイフを使って切り分け、ライスにかけて、ようやくいただくことが出来ました。

胡椒亭のチキンカレーのライス辛くしてもらったのですが、激辛という感じではなく、複雑な味。甘苦く、最後にピリッとしたスパイシーさが残ります。その辛さは後を引かないので、また一口とスプーンを口に運んでしまいます。食べ進めていると時々、口の中でこりっとした食感と共に苦さが広がりました。スパイスが荒いようです。イヤな感じはせず、むしろカレーの中で”ワンポイント”味が変わるので、楽しいですね。

見た目通り、一番印象に残ったのはチキンでした。柔らかく、スパイスの味付けがしっかりとしていて、皮もお肉も軟骨も、丸ごと全部おいしくいただけます。ですが全てのお肉を骨からはがすことはかなわず。手づかみでほおばり、残さずいただきたいのを我慢しました。

メニューによると、胡椒亭のカレーは果物と野菜のみを使って自然の甘さを引き出しているそうです。甘さを野菜と果物が、辛さと苦さをスパイスが担当しているのですね。見た目にも味の複雑なハーモニーにも驚かされたカレーでした。

★関連エントリー:本格欧風カレー&チーズケーキ 胡椒亭のチーズケーキ

★関連エントリー:薬師あいロードにカレーとチーズケーキのお店

★お店情報:東京都中野区新井1-14-16 ライオンズマンション中野第五-101、03-3387-3290、11:30?15:00、17:00?21:30、土日祝11:30?21:30、定休・水

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:18 | コメント (2) | トラックバック

2007年12月26日

インド&ネパール料理 ミラン中野店のAランチセット(チキンカレー、ラッシー、ナン)

ミラン中野店のAランチセット(チキンカレー、ラッシー、ナン)■辛さ際だつ、インドの本気?!

中野サンモールにある、ミラン中野店でLunch SET A Set(チキンカレー+ラッシー+ナン、¥650。ナンをライスにすると¥599)を食べました。

2人の店員さんがいらしたのですが、どちらも日本語が片言。メニューを指すジェスチャーで注文を済ませます。オーダーしてしばらくすると、厨房からカレーの辛さを聞かれました。5段階あるうちの、一番辛いものをお願いすることにしました。

出されたカレーは、さらさらでない感じ。大きなチキンがごろんと3?4コ転がっています。ナンは焼き立てにバターをぽとんと落とした感じで、一部にバターがかけられていました。

いただいてみると、スパイシーですね。タマネギでしょうか?野菜か何かのペースト状の食感と極々わずかのスパイスの苦みが...っと!辛い、辛いです。後から刺激が伝わってきます。これはなかなかの辛さ。口元がひりひりします。カレーの辛さは表現するのが難しいですが、口に入れるとピリッとした刺激。次にじわじわとした中辛具合が後を引き、お腹が熱くなってきます。チキンも要注意。しっかりと味が付いていて、淡泊な肉の風味で口直しにとはいきません。全体的にぺたんとしているナンで、時にスプーン状にしてカレーをすくいながら、またはチキンを挟んでたっぷりのカレーと一緒にいただきました。途中2回ほどラッシーに口を付けましたが、完食しました。

激辛でないところがポイント。これくらいならまたと、ついつい食が進むミランで一番辛いカレーでした。

激辛をウリにしているお店やタイカレーではなく、いわゆる外国の方がされているインドカレーのお店で、ここまで辛かったのは初めてです。珍しいかもしれません。インドの本気の一端を感じました。

★関連エントリー:中野サンモールにカレー屋さん

★お店情報:中野区中野5-59-6KSビル、03-3388-5516、無休

(2007/12/28:タイトルを変更しました)

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:13 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月30日

デシュカフェ&レストラン 南アジア料理の特別ランチ チキンカレー&ナン

(このお店は閉店しました:2009/09/28追記)

デシュカフェ&レストラン 南アジア料理の特別ランチ チキンカレー&ナン■バターを塗っていないナン。これはこれでOK

先日、名代宇奈ととの近くにある、デシュカフェ&レストラン 南アジア料理へ行ってきました。

エントリー中野駅北口に、カレーショップがオープンには、いろいろなコメントを頂戴しました。それらを拝見して、いつか行ってみたいなと思っていたお店の1つ。いろいろ迷ったあげく、お願いをしたのはなんとワンコインのスペシャルランチ、チキンカレー&ナン(¥500)です。

待っていると、パンパンと生地を叩く音が聞こえます。今ナンを作っているんだなと実感する、お料理が出てくるのが待ち遠しくなる音です。

出されたのは、想像より大きなナン。チキンは骨なしの食べやすそうなものがごろんと転がっています。早速食べてみると、バターが塗っていないナンは、つるつるしないし、指も油まみれにならない。これはこれでいいですね。たまたまなのかはわかりませんが、厚みにムラがあり、パリッと香ばしいところとふっくらとした部分の両方が楽しめたのは良かった。固いところではカレーをすくって、柔らかいところでは浸して食べました。

チキンカレーは、ネットの意見では味が薄めというものもありましたが、そうでもありませんでした。スパイシーですが、辛くはないです。スパイスや野菜などがとけ込んでいる感じのとろみがあります。そして、カレーの味に隠れてしまって風味などは感じされませんでしたが、何故かネギが振ってあるのが面白いです。

残念だったのが、分煙がされていないこと。カレーは香りも楽しみたいですから、何とかしていただければ嬉しいです。とはいえ、特別ランチのメニュー通り、特別料金なワンコインで本格カレーランチが楽しめるのはありがたい。豆やサグなど、いろいろなメニューがあるそうですから、他のカレーを味わいたいです。なお、エントリー中野駅北口に、カレーショップがオープンのコメント欄でお尋ねいただいたハラルについては、聞きそびれてしまいました。すいません。

★お店情報:東京都中野区中野5-52-2 青葉ビル2F、03-5318-3370、11:30?15:30、17:00?23:00、無休

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:17 | コメント (2) | トラックバック


これより新しい10エントリーへ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13