トップ > 中野区のカレー


これより新しい10エントリーへ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13


2009年5月29日

Deep Jyoti(ディープジョティ)のチキンカレー(Aセット)

Deep Jyoti(ディープジョティ)のチキンカレー(Aセット)■メニューはもちろん、店内の雰囲気も接客も満足

ちょっと前に、JR中野駅北口にあるDeep Jyoti(ディープジョティ)でランチをいただきました。ディープジョティのランチは、カレーにサラダ・ドリンク・ライスかナンがついてくるもの。ライスとナンのお代わりが自由というのが嬉しい。また、カレーの種類によって金額が変わってきます。今回はチキンカレー(¥680)をナン、そしてラッシーでいただくことにしました。

ディープジョティではカレーの辛さを選ぶことが出来ます。今回は一番辛い、ベリーホットをお願いしました。店員さんがニヤリとしたのが気になります…。

おそるおそる食べてみました。確かに辛いのですが、激辛というふうではなく、ピリッと舌先に感じる辛さです。口の中全体や、喉までかっと熱くなる風ではなく、後を引かないので食べやすいですね。ルーは液状で、スパイスのざらっとした感じもなく、ナンがよく吸います。

チキンは後からカレーを絡めた風で、味がしみこんでおらず、淡白です。皮付きのものもありましたし、大きいカットのものが何個も入っていました。

ナンはバターが塗ってあり、ふかふかでもっちりしています。小麦の甘さがカレーを引き立てます。ディープジョティ、ナンも印象に残りますね。

味はもちろんですが、ビデオが大音量で流れていない店内、お客を迎え送るときには厨房からも声が出てくる。さらには、お客が食べきれなかったカレーを「テイクアウトで」と店員さんに言うと、包むサービスまで。接客も印象に残りました。特に持ち帰りは、衛生面から場合によったり、常連さんのみのサービスなのかもしれませんが、モッタイナイ精神を感じます。

味も雰囲気も満足したランチでした。

★関連エントリー:Deep Jyoti(ディープジョティ)のほうれん草チキンカレー

★関連エントリー:バラトが店名変更?ディープジョティ

★お店情報:東京都中野区中野5-36-3タカデン中野ビルB1、03-3389-1250、11:00?24:00

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:17 | コメント (2) | トラックバック

2009年5月18日

フレンチカレーミツボシのキノコのサクサクチーズフリットカレー(お弁当)

フレンチカレーミツボシのキノコのサクサクチーズフリットカレー(お弁当)■お弁当。だが、妥協無し

先日いただいた、フレンチカレーミツボシのキノコのサクサクチーズフリットカレー(¥880)です。お弁当で、テイクアウトしました。

こうして見てみると、ルーは少し黒いですね。お店でいただいた時には気がつきませんでした。別に盛られたお米には、お店でちょっぴり待っている時に作られた、丁寧に揚げられたキノコのフリットが6コ載せられています。付けていただいたスプーンでカレーをすくって、早速いただきました。

先割れスプーンだったため、何回かカレーが先からトロリとなってきて、素早く口に入れました。最初に甘く、次に辛みを感じるミツボシ独特のルーはお店と同じですね。

ほくほくに揚がったフリットは、何種類かのキノコが使われているようですが、いずれも大振りで衣はさくっと、中はキノコのしっとりとした歯触りがあります。淡白で、ちょっぴり繊維を感じ、カレーの刺激で興奮した舌を沈めてくれますね。しかし温度はルーとは別に刺激的。アツアツです。

ルーもライスも、そしてトッピングもややボリュームがあります。お腹がいっぱいになりました。カレーのお弁当ですが、味も出来映えも量も、お店でいただくのと変わらないと感じました。

★お店情報:東京都中野区新井2-1-1、03-3388-9070、11:00?15:00、18:00?21:00、無休

★関連エントリー:フレンチカレー★★★ミツボシのミツボシカレー

★JR中野駅周辺のカレーショップに関するエントリー
デシュカフェ&レストラン 南アジア料理の特別ランチ チキンカレー&ナン

インド&ネパール料理 ミラン中野店のAランチセット(チキンカレー、ラッシー、ナン)

