トップ > 中野区のカレー


これより新しい10エントリーへ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12


2011年6月10日

じゅんじゅんの野菜カレー

喫茶店ランチの予想を超えたカレー

先日いただいた、じゅんじゅんの野菜カレー(¥950)です。じゅんじゅんは、中野ブロードウェイを越え、信号を渡ったところにある喫茶店です。JR中野駅からは離れているものの、比較的落ち着いてランチをとることが出来る喫茶店で、何回か利用しています。

喫茶じゅんじゅん

ランチメニューは、その日によって違うのですが、おおむねパスタとカレーがラインナップされています。この日はカレーを選びました。

まず付け合わせが出されてきました。サラダに小鉢、そしてお味噌汁です。食後にはコーヒーも出してもらいました。

じゅんじゅんの野菜カレー

率直に申し上げて、出していただいたときに驚きました。普通カレーライスは、お皿の半分にライス、そしてその立体的な盛りつけによりせき止められるかの様に、カレールーが収まっているものですが、じゅんじゅんのカレーは違います。全面にカレーです。カレーが覆っています。

そのカレーは、甘めの味付けでした。スパイシーさはあまり感じず、野菜とポークの甘みが出ています。バラ肉が煮込まれていて、脂と肉本来の、2つの甘みがカレーに加わっていました。他、中くらいにカットされたお野菜がごろごろと入っています。スプーンですくって、ライスとルーと一緒に口に運べるくらいの大きさに心遣いを感じます。

写真には入っておりませんが、青物とポテトの2つの味が楽しめるサラダ、タケノコとにんじんの煮物と、小鉢も充実していました。カレーのお肉が印象に残りますが、実はお野菜が多くとれるメニューになっているんですね。

出てくるまでにやや時間がかかります。しかし、風味豊かな食後のコーヒーまで、ゆったりと落ち着いて、ランチタイムをたっぷりと使いたい。その意味でもぜいたくな喫茶店のランチです。

★お店情報:中野区新井1-9-3 グレースヒルTMY 2F、03-3388-2672、11:00?23:00(ランチタイムは午前11時?午後2時30分)、無休

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:02 | コメント (0) | トラックバック

2011年4月26日

ミランの野菜カレー

ジャガイモがカレーに合うのは世の東西を問わない

中野サンモールアーケードにある、ミランで野菜カレーをいただきました。ランチセットで¥650。ナンかライスが選べ、サラダとドリンクがセットになっています。ドリンクはラッシーをお願いしました。カレーの辛さは、ベリーホットを指定しました。

まず出てくるのが、サラダとドリンク。サラダはなかなか量があります。野菜がたくさん食べられるのは嬉しいですね。

そしてナンとカレーが運ばれてきました。何となくですが、ナンが大きい気がします。ミランのナンはふっくらとしていて、もっちり柔らか。そしてバターは薄く少し塗られている、小麦の甘さが強いものです。

ミランの野菜カレー

カレーをつけながらナンを食べ進めていくと、やがてお皿の中の水位が下がり、具が頭をのぞかせました。お皿にまんべんなく入っている、いろいろな野菜たちが現れます。インゲン、にんじん、大きいブロックはカリフラワー、そしてジャガイモです。

辛さを辛くしてもらったのは、率直に申し上げて失敗だったかもしれません。独特の香りやうま味がある肉類とは違い、淡泊な野菜はその甘さが埋没してしまっています。もちろんそれぞれはおいしいのですが、野菜カレーとしての一体感はやや削がれている印象を持ちました。具が淡泊な場合、あまり辛くしない方がよいかもしれません。

そんな中、際立っていたのがジャガイモです。カレーを含んでおり、ざらっとした食感のデンプン質がカレーに負けていませんでした。

日本の家庭的なカレーだけではなく、本格インドカレーでもジャガイモが具としてぴったりとは。そんな発見がありました。

★関連エントリー:中野サンモールにカレー屋さん

★お店情報:中野区中野5-59-6KSビル、03-3388-5516、無休

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 13:54 | コメント (0) | トラックバック

2011年4月14日

わしや中野本店のキノコのカレー弁当

このクオリティがお弁当で食べられる

先日いただいた、中野サンモールアーケードにあるお総菜店、わしやのキノコのカレー弁当(¥530)です。

カレーのお弁当を買ってきた、と報告を受けた時に想像したパッケージと、見た時の印象は明らかに違っていました。まず、やはり目が行くのが、白いライスの上に鎮座した、茄子とゆで卵です。茄子は黒光りしていて、油通しがされている風です。そしてゆで卵も載せられています。これだけでも、お得感があります。

わしやのキノコのカレー弁当

ルーはピリ辛で、なかなか刺激的でした。じんわりと汗が出てくるほどです。ルーの中に一味唐辛子がありましたので、ひょっとしたら辛味エキスを加えているのかも知れません。そんな時、目立った具である茄子の甘さとゆで卵の淡白さが、よいアクセントとなって、辛味を和らげてくれます。

