トップ > 中野区のカレー


これより新しい10エントリーへ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13


2010年10月12日

はなまるうどんで期間限定カレーつけ麺

中野サンプラザの通りを挟んで反対側にある、はなまるうどんが期間限定のメニューをPRしていました。カレーつけ麺です。

はなまるうどんで期間限定カレーつけ麺

ポスターには期間限定とありますが、いつからいつまでという期間は無く、いつまでいただけるのかは不明です。

つけ麺、しかもカレーということで、いただく時にシャツを汚してしまわないように注意しなくてはならず、ドキドキします。一方でカレーとうどんという組み合わせをつけ麺にしている。こちらはどの様な味なのかわくわくします。胸躍るメニューです。

魚粉配合ということで、お蕎麦屋さんのカレーに近い風味が味わえるのかも知れません。

なお、カレーつけ麺は小盛りも中盛りも¥580で値段が変わらないということです。比較的リーズナブルなメニューの多いはなまるうどんでは、贅沢な一品となっています。

★関連エントリー:はなまるうどん中野通り店のかけ(中)

★関連エントリー:はなまるうどん中野通り店のざる(小)

★関連エントリー:はなまるうどん中野通り店の温玉ぶっかけ・ネギ抜き(中野区の和食&うどん&そば)

★お店情報:中野区中野5-67-6、03-5913-0650、7:30?24:00、はなまるうどんの中野通り店店舗紹介ページ

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:55 | コメント (0) | トラックバック

2010年9月28日

こおらいけんのカツカレー

■見事な中華風カレー

早めに注文をするとデリバリーもしてくれる、こおらいけんのお弁当でカツカレーをいただきました。日替わりメニューで¥500です。

こおらいけんは中国料理の調理人さんが腕をふるうお弁当屋さんですが、カツカレーはどの様になるのか、ワクワクしていただいてみました。

こおらいけんの日替わり弁当、カツカレーのサムネール画像

なるほど、アンのようにとろみがつけられています。かなり強くて、ゲル状になっていました。具は細切りで大きく、付いてきたスプーンからはみ出してしまうほど。中でもタマネギは長めでした。

ご飯にしっかりとまとわりつくカレールーは、辛さは控えめでした。後味にほんの少しぴりっと辛みを感じるくらいで、おそらく鳥ダシのうまみが出ている気がします。具のお野菜と一緒に、どちらかというと素材の甘さがじんわりと伝わるカレーです。ですが食べ進めていくと、だんだんとお腹がぽかぽかしてきました。体がスパイスに反応しているようです。

カツは柔らかく、あっさり目でスプーンで切れます。ご飯とカレーと一緒に方張ることが出来る。お弁当のカレーの正しい姿ですね。おいしくいただきました。

★お店情報:中野区中野5-49-10、03-5318-5301、注文8:00-17:50、定休・日祝、こおらいけんホームページ

★関連エントリー:こおらいけんの四角弁当:鶏の唐揚げと五目炊き込みご飯(中野区のお弁当&お総菜)

★関連エントリー:おべんとうやさん・こおらいけんが再移転

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:08 | コメント (0) | トラックバック

2010年8月 4日

和定食の店 松乃家中野店のチキンカツカレー

■カレースタンド的な立ち寄り方が出来るお店

先日いただいた、和定食の店 松乃家中野店のチキンカツカレー(¥510)です。以前から、カレーライスのトッピングにコロッケや唐揚げ、とんかつなどのラインナップを取りそろえていたお店で、行く機会を狙っていました。

中野は、ラーメンの他にもいろいろなカレーが食べられるグルメな街だと思います。一方で、その多くは本場の方が腕をふるった、いわゆるインドカレーがほとんどで、日本スタイルのカレーライスは少々選択肢が限られています。そんな中、こういうお店があるのはありがたいですね。