・カレーマニアカリーブのカレーライス(チキン)

アイヌ料理店レラチセの鹿肉の煮込みカレー

はなまるうどん中野通り店のカレーうどん(中)とちくわ磯部揚げ

胡椒亭のチキンカレー

La Corona(ラ コロナ)の極カレー

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:29 | コメント (4) | トラックバック

2009年5月 8日

アジア型カリー専門店ヤミヤミカリーのチキンとその卵のふわふわカリー(激辛)

アジア型カリー専門店ヤミヤミカリーのチキンとその卵のふわふわカリー(激辛)■甘さと淡白さが、辛さをさらに引き立てる

中野ラーメンストリートの北限近くにあるカレー屋さん、アジア型カリー専門店ヤミヤミカレーで、先日ランチをいただきました。チキンとその卵のふわふわカリー(ライス、サラダ付きで¥700)です。

ヤミヤミカレーでは、辛さを選ぶことが出来ます。その案内の表示に「激辛?」とあり、「超激辛で」とお願いをしたところ、「はい、激辛で」と店員さんに答えていただきました。上限は激辛のようです。また、香草パクチーが苦手な方は、注文の時にその旨を店員さんに言うと、抜いてもらえます。

激辛をお願いしておいて恐縮ですが、淡白な鶏肉そしてふわふわな卵がトッピングされていると言うことで、”甘く”考えていました。逆です。鶏肉の風味で舌がリセットされ、卵の甘みを感じる。ですから、余計にカレーを辛く感じます。YAMIYAMIカレー中野店の完熟トマトとホウレンソウのチーズカレー(激辛)では、率直に申し上げてそれほど辛みを感じなかったのですが、辛い。心なしか、パクチーの風味も強く感じました。

鶏肉は大きなものがゴロゴロと入っていて、お得感があります。皮付きです。卵はメニューの名前の通り、ふんわり。カレーに混じると食感が楽しく、甘さもあり、存在感がありました。

辛いカレーをいただきたい時には、有力な候補となるメニューです。

★関連エントリー:ヤミヤミカリー中野店の完熟トマトとほうれん草のチーズカリー(中野のカレー)

★お店情報:中野区中野5-50-3中島ビル1F、03-3389-2137、11:30?16:00(ランチタイム)、17:30?1:00(ディナータイム)、日祝11:30?1:00(売切れ次第終了)

★近くにある激辛味噌ラーメンのエントリー:味噌一中野店の爆発(太麺)

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:31 | コメント (0) | トラックバック

2009年4月 6日

YAMIYAMIカレー中野店の完熟トマトとホウレンソウのチーズカレー(激辛)

YAMIYAMIカレー中野店の完熟トマトとホウレンソウのチーズカレー(激辛)■瑞々しいホールトマトがアクセント

先日いただいた、YAMIYAMIカレー中野店のランチメニュー・完熟トマトとほうれん草のチーズカリー(激辛)(¥700)です。以前は辛口をいただいたので、今回は一番辛いものに挑戦してみました。

見た目は、辛口とそれほど変わりません。いただいてみると…最近は辛いものに慣れたためか、激辛ではない印象を持ちます。

辛さの代わりに印象に残ったのが、チーズでした。とにかくよく伸びます。YAMIYAMIカレーは具が盛りだくさんで、しかも大きいです。そのため、さらに伸びるチーズが加わると、スプーンですくうのが難しい。ライスとルーは収まったものの、口からスプーンまで細くチーズが糸を引いている…などということになってしまい、周りを気にせずにはいられませんでした。辛いカレーの中で、甘みを感じるトッピングです。

ですが、存在感があるのはトマトでしょう。ごろんとルーの中に鎮座するホールなトマトが、カレーを定義しています。瑞々しく、程よい酸味が加わるのです。パクチーがあるため、アジア料理然という香りがしていますが、トマトの酸味はおなじみのもので、カレーをぐっと日本人向けに引き寄せています。

