トップ > 中野区のパン


これより新しい10エントリーへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


2007年12月19日

Bonjour Bon(ボンジュール・ボン)のクリストシュトーレン

Bonjour Bonのクリストシュトーレン■見た目を裏切る存在感と味

ボンジュールボンのクリストシュトーレン(¥490)を食べました。

お店で探したところ見当たりません。よく見ると、入り口すぐの左側、特設コーナーに置いてありました。…小さい、想像していたよりもかなりコンパクトです。ロールケーキやブッシュ・ド・ノエルをイメージしていました。10センチくらいの長さでしょうか。お総菜パンよりもふた回りほど小ぶりで、これがシュトーレンかと、まず驚きました。

そしてその驚きは続きます。手に取ると…重い!見かけよりもズシリとします。パン屋さんで感じる重量ではありません。戸惑いながらも買い求めました。

ボンジュールボンの看板では、「週末ごとにうすくスライスして」と説明がありましたので、薄く切ってみます。中には、ドライフルーツがぎっしりです。これらが比重を重くしているのかもしれません。

Bonjour Bonのクリストシュトーレン(切ったところ)いただくと、かかっているお砂糖がぽろぽろと落ちるのが気になりますが、フルーツの風味がすごい。ふんわりとしているもののさっくりと適度な固さもある生地に包まれて、オレンジピールやレーズンが口いっぱいに広がります。ナッツも香ばしい風味と食感を変えていて、いいですね。

パンともクッキーとも違う、これまであまりいただいたことがない生地はクセになります。もう少しカットしていただいてしまいました。

小さいのに重くて、どこか無骨なのに繊細な食感と風味で?。良い意味で裏切られる、心憎いお菓子です。

★関連エントリー:ボンジュールボンでもシュトーレンが

★お店情報:中野区中野5-59-8、03-5345-6260

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:51 | コメント (2) | トラックバック

2007年12月14日

ラ クロシェット(BOULANGERIE LA CLOCHETTE)のメロンパン

ラ クロシェット(BOULANGERIE LA CLOCHETTE)のメロンパン■食感と風味が柔らかいメロンパン

先日いただいた、ラ クロシェット(BOULANGERIE LA CLOCHETTE)のメロンパン(¥150)です。

きれいな形をしたメロンパン。口に近づけるほど甘い香りがします。いただくと、定番の表現ですが外はさっくり、中はふんわり2つの食感です。外側のクッキー生地は、ほどよいさくさく感で、食べていてぼろぼろしません。ふっくらの中のクリームはカスタードでしょうか?でもかすかにメイプルの匂いもしますが、外の生地と同じくしつこくない甘さです。

ぺたぺたしないため、食べやすい。そして食べ進めていくと、パンの裏のわずかなお焦げの部分が表れて、カラメルのような風味が加わります。軽い食感と甘さが上品なメロンパンです。

こぶりなので、つい2つ目が欲しくなりました。

★関連エントリー:BOULANGERIE LA CLOCHETTE(ラ クロシェット)の焼きカレーパン

★お店情報:東京都中野区新井2-38-13フォーチュン中野101、03-3389-7450、8:30?19:00、定休・日、第3月曜

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:16 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月 7日

BOULANGERIE LA CLOCHETTE(ラ クロシェット)の焼きカレーパン

BOULANGERIE LA CLOCHETTE(ラ クロシェット)の焼きカレーパン■あっさりパンに濃厚カレー

先日いただいた、BOULANGERIE LA CLOCHETTE(ラ クロシェット)の焼きカレーパン(¥160)です。ラ クロシェットのエントリーでは、たくさんの方々から本当にいろいろなおいしいパンをご紹介いただきました。そんな中で、今回お店に行った時に出会えたのが焼きカレーパンとメロンパン。食べるのを楽しみにしていたパンたちです。

焼きカレーパンは、当たり前ですけれど揚げておらず焼いてあるので、パンそのものはあっさりした感じ。ですがバターが塗られているであろう表面はつるつるで香ばしいですし、弾力もなかなかです。

カレーは味が濃い。ピリ辛の中にかすかな苦みがあり、本格派。具では特にタマネギが、さくさくしていました。パンの中が空洞になっておらず、しっかり詰まっているのもうれしいですね。

トッピングされているゆで卵とチーズが効いています。卵はカレーをマイルドにしますし、チーズは香りが立っていて、お互いの相乗公開でより風味が引き立つアクセントになっていました。作り込まれた、オンリーワンなカレーパンです。

★関連エントリー:頑固パンのカレーパン(中野区のパン)

★関連エントリー:パン屋さん、BOULANGERIE LA CLOCHETTE(ラ クロシェット)

★関連エントリー:BOULANGERIE LA CLOCHETTE(ラ クロシェット)のクランベリーベーグル

★お店情報:東京都中野区新井2-38-13フォーチュン中野101、03-3389-7450、8:30?19:00、定休・日、第3月曜

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:18 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月14日

