トップ > サイト運営


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


2018年4月 3日

国税庁Webサイトが、URL変更で混乱

サイトの移転の時にはいろいろと準備をしておくものですが、政府のホームページということで難しかったのでしょうか。国税庁のサイトが混乱しているとのことです。

国税庁Webサイト、全URL変更で混乱 サイト内検索も役立たず、「無限ループ」状態に(ITmediaニュース)

年度替わりで参照することも多いと思います。ちょうどのタイミングが徒になりました。

検索エンジンのクロールは、相手のあることなので何ともいえませんが、一般のサイトですと結構な頻度で回ってきています。時間の問題と思いますが、ユーザーをどう誘導するのかは気をつける必要がありますね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:58 | コメント (0) | トラックバック

2018年3月 7日

中野ブロードウェイのダイソー、撮影OK

中野ブロードウェイの地下に、100円ショップのダイソーがあります。中野ブロードウェイを抜けた先にも、3階建てのビルのダイソーがあるので、とても近くに2軒があることとなります。ですが、中野ブロードウェイのダイソーは、ちょっと品揃えが違います。

ビルの方のダイソーは、日用雑貨が中心です。一方で中野ブロードウェイのダイソーは、色合いが綺麗だったり、ちょっとおしゃれな感じのものが多いです。珪藻土のコースターを探していたのですが、もくろみ通り!中野ブロードウェイのダイソーで買うことが出来ました。

中野ブロードウェイのダイソー

買った後で気がつきました。このお店、カメラOKというステッカーです。インスタグラム、ツイッター、ライン、フェイスブックのアイコンも見えます。中野ブロードウェイの他のお店や買い物のお客さまには気をつける必要がありますが、店内は撮影とSNSの投稿が自由なのですね。

こういったマーケティング、最近取り組みが始まっています。

★お店情報:ダイソー中野ブロードウェイ店のサイト

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:22 | コメント (0) | トラックバック

2018年2月26日

SymantecブランドのSSL/TLS証明書の取り扱いについて

ホームページの運営に不可欠なSSLの証明書について、注意を要する記事がありました。シマンテックの証明書を使っている場合は、特に注意です。

そのSSL/TLS証明書は大丈夫? Google Chromeからhttpsサイトとして信頼してもらえなくなる場合も!?(INTERNET Watch)

セキュリティを高めるため、事実上SSLは必須になりました。その様な流れに対応して、サービスを提供する会社さまもいろいろなプランを用意していて、一昔前に比べて価格もずいぶんと落ち着いています。

ですので、後半はやや広告的な記事となっているような。とはいえ、ユーザーにしてみたらいきなり警告が出てくるのはびっくりするでしょうから、事前の対応は必要です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:02 | コメント (0) | トラックバック

2018年2月23日

艦これ公式Twitterが凍結される

「艦これ」公式Twitterが"凍結" 第三者が「DMCA」悪用、虚偽通告か

インターネットでちょっとした騒ぎになっていたことが記事になっていました。事実関係のみがまとめられています。

ちょうどユーザーへの案内としてツイッターを使っていたようで、ゲームを進めるための公式の案内が突然無くなってしまったことから、余計に騒ぎになったようですね。

顛末も記事の通りで、誤った著作意見侵害の申し立てからアカウントが停止となり、その後運営元が対応して復旧したとのこと。Twitterは、最近こういったお話を耳にすることが多いように思われます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:33 | コメント (0) | トラックバック

2018年2月20日

飲食店団体によるドタキャン防止システム

「申し込み殺到でサーバがパンク状態」 飲食店"ドタキャン"防止システム 19日からスタート

ネットでも話題になった、飲食店のドタキャンについて、関係の団体がシステムの運用に乗り出したとのことです。話題になったケースでは、見る限りSNSの投稿を見たたくさんの善意の方が急遽立ち寄り、事なきを得たものが多いです。ですが実際には泣き寝入りをしていることも多いでしょう。