和定食の店 松乃家中野店のチキンカツカレー

ですが、出していただいたカレーを見て、少々首をかしげました。ルーがざらっとした見た目になっています。実際にいただいてみると、その印象を裏切らないものでした。細かく刻まれた野菜、柔らかく煮込まれたお肉の繊維、スパイス。それらが液状と言うよりはゲル状に固まっていて、ご飯に絡みつきます。口に含むと、最初に甘く次に苦い味。欧風カレーなんですね。

チキンカツは熱々でした。パン粉が大きく、見た目はからりとしていますがお肉はジューシーで、肉汁がじゅっとしみ出てきます。甘くさっぱりとしていて、カレーの苦さとよく合います。スプーンで二つに切れる柔らかさで、カツカレーのようにカツとご飯、ルーの三位一体を味合うことが出来ました。

カレーももちろんですが、揚げたてのチキンカツは油ぎれもよく、さっぱりとおいしいです。カレールーがやや少ない印象があったのですが、テーブルに備え付けてあるおソースと辛子を使って、チキンカツ丼なんて食べ方も出来るかもしれません。

コストパフォーマンス十分。手軽にもりもりカレーライスが食べたいときに心強いお店です。

★お店情報:東京都中野区中野5-68-9、03-5345-7688、24h営業

★関連エントリー:中野通りに、とんかつと和定食の店が出来るようです

★関連エントリー:和定食の店 松乃家中野店の鶏もも肉の黒胡椒焼き定食

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:43 | コメント (0) | トラックバック

2010年7月 2日

ネパール・インド料理スバ中野北口店のチキンカレーとナン

■食感が固い、個性的なナンに特徴

先日、中野サンモールアーケードのネパール・インド料理スバでランチをいただきました。Aコースという、¥690でカレーが一種類ついてくるセットです。カレーはチキンを、そして辛さはベリーホットでお願いをしました。

程なく、料理が運ばれてきました。ナンが特徴的です。表面はぼそりとしていた厚手のビスケットのよう。中は厚めの層になっていて、カレーがたっぷりとからみます。香ばしく、生地が厚いナンは珍しいですね。

ネパール・インド料理スバ中野北口店のチキンカレーとナン

カレーはチキンがたっぷり。皮がついているところ、ナンコツらしい所などバラエティに富んだ部位が入っています。スパイシーさはやや抑えられていて、口当たりのよい本格カレーといった感じですが、唐辛子風の辛さが強い。辛いです。わざわざ指定した激辛、納得の味でした。

添え物?も変わっています。ピクルスでもお付けものでもない、固めでフォークで刺すのがなかなか難しい野菜が酸っぱ辛く、カレーの刺激に慣れた舌をリセットしてくれました。

全体的に量が多いです。さらにナンのおかわりを勧められました。ボリュームたっぷり、大食漢でもOKでしょう。穴場です。

★お店情報:東京都中野区中野5-59-6-3F、03-3389-2925、ランチ11:0 0-16:00、ディナー17:00-23:00


 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:02 | コメント (0) | トラックバック

2010年1月27日

中野駅内のカレーショップが閉店

JR中野駅の改札をくぐらないと食べられなかった、駅ナカのカレーショップが閉店していました。クイックカレースパイスです。

クイックカレースパイス

天井から下げられた看板には面影がありますが、既に入り口は工事のためか囲まれていて伺うことが出来ません。

手軽に食べられるカレースタンドは、実は中野には少ないのですが、だからこそ貴重なお店でした。寂しいです。

★関連エントリー:クイックカレースパイスのチキンカレー(中野区のカレー)

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:07 | コメント (0) | トラックバック

2010年1月22日

かつや中野サンモール店のカツカレー(梅・テイクアウト)

■正しいニッポンのカレーライス

先日いただいた、中野サンモールにあるチェーンのトンカツ屋さん、かつや中野サンモール店のカツカレー(梅・テイクアウト・¥619)です。お弁当にしてみました。

かつや中野サンモール店のカツカレー(梅・テイクアウト)