カレーの具材としては、玉ねぎが目立っていました。添えていただいたスプーンですくいやすい様に、やや小さめにカットされていて、食べやすい。逆にメニュー名にもなっているキノコは、具材の姿形が生かされていて、存在感がありました。こちらは味は淡く、食感で楽しめました。

お弁当でしたが、なかなか量もあり、お腹一杯になりました。具材は変化球でしたが、ルーは本格的なカレーがお弁当でいただける。流石わしやです。

★お店情報:中野区中野5-61-6、03-3387-0200、10:00-22:30、日祝-21:00

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:00 | コメント (0) | トラックバック

2011年2月10日

ディープジョティのチキンカレーセット

変わる見た目、変わらぬおいしさ

先日いただいた、ディープジョティのランチメニュー、チキンカレーセット(¥680)です。ナンを、そして辛さは激辛をお願いしました。

ディープジョティのチキンカレーセット

カレーはお願いをした通り、辛いです。初めは口当たりが柔らかいのですが、後からとんがった辛みが出てきます。他のスパイスは辛さに押さえられていて、辛みが立っていました。

ルーは以前からサラリとしていましたが、その加減がさらに増し、しゃぶしゃぶな感じになっています。以前チキンカレーをライスでいただいた時(Deep Jyoti(ディープジョティ)のチキンカレー(ライス))には気がつきませんでしたが、色も鮮やかになっています。

ナンはふっくら。液状のルーが良く絡みます。小麦の甘さがすっと消える辛さの印象を変え、また辛さを味わいたくなってしまいます。ですので食が進むのです。

画像を取り忘れたのですが、今回ドリンクはマンゴーラッシーをお願いしました。ラッシーやコーヒーなどの他、こんなデザート風味を持つものも選べるのは嬉しいですね。

★お店情報:東京都中野区中野5-36-3タカデン中野ビルB1、03-3389-1250、11:00-24:00

★以前の同じメニューのエントリー:Deep Jyoti(ディープジョティ)のチキンカレー(Aセット)

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:54 | コメント (0) | トラックバック

2011年1月25日

松屋中野店のトマトカレー(お弁当)

スープ状でなく、食べやすいお弁当カレー

先日いただいた、中野通りにあるチェーン店の牛丼店、松屋のトマトカレー弁当です。買い出し部隊による意外性あるメニューでした。カレーのお弁当です。

高さがある分、小さいお弁当ケースのためか、なかなかのボリュームがあるように見受けられます。容器からカレーをご飯にかけて、いただきました。

松屋中野店のトマトカレー(お弁当)

意外、なかなかの風味です。レギュラーメニューの松屋のカレーとは全く違っています。スパイスの苦みがあり、辛みはわずか。トマトの酸味も出ていました。

ルーは水分が少なく、野菜の炒め煮をかけているようです。オリジナリティあるカレーとなっています。玉ねぎと茄子、そしてもちろんトマトの存在感がたっぷり。カットが大きい3種類の野菜が、たくさん食べられました。

食べ応えがありこれで¥390とは、コストパフォーマンスもいいお弁当です。

★お店情報:中野区中野5-68-9、03-5318-7331

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:43 | コメント (0) | トラックバック

2011年1月18日

ミツボシがニコニコへ

中野通りにあり、海外のライターも絶賛していた(Tokyo Curry Mania: Mitsuboshi's 'French Curry' in Nakano)カレー店、フレンチカレーミツボシが変わっていました。

新しい看板に書かれたお店の名前は、ニコニコカレーです。

ニコニコカレー

ミツボシとどの様に関連があるのか、全く違ったお店になったのかは不明ですが、この地でカレーが食べられるのは間違いありません。

★お店情報:東京都中野区新井2-1-1

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:26 | コメント (2) | トラックバック

2011年1月 5日

ヤミヤミカリーのチキンとその卵のふわふわカリー(激辛)

インド風・日本風とは違ったスパイシーさ

先日いただいた、ランチセットのヤミヤミカリーのチキンとその卵のふわふわカリー(激辛)¥700です。

ヤミヤミカリーのチキンとその卵のふわふわカリー

前回いただいたときには、激辛を指定したためか、ルーがとても濃厚でスパイスが多く、やや固い印象を受けました。誤解を恐れずに申し上げると、粉っぽい感じだったのです。

今回のカレーはルーが他のメニューの時と同様にさらりとしていて、スープカレーの様。ご飯にも十分なじみます。

ルーがひたひたに入れられているため、またしても見ることが出来ませんが、鶏肉はかなりたくさん入っています。皮付きですが柔らかく、場合によってはスプーンで3〜4つに割ってようやく口に運ぶことが出来るくらいのものも。

まんべんなく溶け込んでいる玉子も相まって、具に存在感を感じるカレーです。

ヤミヤミカリーは、アジアンなカレーも魅力ですが、たくさんの具も魅力的ですね。そしてお会計時に、いちごみるくのキャンディをくれる心配りもうれしいお店です。

★関連エントリー:アジア型カリー専門店ヤミヤミカリーのチキンとその卵のふわふわカリー(激辛)