記事の中のサーバーの下りであったり、リンク先のサイトの表現であったりと、いろいろと考える点は多いですが、全体的に手作りっぽい感じがします。

飲食店限定ということで、いたずらや悪意を持った者が勝手に「迷惑者」として登録をすることはなさそうですが、運用を始めてからどうなるか。舵取りが求められそうです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:48 | コメント (0) | トラックバック

2018年2月14日

企業によるFacebookやInstagram活用ポイント

キリンとメルカリが語った、FacebookやInstagramを広告で活用する事例とポイント(Web担当者Forum)

SNSの種類によっては、ユーザーとの距離が違います。また、距離感を間違えると「ウザい」と思われてかえって逆効果になるので、慎重さも求められます。

記事で紹介されている企業はいずれも大企業で、テレビ広告をバンバン打つようなところです。一方ネットの使い方は細かな戦略を立てていることがわかります。また、広告枠を有効に使っています。

まあ、大手広告代理店も入って、チームを組んでいるのだろうなと言うことはやっかみな考え方もしれません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:31 | コメント (0) | トラックバック

2018年2月13日

YouTubeが悪質ユーチューバー対策を強化

YouTube、悪質ユーチューバー対策を強化 広告掲載停止など(Itmediaニュース)

身の回りでユーチューブへの投稿の際に気をつけなければいけない案件はありません。Youtubeを含めた、Googleなどのサービスを利用するときの問題提起と受け取りました。

事実とは異なる動画が投稿されたとき。SNSなどに誹謗中傷目的の書き込みがされたとき、対応するのが外国の会社ですと対応が難しくなることがあります。

また、逆にこれは大丈夫だろうと思って載せたことが、思わぬトラブルとなって削除されたり、アカウントが停止されたりということもあり得ます。マナーや受け取り方は国や地域によって異なるので、注意をしたいところですが、一方で限界もあります。

最近ですと、手をとある形にして写真を撮りSNSにアップしている方が見受けられますね。作品などで登場人物が物語の流れの中でやるのと、前後の文脈がわからないところで特定の方以外に見られる形にするのは、訳が違います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:30 | コメント (0) | トラックバック

2018年2月 8日

世界30%のSSL証明書が3月と10月に無効となる件について

世界30%のSSL証明書が3月と10月に強制無効化!? あなたのサイトが大丈夫か確認する3ステップ(Web担当者Forum)

記事にあるように、引き継ぎなどが行われていればよいですが、多くの担当者にとって寝耳に水となることも考えられます。運用側に落ち度がなくても、ブラウザで「危険」とか「証明出来ません」というような表示がされたら、ユーザーは驚きブラウザを閉じてしまうかもしれません。

安全性が求められることはいうまでも無く、その必要性は高まるばかりです。気をつける必要があります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:46 | コメント (0) | トラックバック

2018年2月 5日

表示速度が「爆速」なサイト

表示速度が"爆速"なサイト、相次いで登場 その背景は (Itmediaニュース)

知らないことでしたので、早速日経電子版を見に行って驚きました。確かに爆速です。何か変なことが起こってしまっているのではないかと心配になるくらい、早いです。モバイルでも見てみたのですが、やっぱり早い。開くとほぼタイムラグ無く、表示されます。

プロモーション的な感じもしますが、こういったサービスがあるということは覚えておこうと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:48 | コメント (0) | トラックバック

2018年1月31日

スマホ版Yahoo!検索が国立がん研究センターと連携

医療系の情報については、情報を受け取る側にもリテラシーが求められます。運用している側は、故意にせよ善意にせよ、掲載される情報の信頼性については完全に保証するのは難しいので、一定の保証をつけざるを得ません。裁判などで、それらのお断りの是非が判断される場合を除き、いろいろな情報があり、正確性については受けとる側の判断になります。

一方で、正確とされる情報を届ける試みも続けられていますね。

スマホ版Yahoo!検索で「がん情報」 国立がん研究センターと連携(ITmediaニュース)

記事にもあるように、医療情報については社会的な問題となった出来事もありました。情報を公開しているホームページのアドレスを確認せよなどというハックもありましたね。

スマホ版というところが気になりますが、こういったやり方もあるのだと思いました。

<

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:45 | コメント (0) | トラックバック


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11