カツは80gのロースということですが、さっくりとした衣にやわらかいお肉で、スプーンで切ることが出来るほど。豚肉の甘さを引き出しているカツです。

ルーは、なかなかどろりとしていて、味も濃いめ。食べ終わりにちょっぴり辛さが残る、カレーの風味と辛さを両立したものになっています。カツカレーにかけられているルーは甘めと中辛の間くらいの、あまり辛くないものが多いように思います。かつやのルーは、どちらかというと辛い方ですね。

カレー、カツ。そして白米。いろいろなお料理のエッセンスが昇華した、日本のカレーライスです。

★関連エントリー:かつや中野サンモール店のカツカレー(中野区のカレー)

★お店情報:中野区中野5-67-9、03-5913-2739、10:30〜深夜2:00、定休は正月のみ、 ホームページはこちら

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:13 | コメント (0) | トラックバック

2010年1月 7日

ディープジョティのダルカレー(ライス)

■本場カレーライス

先日いただいた、ディープジョティのランチメニュー、ダルカレー(¥680)です。

お店の個性が出ているカレーを、これまた千差万別なナンでいただくのもよいのですが、もりもりお米が食べたい時があります。本格カレーも食べたい。お米も…となったときに最近よく伺っているのが、ディープジョティです。

今回は畑のお肉・お豆がたっぷりと入ったダルカレーを辛さベリーホットで、もちろんライスで注文しました。なお、ランチセットですのでサラダとドリンクが付いてきます。

ディープジョティの魅力はたくさんありますが、盛りが多いのもうれしいところ。特にお願いはしていないのですけれども、ライス、大盛でした…。

ディープジョティのダルカレー(ライス)

いただくと、たっぷりと入った、様々な種類の豆がかなり主張しています。お肉ですと、旨味がカレーと一体となってという風ですが、豆の場合はかなり自己主張が強い。独特な香ばしさが鼻腔を抜けていきます。ざらりとした食感そしてわずかな豆の苦みの後から、ピリ辛を感じます。

この瞬間的に変化する味が、ダルカレーの魅力ですね。

★関連エントリー:Deep Jyoti(ディープジョティ)のほうれん草チキンカレー

★関連エントリー:バラトが店名変更?ディープジョティ

★お店情報:東京都中野区中野5-36-3タカデン中野ビルB1、03-3389-1250、11:00?24:00

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:11 | コメント (0) | トラックバック

2009年10月28日

YAMIYAMIカレー中野店の完熟トマトとほうれん草のチーズカレー(激辛)

■ここでしか味わえない、ヤミヤミ風カレー

ランチに、中野ラーメンストリートにあるカレー屋さんに出かけてきました。YAMIYAMIカレー中野店です。

YAMIYAMIカレーは、お店自身が店内のポップで書いている通り、インド風でも日本風でもアジア風でもない、まさにヤミヤミ風と表現出来る変わったカレーを出しているお店。定期的に食べたくなります。

今日は、何度かいただいたことがある、完熟トマトとほうれん草のチーズカレー(激辛)(ランチメニュー¥700。サラダ付き)をお願いしました。

YAMIYAMIカレー中野店の完熟トマトとほうれん草のチーズカレー(激辛)

前回トマトとホウレンソウのカレーをいただいたときには、それほど辛みを感じませんでした。それもあり、敢えて辛さを一番辛い"激辛"でお願いをしたのですが、今日は辛く感じます。お腹がポカポカしてきました。

サラリとしたルーはライスによく染みこみ、味と香りを強く主張します。具のお野菜が大きいのが嬉しい。トマトもホウレンソウもルーの海にひたひたになっていて、見ただけでも瑞々しそうで、食欲をそそりますね。ジャガイモのように見えるのはチーズで、これがトロリと糸を引きます。日本式と同じようにライスが進む、オンリーワンなカレーライスです。

なお、パクチーは苦手な方はお店の方に言うと、抜いてくれるそうです。

★関連エントリー:アジア型カリー専門店ヤミヤミカリーのチキンとその卵のふわふわカリー(激辛)

