トップ > 中野区のカレー


これより新しい10エントリーへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


2014年8月 4日

ストローハットの自家製ビーフカレーライス

この日のランチは、おしゃれなバーでいただきました。中華料理店、ミンミンの上にあるストローハットで、です。ストローハットがあるのは、中野ブロードウェイと中野サンモールの間にある、東西に細く延びる道。最近は、道の両側でランチを出すお店が増えて、しかもいろいろな種類のメニューが食べられるようになってきました。

ストローハットのランチメニューは、カレーライスかハンバーグという、鉄板の選択肢が二つです。さらには、ハンバーグカレーライスというものもあります。今回お願いしたのはカレーライスで、サラダがついてきました。

看板には「(素材がなくなるまで)コトコト煮込みました」という趣旨のことが案内されていましたが、出されたカレーを見て納得しました。お皿の表面がフラットです。

ストローハットの自家製ビーフカレーライス

いただいてみて、大変感想を言うことが難しいです。ほどよくスパイシーで、甘みとちょっぴりの苦みを感じる、奥深いコクのあるカレーです。

繊維状にほどけたビーフがスプーンの中に入ってきて、お肉のうまみを増幅させます。お米が進む、日本風カレーライスなのです。

一方で、良い意味で手作り感があり、具がごろごろと入っているお母さんの手作り風カレーや軸足を日本に置きながらもオリエンタルな風味とのバランスをとるオリジナリティあふれたカレーとはちょっと違います。「ストローハット風」のカレーなのです。

際だったオンリーワンなカレーです。

★お店情報:中野区中野5-55-17 2F、03-3387-0516

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:00 | コメント (0) | トラックバック

2014年5月29日

インド&ネパール料理ミランでマトンカレーを食べました

ミランでランチを取りました。インド&ネパール料理ミランは、中野サンモールにあるコージーコーナーの上にあるレストランです。アーケードを通っている時に、おいしそうかつスパイシーなカレーの香りがしたら、顔を上げてみてください。きっと近くにあると思います。

ミランに来るときは、スパイシーな本格カレーを辛口で、ライスと一緒に食べたいとき。ミランに来るときは、マトンカレーをライスでいただくことが多い気がします。この日も、マトンカレーのセットを4辛で、ライスでお願いしました。ここのマトンはクセがなく、柔らかく、好みです。

インド&ネパール料理ミランのサラダとラッシー

カレーは何回かご紹介をしておりますので、今回はランチセットのご紹介をします。サラダとラッシーです。ランチのカレーにはもれなく、これらがついてきます。

もちろん他のお客様の数にもよるのでしょうが、比較的お料理の提供が早く、さっと食べて出てこられるのが出来るのも助かっています。

★お店情報:中野区中野5-59-6KSビル、03-3388-5516、無休

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:42 | コメント (0) | トラックバック

2014年5月20日

鉄板ダイニング中野グリルのビーフカレーライス

中野マルイのレストレラン街にある、鉄板ダイニング中野グリルでランチをしました。ハンバーグなどお肉のおいしさが想像出来る料理もありましたが、ここはカレーを選択。ビーフカレーライスです。

入り口では厨房がガラス張りとなっていて、コックさんが調理している様子が見える演出があります。断面が三角形の鉄の棒が並べられたグリルがあって、その上でお肉を焼いている様子が見えます。雰囲気のよいレストランのカレーですので心配をしていましたが、ルーとライスが1つによそられて出てきました。

鉄板ダイニング中野グリルのビーフカレーライス

こういったお店ですので、よい意味で普通のカレーライスです。辛みや苦みが立っておらず、ほんのちょっぴりのスパイシーさがカレーであることを主張しています。食べやすいカレーです。

そしてお肉の存在感がさすがでした。カットされたステーキ肉の様な大きなものがごろごろと入っています。肉質は赤身で、ほどよい固さがある感じでした。柔らかいものではなく、もぐもぐとお肉を食べる充実感があります。ビーフが主役のカレーライスなのですね。

時間に余裕があるときにゆっくりと味わいたい、中野サンプラザのレストランに並ぶ、贅沢カレーです。

★お店情報:東京都中野区中野3-34-28 中野マルイ 5F、03-5328-2920、11:00-23:00

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:52 | コメント (0) | トラックバック

2014年3月19日

はなまるうどん中野通り店のカレー南蛮(小)

はなまるうどんに立ち寄ったら、見慣れないメニューがありました。カレー南蛮400円です。カレーうどんでは無いのです。

いただいてみたところ、以前いただいたカレーうどんとの違いは主に2つでした。

はなまるうどん中野通り店のカレー南蛮(小)