ボンジュール・ボンのカレーパン

ボンジュール・ボンのカレーパン■名物総菜パンの大胆なリニューアル

新しくなった、ボンジュールボンのカレーパン(¥126)を先日いただきました。

手提げのビニール袋を断り、紙袋のままバッグに入れたせいかぺちゃんこになってしまい、コロッケみたいです。お店で見た時は、もう少し膨らんでいました。

食べてみると、つぶれてしまったかのような外見ですが、さくっとしています。作りたてであったからか、改良されたのかはわかりませんが、生地がかなりもちっとしていますね。表面も、ハッシュポテトのようにささくれ立った部分がカリッとしていて、こちらは歯ごたえが爽やか。食感のコントラストが楽しいカレーパンです。以前のパンもそうでしたが、粘りけとサクサク感がパワーアップしています。

ゆで卵が無くなった具のカレーですが、増量は確かで明らかにわかるほど。30%UPは伊達ではありません。

これまでのボンジュール・ボンの名物カレーパンとは違います。新しいカレーパン、自らそういうだけのことはあります。

★関連エントリー:ボンジュールボンのカレーパンが変わった模様

★関連エントリー:ボンジュールボンのゆで卵入りカレーパン(中野区のパン)

★お店情報:中野区中野5-59-8、03-5345-6260

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:14 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月 2日

シャルマンのチキンサラダとタマゴ

シャルマンのチキンサラダとタマゴ■プロの手作り感

先日いただいたサンドイッチ、中野ブロードウェイ4Fにあるシャルマンのチキンサラダと玉子(¥230)です。

正直に申し上げて、パッケージを開いたときはやや違和感を感じました。ソースなどが他に付かないように、セロファンなどを挟んであるメーカー製のサンドや、ラップでくるまれているパン屋さんのものとは違い、無骨な感じは否めません。

しかし食べ始めると、それが杞憂であったことがわかります。

パンは焼き色が付いていますがふっくらとしていて絶妙な歯ごたえ。香ばしい匂いがするものの、食感はとても柔らかいのです。具として挟まっているタマゴは味付けがちょうどよく、大きめカットの白身もいい。玉子は調味料の味が濃かったり、素材本来のものを引き出しているもののやや匂いやパサつき感が出るなど、単純そうながら出来にブレがあるのですが、いい意味で中道です。

チキンサラダは、さすがにちょっとマヨネーズなどが容器の下にしみ出していました。それでも、パンは水気を帯びておらず、さっくりとしています。たっぷりのチキンも食べ応えがありますが、タマゴの薄焼きとサニーレタスでしょうか、野菜が入っているのも好印象。

見た目の大胆さと違い、繊細な出来上がりのサンドイッチでした。

★関連エントリー:シャルマンのカレーピラフ(中野区のお弁当&お総菜)

★お店情報:中野区中野5-52-15ブロードウェイ4F、03-3387-7537

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:27 | コメント (2) | トラックバック

2007年10月26日

BOULANGERIE LA CLOCHETTE(ラ クロシェット)のクランベリーベーグル

BOULANGERIE LA CLOCHETTE(ラ クロシェット)のクランベリーベーグル■香ばしくてモチモチ

先日いただいたパンをご紹介します。BOULANGERIE LA CLOCHETTE(ラ クロシェット)のクランベリーベーグル(¥160)です。

パン屋さん、BOULANGERIE LA CLOCHETTE(ラ クロシェット)では、既に行かれた方から焼きカレーパンやチョコパン、クリームパンやメロンパンなど多くをお勧めいただいています。今回はお店に行ったタイミングもあり、クランベリーベーグルを選びました。

ベーグルというとシンプルで素材の味を楽しむといった感がありますが、ラ・クロシェットのものは違います。薄く焼き色が付いていて、レーズンのように大きなクランベリーがポンポンと練りこまれているのです。

いただいてみると、食感が抜群。もちっとしすぎていたり、さくっとしていたりと好みもあるので加減が難しいのですが、弾力の後にぷちんと切れるような感じが絶妙です。表面の香ばしさと、ベリーのちょっぴりな酸っぱさがよいアクセントになっていて、ともすれば単調になりがちなベーグルに個性を与えています。

ベーグルがこれでしたら、他のパンも食べるのが楽しみです。

★関連エントリー:パン屋さん、BOULANGERIE LA CLOCHETTE(ラ クロシェット)

★お店情報:東京都中野区新井2-38-13フォーチュン中野101、03-3389-7450、8:30?19:00、定休・日、第3月曜

(2007/11/20:営業時間を修正しました)

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:56 | コメント (4) | トラックバック

2007年7月15日

天然酵母のパン ボンジュール・ボン中野店の蒸し鶏と水菜の梅サンド

天然酵母のパン ボンジュール・ボン中野店の蒸し鶏と水菜の梅サンド■さっぱり涼しげ、ヘルシーサンド

先日いただいたパンをご紹介します。ボンジュールボンの蒸し鶏と水菜の梅サンド(¥262)です。

パンそのものはしっかりとした食感で、生地に織り交ぜられているナッツ風のものがアクセントとなっています。梅風味のサンドということですが、それらしいソースなどは外見からは見えず、何らかのオイルがかけられてるのかな、という印象。ひょっとしたら下味程度に使われているのかもしれません。