なお、パクチーは苦手な方はお店の方に言うと、抜いてくれるそうです。

★お店情報:中野区中野5-50-3中島ビル1F、03-3389-2137、11:30?16:00(ランチタイム)、17:30?1:00(ディナータイム)、日祝11:30?1:00(売切れ次第終了)

★近くにある激辛味噌ラーメンのエントリー:味噌一中野店の爆発(太麺)

(2009/09/06 注:文中「ホールトマト」という単語を使っておりますが、火を通してあると思われる丸ごとのトマトが使われているというニュアンスであり、いわゆるホールトマト缶詰の使用を指してはおりません。公開後に改めてエントリーを確認したところ、誤解を招く表現があったことをお詫び致します)

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:28 | コメント (0) | トラックバック

2009年2月20日

手切り牛タン焼 もつ鍋・だちょうの店・唐兵衛の牛タンカレー

手切り牛タン焼 もつ鍋・だちょうの店・唐兵衛の牛タンカレー■ギャップがおいしい

以前いただいた、手切り牛タン焼 もつ鍋・だちょうの店・唐兵衛の牛タンカレー(サラダ、テールスープ付き、¥840)です。JR中野駅周辺にはインドやネパールの人たちが腕をふるう本格的なカレー、カツ丼専門店のカツカレー、おそば屋さんのカレー、喫茶店のカレーなど、とてもバリエーション豊かなカレーが食べられます。そんな中でも、珍しいと思っていたのが、牛タンのお店の牛タンカレーでした。

出てきました。見た目は、家庭的な感じで、スパイスの気配はしません。福神漬けが予め載せられています。

食べてみると、野菜やフルーツが使われているのでしょうか。甘いです。そして辛い。2つの味が混在した、手の込んだカレーとなっています。

牛タンは煮込まれておらず、下ゆでしたものをスライスし、お皿に敷いて、その上からカレーをかけたという風です。シチューの時と同じで、定食でいただく牛タン焼きとは違って厚みがあります。素人の考えですと、コトコトと煮込んだ方が柔らかく味も染みこむのではないかと発想してしまいますが、素材を知り尽くした専門店ならではの使い方でしょう。味に個性があるカレーの中で、さっくりとした食感と淡泊な味が、逆に存在感を出していました。

カレーの味。牛タンとカレー。そのギャップがおいしいランチのカレーでした。

★関連エントリー:牛たん 炭火焼 唐兵衛の和牛とろ丼(中野区の和食&うどん&そば)

★お店情報:中野区中野5-56-10 村井ビル1F、03-3387-6078、11:30〜14:30、17:00〜24:30、定休・月

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:45 | コメント (0) | トラックバック

2009年2月10日

ザ・タンドールのチキンカレー

ザ・タンドールのチキンカレー■スパイスの存在感

以前いただいた、西武新宿線新井薬師前駅すぐのザ・タンドールのチキンカレー(¥750。お代わりできるナンorサフランライスとサラダ、ラッシーのセット)です。拝見しているブログピエールの東京カレー紹介「ザ・タンドール」中野区・新井薬師で知ったお店で、鍋横にあるボビさんの弟さんのお店だとか。

店内は細長く、カウンターのみでした。目の前でナンの生地を伸ばし、焼いてもらえます。

ナンが大きいですね。そしてふっくらとしています。Deep Jyoti(ディープジョイ)に似た感じの、甘めの生地です。

カレーはペースト状で、ざらりとしていました。時々スパイスが混じっていて、苦かったりと、独特のすがすがしさが広がります。ピリ辛で、もうすぐ食べ終わるかというタイミングで体がぽかぽかとしてきて、うっすらと汗がにじみました。辛みとハッカのようなすっきりさを味わえる、スパイシーなカレーです。

★お店情報:東京都中野区上高田3丁目41-3、03-3388-6410

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:34 | コメント (0) | トラックバック

2009年1月30日

インドネパールレストランnangloのチキンカレー&ナン

(2010/05/07追記:このお店は閉店しました)