まず、カレーが違います。にんじんやジャガイモがごろごろと入っているカレーでは無く、タマネギなどがメインで、スパイシーさが立っています。ピリ辛です。

そして、画像でも見られる、カットされた油揚げが存在を主張しています。カレーの中にも、水分を吸ってふやけて大きくなっていますし、お丼の中に見える者たちも、なかなかの存在感があります。濃厚なカレーの味が楽しめたうどんでした。

★お店情報:中野区中野5-67-6、03-5913-0650、7:30-24:00、はなまるうどんの中野通り店店舗紹介ページ

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:57 | コメント (0) | トラックバック

2014年3月18日

ビストロシェ・オノのチキンカレー

中野駅からはやや距離がある洋食屋さん、シェオノでランチのカレーをいただきました。

感じたのは、深い辛さ。スプーンにギリギリ載るくらいの大きさにカットされた、ボンレスのチキンがごろんと入っています。ニンジンやジャガイモなどの野菜は小さめ。お馴染みの具が入っていながらも、チキンがフィーチャーされたカレーです。

ビストロシェ・オノのチキンカレー

カレーという料理は、ある意味厳密にカテゴライズされています。家庭のカレー、アジアン風のカレー、日本料理屋さんのカレー、そして本格インドカレーと洋風カレーのようにです。シェ・オノのカレーは、見た目は家庭風でありながら、味はレストランのそれであり、奥深さを感じました。見た目以上に、なかなかスパイシーで、辛さが後を引きます。

ですがその辛さは、インドのスパイス風味ではなく、また刺激的なものではありません。フォンドボゥの濃さといいますか、ラーメンでいうところのカエシの様な、そのお店の味の素となっている調味料の濃さを感じます。その濃厚さに、スパイスの辛さが乗っているという風です。

また、ジンジャーの効いたスープがおいしかった。カレーとは別の辛さで、舌をリセットしてくれました。もちろん、ドレッシングがおいしいサラダも、取り放題なピクルスも、食後のコーヒーも、いつも通りのおいしさです。

陽気な接客、良い意味で敷居の低い店頭。そして料理に表現された、家庭風とプロの味の心地よい折衷さ。シェ・オノの真骨頂なメニューです。(¥850)

★お店情報:東京都中野区中野5-53-9、03-3319-7947、11:30-14:00(月-金)、8:00-22:00、定休・日、祝日

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:40 | コメント (0) | トラックバック

2014年3月17日

富士蕎麦中野サンモール店のカレーライス

中野駅前のアーケード街、中野サンモールのお蕎麦スタンド富士そばで食事を取りました。カレーライス¥420です。

正直に申し上げて、おそば屋さんのカレーというのはとても興味があるジャンルです。独特の味付けがされていることが予想されるからです。そこで南蛮など、お蕎麦やおうどんに関連があるメニューであれば頼みやすいのですが、カレーライスというご飯ものですと、少々気後れします。ですがこのお店は食券のため、頼みやすいのがありがたいです。

富士蕎麦中野サンモール店のカレーライス

出てきたカレーライスには、四角くカットされたジャガイモやにんじんが入っていました。カレーのスパイスの香りはするものの、いただいてみると辛さは感じず、カレースパイスのちょっぴりな風味が口に広がる、いい意味で万人向けするカレーです。

一方で、いわゆる「おそば屋さんのカレー」的な風味はあまりしませんでした。ひょっとしたら隠し味に使われているかも知れない、めんつゆがカレー独自のスパイシーさを押さえていたのかも知れませんね。さっと食べやすく、素早くお店を後にしました。

★お店情報:中野区中野5-65-12

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:50 | コメント (0) | トラックバック

2014年3月10日

丸亀製麺中野セントラルパーク店のカレーうどん(並)

中野セントラルパークにある、チェーンセルフうどん屋さんの丸亀製麺店でカレーうどん(並、¥380)をいただきました。

カレーうどんといいますと、素うどんにカレールーがかけられているものや、そのカレーにおだしのつゆが隠し味にされているなど、いくつかの種類があります。

丸亀製麺中野セントラルパーク店のカレーうどん(並)

丸亀製麺のカレーうどんは、おだしとカレーが完全に一体となっていますね。カレー汁、的な感じです。具はシンプルで、お肉とタマネギが見受けられました。カレーの味とうどんつゆのダシが混じっています。

とろみがついていますので、やや太い丸亀製麺のうどんにも絡んで、カレーの風味の中にもっちりとしたうどんを楽しむことが出来ました。

★お店情報:中野区中野4-10-2中野セントラルパークサウス2F、03-5343-8030

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:42 | コメント (0) | トラックバック

2014年2月20日

ことぶき食堂の我が家のカレー+目玉焼きトッピング

中野サンモールから少し入ると、通りの雰囲気ががらりと変わります。下町風といいますか、いい意味で親しみやすいお店がたくさん現れます。

ことぶき食堂も、そんなお店の1つです。のれんが掛かっていて、磨りガラスの入り口のため、入るのに少々勇気がいります。ですが入ってみると、映画などで見られるような「街の食堂やさん」といった感じで、バラエティに富んだメニューをコストパフォーマンスよく食べることが出来ます。