目立っているのは、見ての通り水菜で、外にはみ出してくるくらいたっぷり使われています。

いただいてみると、鶏肉の風味とレタスの優しい味。レタスと水菜がまるでミルフィーユのように丁寧に織り込まれ、パンに収まっていました。梅の味は感じられませんでしたが素材の味を楽しめました。水菜は元々、鶏肉にはかけられたドレッシングが味ではなくみずみずしさを加えていて、さっぱりと食べられます。

どこか夕立後の夏の夕方のような、爽やかな季節を感じたサンドイッチでした。

★関連エントリー:Bonjour BONのカスクルート(パストラミローストビーフ)

★お店情報:中野区中野5-59-8、03-5345-6260

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:13 | コメント (2) | トラックバック

2007年6月21日

Bonjour BONのカスクルート(パストラミローストビーフ)

20070621-CASSE-CROUTE.jpg■辛みを味わう、大人なサンドイッチ

ボンジュールボンのカスクルート(パストラミローストビーフ)(¥367)をいただきました。

包まれているフィルムを取り口元に運ぶと、まずレモンの香りを感じました。以前チキンバーガーをいただいたときも、レモンの存在感が立っていましたが、ボンジュールボンの一つの特徴なのでしょうか。

一口食べるとローストビーフに当たらず、レタスとパンを味わうことになりました。最初の印象通りレモンの風味が口に広がりますが、続いて感じるのがマスタードの辛さ。かなり強いです。

パンはカスクルートの名前の通り、多少固さがあるフランスパン。いわゆるサンドイッチと違い具でへたらず、レタスとビーフをかむ勢いで口に入れることが出来ます。

ローストビーフにたどり着くと、今度はペッパーが加わり、よりスパイシーになりました。トマトの風味がやや口直しとなりますが、スパイスの刺激は止まりません。最後まで、ペッパーとマスタードの風味が残ります。小麦粉が連想されるソフトな外観と裏腹に、パンチの効いたサンドイッチでした。

★関連エントリー:ボンジュールボンのゆで卵入りカレーパン(中野区のパン)

★お店情報:中野区中野5-59-8、03-5345-6260

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:48 | トラックバック

2007年4月20日

ボンジュールボンのチキンバーガー

ボンジュールボンのチキンバーガー■パンも鶏肉も柔らかなサンド

先日いただいたパンをご紹介します。中野サンモールにあるパン屋さん、ボンジュールボンのチキンバーガー(¥315)です。お店の前を通りかかったら、ポップで新商品として紹介されていて、早速試してみた総菜パンです。

外見は、ちょっと黒ごまが主張をしすぎているかな、という印象。チキンは、味がしっかり染みていそうですが、堅めな感じがします。

食べてみると、柔らかい口当たりと味。いわゆるハンバーガーのバンズではなく、しっとりとした食感で、味が甘めです。どこか繊維質で、筋張っているかと思った鶏肉も十分に柔らかく、食べやすい。部位にもよりますが、全般的にほろりと噛み切れるくらいの堅さです。

店頭ポップには、トマト、レタス、レモンチキンステーキをゴマのパンでサンドとありましたが、味はほとんど、パン本来の甘さと鶏肉の甘辛ソースを感じます。甘辛なのに後味がさっぱりしているのは、レモンの効果なのかもしれません。

★関連エントリー:ボンジュールボンのいちごみるく

★お店情報:中野区中野5-59-8、03-5345-6260

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:08 | コメント (0) | トラックバック

2007年3月16日

ボンジュールボンのいちごみるく

ボンジュール・ボンのいちごみるく■洋菓子のような、生フルーツが載った菓子パン

先日いただいたパンをご紹介します。中野サンモールにあるパン屋さん、ボンジュール・ボンのいちごみるく(¥126)です。

今、ボンジュールボンでは、いちごフェアをやっています。イチゴをつかった、いろいろなパンが売られていました。その中で、スライスされた苺が目立つ、いちごみるくを買ってみました。

早速いただいてみると、ちょっと食べにくい。パンはO型で、真ん中がくりぬいてあり、そこにクリームが収まっています。そのため、見た目以上にクリームが入っているのです。しかし、中心が空洞なので押さえが効かず、くたっとなりがち。上品に食べるのはあきらめ、大口でがぶりと食べることにしました。

パンはまるでパイ生地のように、さくりとしています。生地そのものに加えて、練乳とカスタードクリームの風味が重なり、3種類の甘さのハーモニーとなっています。練乳がかけられているのが少なかったのですが、食べてみて印象が変わりました。かえって甘さのアクセントがついてよかったです。

イチゴは載せられているだけなので、落下に注意!です。うっかりと1つ落としてしまいました…。飾られてたスライス苺は、その甘酸っぱさが、パンの甘さを引き立てていました。パンなのにフルーツが食べられるのが、変わっていますね。

苺とパンの、2つの甘さが味わえる、贅沢なイチゴパイといった趣のパンです。

★関連エントリー:ボンジュールボンのミックスサンドイッチ

★お店情報:中野区中野5-59-8、03-5345-6260

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:29 | コメント (0) | トラックバック


これより新しい10エントリーへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11