インドネパールレストランnangloのチキンカレー&ナン■焼き上げる釜にこだわった、ナンがおいしい

先日いただいた、JR中野駅南口にある、インドネパールレストランnangloのチキンカレー&ナン(カレー1種とナンorライス、サラダのAセット¥750)です。

ライスを注文するつもりだったのですが、看板などで本格的な石釜を使った調理、そしてナンをフィーチャーしていたので、ナンにしました。石釜は特にこだわっているようで、階段にその旨の案内文が書いてあります。期待が高まります。

オーダーの時に辛さを尋ねられました。1から5までの段階があり、3が中辛とのこと。そこでちょっぴり辛めに、4をお願いしました。

出てきました。ナンはかなり厚みがあります。ふっくらとしていて、カレーをよく含みます。バターは控えめ。裏がまんべんなく薄く色づいていて、香ばしい。粘りけがあり、なかなか食べ応えがあるナンです。

カレーは、なるほどピリリとします。やや太めに千切りされたしょうががアクセント。チキンはどの様なものだろうと思ったら、骨付きではない、切られたブロックが3つ入っていました。食べやすくていいですね。ピクルスのようなタマネギがお皿に添えられていますが、カレーよりもこちらの方が辛く、酸っぱかったです。

辛めのカレーはもちろんですが、ナンが印象に残るカレー屋さんでした。

ぐるなびのnangloのページや、ピエールの東京カレー紹介さまの「ナングロ(nanglo)」中野区・中野では、ネパールの雰囲気をねらったという店内の写真を見ることが出来ます。

★関連エントリー:JR中野駅南口にカレー屋さん

★お店情報:東京都中野区中野3-34-24 千野ビルB1、03-3384-8404、11:00?15:00、17:00?23:00、不定休

★nangloと同じ建物にあるレストランのエントリー
ラーメン・カレー タブチの辛口カツカレーライス(中野区のカレー)
中華料理とらーめんの店 れんが亭のカキフライライス(中野区の洋食)

★JR中野駅南口のカレー店のエントリー
TASTE SPICE HOUSE AND BARのマトンカレーとナン
カレーハウス RD-1のチキンカレー

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:12 | コメント (2) | トラックバック

2009年1月19日

Deep Jyoti(ディープジョティ)のほうれん草チキンカレー

Deep Jyoti(ディープジョティ)のほうれん草チキンカレー■個性ある、サグとナン

Deep Jyoti(ディープジョティ)のほうれん草チキンカレーのセット(¥800)をいただきました。ナンとホットのチャイをお願いしました。また、サラダが付いてきます。

オーダーをしてしばらくすると、厨房の方向から、ジュワッ!ジュージューと大きな音がしました。大人数の中華料理を作っているかのような、多くの油がはぜるような音。インド料理屋さんで聞いたことがない音です。どの様な工程でカレーを調理しているのか、少し気になります。

ほどなく、お料理が運ばれてきました。まず目にはいるのがナン。大きいですね…。いただいてみると、柔らかく、そして小麦の甘さが強い。焦げ目も控えめで、パンケーキのようなナンです。バターの香りが、より甘さを引き立てています。

一方カレーはさっぱり目です。ほうれん草の苦みなども抑えられていて、いい意味で薄味ですね。スパイスの香りはするのですが、味はマイルドになっています。いわゆる本場のカレー然としていません。嬉しかったのが、ルーが熱かったこと。先ほどの調理の時の音のためか、アツアツでした。また、かなりペースト状になっていて、ナンですくい上げやすく、食べやすかったです。

Deep Jyoti(ディープジョティ)のほうれん草チキンカレー、ライスようやくナンが一区切りしようかと言うところで、店員さんにお代わりは如何ですか、と声をかけていただきました。するつもりはなかったのですが、せっかくだからとライスをお願いしました。すると…ライスも多い。意を決して食べ始めました。

サフランの色は強いですけれど、お米は日本米のようで粘りがありました。さらりとしたお米も良いですが、やっぱり日頃食べ慣れたご飯でカレーをいただくと、余計に食が進みます。