★お店情報:中野区中野5-50-3中島ビル1F、03-3389-2137、11:30?16:00(ランチタイム)、17:30?1:00(ディナータイム)、日祝11:30?1:00(売切れ次第終了)

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:31 | コメント (0) | トラックバック

2009年8月11日

タイ料理FUNDEE(ファンディー)のグリーンカレー

タイ料理FUNDEE(ファンディー)■味も雰囲気も本格的。熱気の中で食べれば、なお

以前より、行ってみたかったお店でランチをいただいてきました。西武新宿線鷺ノ宮駅北口すぐにあるお店。うっかりすると見落としてしまいそうな、小さなお店タイ料理FUNDEE(ファンディー)です。

正直に申し上げて雰囲気はかなりアジアンで、その意味では好みがはっきりと分かれるかもしれません。インテリア、食器、並べられた調味料などが”らしく”並べられています。

今日のように雨が上がって太陽が出てきた、湿度が高い時にお邪魔をすれば、東南アジアの街角にふらりと休憩している気分になること間違いありません。

青唐辛子が使われているという、グリーンカレー(¥600)を注文しました。辛くできるとのことで、辛くしていただきました。

タイ料理FUNDEE(ファンディー)のグリーンカレー ココナッツミルクの甘さの奥に、韓国料理ともインド料理とも違った、わずかに酸味が効いた辛さが広がります。お腹に収まった後も、ミルクの香りとお米の甘さが残るので、口当たりは優しいのですが、じわりと辛さを感じます。

お野菜がたっぷり。ジャガイモ、ナス、シメジ、そしてウリでしょうか。大根に似た、柔らかい淡泊なものが入っていました。

お肉は少しで、チキンが何きれか。ですがメニューにあるように、お野菜が中心のカレーで不足感はありません。口直しなのか、皮が少しカットされた、飾りが付いているようなキュウリがワンポイントになっていました。

本場タイの屋台風の外観に見合う、手軽に本格的料理がいただけるお店でした。価格がリーズナブルなのも嬉しいですね。グループで来て、たくさんのお料理をシェアし合うのもいいと思います。

なお、テイクアウトも出来るそうで、食事中もお客様がお弁当を待っていたりしました。

★お店情報:東京都中野区鷺宮3-15、定休・月。タイ料理ふぁんでぃーのホームページタイ料理『FUNDEE』のブログ

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:23 | コメント (0) | トラックバック

2009年8月10日

中野満点食堂のきのこカレー

中野満点食堂のきのこカレー ■意欲的なマッチング

先日いただいた、中野満点食堂のきのこカレー(¥400)です。中野満点食堂とは、JR中野駅北口、中野サンプラザのお隣にある、中野区役所2Fにある食堂。もちろん、来庁者が食べてもOKな、中野の隠れた激安ランチスポット(?)です。

¥430のビーフカレーもあったのですが、きのこカレーの方が、ビーフよりも約100キロカロリー少ない635lcalということで、選んでしまいました。カロリーが書いてあると、やっぱり気にしてしまいますね。

一般的にカレーといいますと、マトンやチキン、あるいはビーフなど動物性タンパク質が添えられているものがほとんど。ベジタブルもありますが、きのことは意外な感じがします。

まずはカレーを見てみますと、その名に恥じず、キノコがたっぷりと入っています。ルーをまとっているため、種類は判別しにくいのですが、しめじやエリンギなどが、ゴロリと入っていました。

食べてみますと、きのこそれぞれのカットが大振りで、しゃっきりとした食感が残っているのも好印象です。さっぱりとしていますね。

この様な食堂の常で、すぐに出てくるのも助かります。

★関連エントリー:中野区役所食堂のカツカレー(中野区地域情報)

★施設情報:東京都中野区中野4-8-1、03-3389-1111(代表)、業務取扱時間は月?金午前8時30分?午後5時(除・祝日)(以上、中野区役所のデータ)。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:38 | コメント (4) | トラックバック


これより新しい10エントリーへ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13