この時に選んだメニューは、その名も我が家のカレー。火曜日と金曜日限定のメニューです。トッピングで目玉焼きを追加しました。

ことぶき食堂の我が家のカレー+目玉焼きトッピング

よそい方がダイナミックなのはご愛敬といったところでしょうか。豚肉、ジャガイモ、にんじん、そしてくし切りにされたタマネギなどが見えます。タマネギは細かくしたり、よく「飴色になるまで炒める」などということも聞きますが、存在感があります。具として、主張しています。お皿にはご飯もルーも、これでもかといった風によそわれています。奥にサラダ、お味噌汁が見えるように、セットになったカレー定食なのです。

味はカレーの風味と適度なスパイシーさと、優しい具の味が1つになった、メニューの名前通り家庭的な味です。この味を苦手とする人はいないでしょう。

中野駅の周りには、インド風なカレーが食べられるところは何件かありますが、こういった日本風のカレーライスを食べられるところは、そう多くはありません。お店が看板で告白していますが、実はお料理を担当しているのは男性。風味は確かに家庭的なのですが、オヤジさんが作るお袋の味は、そんな裏事情でもちょっぴりスパイスがきいていますね。

★お店情報:中野区中野5-60-2、03-3387-7771、11:30-15:00、17:00-21:00、定休・日

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:23 | コメント (0) | トラックバック

2014年1月30日

健康食卓わしや中野本店のカレーワンコイン弁当

中野サンモールアーケードのお弁当屋さん、わしやでワンコインのお弁当を買ってきました。500円のカレー弁当です。少々器の周りにカレーがついているのはご容赦ください。きっと運んできてくれたときに揺れてしまったのでしょう。

それにしても、カレーとは思えないほどパッケージの中がカラフルです。白、赤、そして緑。紫も見えます。買い出しに時間がかかったのはルーを温め、同時のタイミングでほかほかのご飯をパッケージしたからだそうで、お店の姿勢がわかります。

健康食卓わしや中野本店のカレーワンコイン弁当

味は、オイリー&スパイシーなインド風カレーのエッセンスが溶け込んだ、日本風なカレーライスになっていました。ついてきたプラスティック製のスプーンですと、ちょっぴり食べにくいのはご愛敬。画像の通り、具が大きいからですね。

その具はルーの味に溶け込んで織らず、野菜それぞれの食感と味をアクセントとして付け加えています。プチトマトは、口の中でトマトの味とルーが1つになって、特に印象に残りました。

ワンコインで、十分満足できて、コストパフォーマンスに優れたお弁当です。

★お店情報:中野区中野5-61-6、03-3387-0200、10:00-22:30、日祝-21:00

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:27 | コメント (0) | トラックバック

2013年11月29日

中野サンプラザ121ダイニングのシーフードカレー

中野サンプラザの20階にある、121ダイニングでランチを食べました。シーフードカレーです。スープ、サラダもセットになっています。

中野サンプラザといえば、有名なランドマークですね。時々人がたくさんいて、何だろうと思っていたらコンサートが行われていたりします。並んでいる皆さんの層で、どんな催しが行われるのかが、何となく分かります。アイドルから演歌歌手まで、コンサート会場として使われているようですね。

そのサンプラザの上には、レストランがあります。洋食と和食なのですが、南に向いている洋食レストランは開放的で、眺めがよく、極々たまに利用をしています。

この時にいただいたのは、シーフードカレーでした。ソースポットとライスで出てくることはありませんでしたが、盛りつけはいわゆるホテルのカレーの様。どこか品があります。

中野サンプラザ121ダイニングのシーフードカレー

以前のカツカレーの時のように、いい意味で中庸な、万人向けする味です。ちょっぴり辛くて、野菜なのか甘さもある。シーフードの風味もついています。簡単なようで実は難しい、オーソドックスなレストランで食べるカレーです。

ですが、シーフードの火加減はやはり気になりました。絶妙で、エビやイカのぷっくりとした食感が効いています。きっと、見た目からは分からない下ごしらえがなされているのでしょうね。

おそらく中野の中で一番高いところで食べられるカレーランチ、ごちそうさまでした。

★お店情報:東京都中野区中野4-1-1、03-3388-1150、11:30-15:00、17:00-22:00。サンプラザホームページ内のレストラン121ダイニングのページ

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:55 | コメント (0) | トラックバック


これより新しい10エントリーへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11