ナンとライスをいただいて、お腹一杯になりました。味、ボリューム、そして接客。コメントでいただいたことや、他のブログで書かれていることを実感しました。好印象です。

それから、多くのインド料理店と同じように、店内にテレビがありますが、日本のテレビ番組を放送してました。珍しいと思います。

★関連エントリー:バラトが店名変更?ディープジョティ

★お店情報:東京都中野区中野5-36-3タカデン中野ビルB1、03-3389-1250、11:00?24:00

(2009/06/01:一部修正しました)

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 18:21 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月12日

フレンチカレー★★★ミツボシのミツボシカレー

フレンチカレー★★★ミツボシのミツボシカレー■オシャレな外観、お洒落なカレー

先日、タイミング良くオープン間もないフレンチカレーミツボシ★★★でランチをいただきました。ミツボシカレー(¥680)です。

カウンターに座って厨房を覗いていると、カツはお肉から丁寧に下準備を初めて調理をしていました。これは時間がかかりそう。一方、ミツボシカレーはオーソドックスなメニューなのか、オーダーをしてから割と早くに出していただきました。先に席に着かれていて、カツレツカレーを待っている他のお客様にひけめを感じながら、いただきました。

スプーンで口に運んでみると、デミグラスソースのようなコクと、フルーツの甘さが口に広がります。そしてその次に、スパイシーな辛さが。テーブルの上のメニューに書いてあった、そのままの味です。辛さは、なかなか立っています。激辛という程ではないのですが、最初に甘みを感じるからか、辛さの振り幅が広く、余計にピリッとするのかもしれません。素材の甘さとスパイスの辛さが、見事に両立しているカレーです。

お肉の煮込み加減も絶妙。とろりとしていて、スプーンでも簡単に小さくすることができました。

混み合う店内で、次々に出されていくカレー達。店員さんが「辛口出ま?す」というのが気になりました。メニューをよく見ると、「甘口にします」という旨は説明がありますが、辛口というのは見あたりません。今度、お尋ねしようと思います。

プロレス団体のDDTさまが経営しているということですが、プロレスという言葉から想像される荒々しい要素は全くなく、とてもおしゃれで上品なカレーが食べられるお店だと感じました。ミツボシカレーのお隣は、行列が必至な有名店、永楽。今のところは次々と店員さんがさばいていますが、それでも入りきれないお客さんがいらしたりしましたから、ひょっとしたら永楽と2つの行列が出来るかもしれません。

★お店情報:東京都中野区新井2-1-1、03-3388-9070、11:00?15:00、18:00?21:00、無休

★関連エントリー:フレンチカレーミツボシがオープン

★JR中野駅周辺のカレーショップに関するエントリー
デシュカフェ&レストラン 南アジア料理の特別ランチ チキンカレー&ナン

インド&ネパール料理 ミラン中野店のAランチセット(チキンカレー、ラッシー、ナン)

・カレーマニアカリーブのカレーライス(チキン)

アイヌ料理店レラチセの鹿肉の煮込みカレー

はなまるうどん中野通り店のカレーうどん(中)とちくわ磯部揚げ

胡椒亭のチキンカレー

La Corona(ラ コロナ)の極カレー

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:40 | コメント (6) | トラックバック

2008年11月18日

JR中野駅南口にカレー屋さん

(2010/05/07追記:このお店は閉店しました)

20081118-nanglo.jpgJR中野駅南口に見慣れないお店を見つけました。インドネパールレストランnangloです。

店頭には¥750からのランチメニューが紹介されていました。カレーの種類は、チキン・キーマ・ベジタブル・マトン・日替わりの5種類。カレーとナンでテイクアウト¥500のメニューもあります。

中野駅北口では、続々とカレー屋さんが登場していますが、南口も賑やかになってきました。

nangloは、大盛りで有名なタブチの建物の地下にあります。

★nangloと同じ建物にあるレストランのエントリー
ラーメン・カレー タブチの辛口カツカレーライス(中野区のカレー)
中華料理とらーめんの店 れんが亭のカキフライライス(中野区の洋食)

★JR中野駅南口のカレー店のエントリー
TASTE SPICE HOUSE AND BARのマトンカレーとナン
カレーハウス RD-1のチキンカレー

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:15 | コメント (0) | トラックバック


これより新しい10エントリーへ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13