★お店情報:中野区中野5-50-3中島ビル1F、03-3389-2137、11:30?16:00(ランチタイム)、17:30?1:00(ディナータイム)、日祝11:30?1:00(売切れ次第終了)

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:20 | コメント (0) | トラックバック

2010年12月24日

南インドダイニングのオクラとチキンのカレー

スパイシーで、甘い

先日いただいた、薬師あいロードストリートにある、南インドダイニングのランチメニュー・オクラとチキンのカレーです。

薬師アイロードはJR中野駅からは離れていますが、カレーやパスタ、キャンディや中華料理などなかなか食べ応えがあるお店が数多くある通りです。時間をかけて行くだけの価値はあるお店が多く、時々足を伸ばします。今回はカレーを食べに、南インドダイニングにお邪魔しました。

ナンをカレーに浸して一口...。甘い、甘いです。トレイを見てみると、カボチャが入っている?!思わぬ伏兵に動揺しました。

南インドダイニングのオクラとチキンのカレー

カボチャのためか、以前いただいたチキンカレーと比べてカレーの黄色みが多く、そしてやっぱり甘いです。しかし一方でスパイスの風味は感じました。元が甘く、やや辛さと香ばしさがある。心なしかカボチャとオクラのねっとりとした食感が、いつものサラリとしたルーとは違っていて、何とも不思議なカレーとなっています。チキンは骨がついていない部位が使われており、皮と一緒でした。

ナンは相変わらずもっちりしていて、今日は塗ってあったバターが多かったかもしれません。

辛さは普通だったので、余計にいつもより甘く感じた、意外性のあるカレーでした。

★お店情報:中野区新井1-23-23(住所は参考)、03-3388-0373、ランチタイム11:30-15:00、ディナータイム17:30-23:00

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 20:45 | コメント (0) | トラックバック

2010年11月30日

南インドダイニングが期間限定スペシャルディナー

薬師アイロードの南インド料理店、南インドダイニングが店頭のポップで期間限定のメニューを告知していました。スペシャルディナーのベジタブルセットを、12月1日から24日まで1680円で提供するとのことです。

南インドダイニングの期間限定スペシャルディナー

ベジタリアンセットというだけあって、メニュー名には野菜と豆が書かれています。...時々???となるお料理名もありますけれども。

ポップの先頭に書かれているのはインドワイン。インドのワインがいただけるのは珍しいかも知れません。

★お店情報:中野区新井1-23-23(住所は参考)、03-3388-0373、ランチタイム11:30-15:00、ディナータイム17:30-23:00

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:30 | コメント (0) | トラックバック

2010年11月 5日

Deep Jyoti(ディープジョティ)のチキンカレー(ライス)

本場インド風カレーで、未体験の辛さ

先日いただいた、JR中野駅北口にあるカレーショップ、Deep Jyoti(ディープジョティ)のチキンカレーです。ランチセットでサラダとドリンクが付いてきます。今回はライスで、そして辛さはベリーホットを、そしてドリンクはラッシーをお願いしました。

ディープジョティでは何回もカレーをいただいていますが、今回はいつもとの違いを感じました。まずはライスです。ジャポニカ米風といいますか、しっとりとしています。色は薄い黄色でサフランライス然としておりますが、水分と粘りけは食べ慣れたお米に近い。インディカ米でサラサラといただくのもおいしいですが、カレーライス風に食べられるのも嬉しいですね。

Deep Jyoti(ディープジョティ)のチキンカレー(ライス)

そして、全く印象が違ったのがカレーでした。まずは、辛い!とても辛いです。ベリーホットを指定したのは自分であり、決してお店やコックさまに物を申したいのではありません。ですが、ディープジョティのカレーは、粗めのスパイスの辛みと共に、具の旨味が舌と喉と鼻を抜けていく、変化が楽しいもの。それが全ての段階で辛さが立っています。ナンで味わう小麦の甘さと、お米の甘さの種類の差がカレーの味を変えているのでしょうか?心なしかルーのペーストが液状でなく固い気がしますが、久しぶりに辛いカレーをいただきました。

もちろん、ただ辛いだけではありません。違う辛さやちょっぴりな苦さを感じるスパイスと、チキンの風味が移ってコクがある、ご飯が進むカレーでした。

ディープ・ジョティは、本場インドのカレーのお店が数多く並ぶ中野駅周辺でも、味や接客はもちろん、特に広くて店内が明るく、比較的大人数でも入ることが出来ることから、人気のお店です。そんなお店で出会った、本格辛口カレー。またお邪魔したくなりました。

★お店情報:東京都中野区中野5-36-3タカデン中野ビルB1、03-3389-1250、11:00-24:00

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:40 | コメント (0) | トラックバック


これより新しい10エントリーへ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12