トップ > メモ


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


2019年11月27日

アバスト社に無料の理由を聞いた記事

「無料のセキュリティソフト」はなぜ信頼できるのか?チェコ最大のIT企業「アバスト」に"無料の理由"を聞いてみた(INTERNET Watch)

アバストと聞いて、ピンとくる方はあまりいらっしゃらないかもしれません。記事を拝見したら2001年からソフトを提供したとのことですが、まさに知る人ぞ知る存在です。

無料のソフトとはいえ有料のコースもあります。記事はやや広告的ですが、あまり会社のことや沿革、歴史などは文章で紹介されることが少ないので興味深く拝見しました。

有料ユーザーの割合もはっきりとインタビューで答えています。ビジネスモデルについては掘り下げていませんが。

iOSやアンドロイドでもアプリを提供しています。ここはマイクロソフトの競合アプリと違うところです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:50 | コメント (0) | トラックバック

2019年11月18日

Twitterが政治広告禁止のポリシーを公開

Twitter、政治広告禁止ポリシーを公開 11月22日から実施(Itmediaニュース)

今やアメリカの大統領が政策決定から日常、場合により心の声まで発信するツールとなったツイッターです。そのツイッターが、政治広告の禁止について、ルール作りをしたとのこと。

全てのユーザーが十分に満足をするサービス運営は難しいものですが、最近のツイッター社の特に日本における運営についてのニュースを拝見すると、いろいろと考えるところがあります。ユーザーが率直に意見を述べている場合もありますし、ツイッター社の対応についての投稿もありますね。

今回は政治広告についてのルールです。一方で、今やインターネットの世界は玉石混淆どころか、玉石石石石石石石石石石石石石石混淆のような状態となっていると感じます。当然、裏をかいたり攻めたりすることを考えている特定の集団がいることでしょうから、舵取りは難しそうです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:08 | コメント (0) | トラックバック

2019年11月11日

SLAM DUNK桜木花道のシュートのARアプリ

SLAM DUNK桜木花道のシュートをどこでもARで(ITmediaニュース)

あちらこちらのSNSでお見かけしたことがありました。キーワードはスラムダンク、シュート、アプリです。何のことかと思っていたら、記事で紹介されていいました。スラムダンクの主人公、桜木花道君がシュートをするARアプリがリリースされていたのですね。

内容は、記事で紹介されているとおり。不足も過分もありません。正直に申し上げて、案内をすることが難しい、シンプルなアプリです。

スラムダンクという作品のブランドがあればこそなのでしょうが、こういったアプリがリリースされて一定の人気を得て、SNSで拡散していくというのは面白いです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:01 | コメント (0) | トラックバック

2019年10月 3日

Googleが「ヴェルサイユ宮殿VR」を無料リリース

Googleが「ヴェルサイユ宮殿VR」を無料でリリース、自宅にいながらにして豪華絢爛な世界遺産を散策可能に(GIGAZINE)

ヴェルサイユ宮殿は、もともとストリートビューでは(!)散策することが出来ました。VRのコンテンツになったことで、より没入感を持てるようになりましたね。

いいところが、細かく見られるところ。思わずくしゃみをしそうになっても、VRならば大丈夫。芸術作品を損なう心配はありません。実際、絵画はかなり近くまで寄って細かく見られる様です。

こういうコンテンツであれば、デバイスさえあれば多くの方が手軽に楽しめます。また、論点も多くないでしょう。裾野が広がるきっかけになります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:59 | コメント (0) | トラックバック

2019年10月 2日

ブログが国会図書館に保存される

小林麻央さんなど42人のAmebaブログ、国会図書館が保存 「後世に伝える意義が大きい」(ITmediaニュース)

老舗のインターネットサービスやブログササービスなどが終わるときに、問題となるのが二度と見られなくなってしまうということでした。本のように、出版物としてこの世のどこかに存在しているのでは無い。データーが閉まってあるところが物理的に無くなってしまったら、もう参照することは出来ません。

一方で、サービスの提供側は提供をしているだけですので、中身については権利を持ちません。責任も限定的です。不特定多数から素晴らしいと認められていても、勝手に別に公開するということは出来ないはずです。

今回の記事では、Amebaブログというのがポイントかもしれませんね。権利関係などは事前に契約をしてから運用していることが考えられます。あくまでも特殊例ですが、こういった事例が出来たことは今後の方向性に一石を投じることになるでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:46 | コメント (0) | トラックバック

2019年9月19日

Slack活用術について

「雑務減らして練習増やす」「社内メール使いません」――東大アメフト部とメルカリの「Slack」活用術 (ITmedia Cloud USER)

Slackは便利なツールですが、どの様なことをするとより便利に使うことが出来るのか。事例が紹介されていました。単体では無く、他のツールと連携をするとより使い勝手が上がるのですね。

メールやチャットの代わりになるというのは、もう少し詳しく知りたかったですが、これは講演を聴いた人の特典なのでしょうね。チャンネルが増えると散らかってしまいそうですし、人数が増えるとどんどんと投稿がたまる。使い方に工夫があるのでしょう。気になります。

個人的な感想ですが、ブラウザ経由とWindowsのアプリと、スマホ用のアプリがそれぞれ少しずつ違っているのが、やや使いにくさを感じるところです。技術者さまを中心に利用されているので、だったら自分でどうにかする!ということなのかもしれませんけれども。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:50 | コメント (0) | トラックバック

2019年9月11日

ゲームのプレイにおける、有線LANと無線LANについて

「ゲームには5GHz帯がオススメ、有線LANを引き回せる人は勝ち組」?ライター加藤氏

ゲーミングWi-Fiルーターイベント、というなかなか濃いテーマのイベントレポートですが、見出しに目が行きました。この記事の書き方ですと、有線LANを繋いでいる方がゲームを快適に出来るようですね。

ということは、Wi-Fiルーターイベントにもかかわらず、無線よりも有線がいいといっていることになるのでは?実際は、線を引きたくても引けないユーザー向けに、出来るだけ遜色の無い環境を無線で整備しましょうということなのでしょうけれども。

ゲームに限らず、事務所などでネット環境を整えるときには、机などのレイアウトに縛られない無線が便利です。一方で、有線の方が安定していると感じます。どちらか、というのは難しいものですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:03 | コメント (0) | トラックバック

2019年9月 4日

通販サイトの誤った情報を見破る方法について

Amazonの偽レビューや偽値下げ・偽セールを簡単に見破る2つの方法:世永玲生の電網マイノリティ

あくまでも、一部のメーカーや販売店であると思いますが、サイトに載せている情報について、事実ではないことが多いというケースは、知られています。そういったことについて、調べてまとめているサイトがありましたので興味深く拝見しました。

レビューについては「今のところ」は分かりやすいかもしれません。日本語であるために、表現であったり、てにおは、漢字などに違和感があれば、気がつくことが出来ます。但し、今後のAIや自動翻訳機能の発展においてはこの限りではないと思います。

値下げやセールについては、ずっと見ていたら気がつく...ことがあるかもしれませんが、なかなか難しい。

そんな経験値で判断をするのではなく、ツールを使うというのは便利ですね。そして、信頼が置けます。筆者さまがまとめているとおり、悪貨が良貨を駆逐すると、結局損になりますので、間違いない買い物をしたいです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:13 | コメント (0) | トラックバック

2019年8月21日

保育園のペーパーレス化事例

「保育士はPC使えなくていい」「資料はFAXで送って」――業界の風潮に違和感 保育園が「Box」導入しペーパーレス化(ITmediaニュース)

Webサービスを展開している会社さまが開いたイベントでのお話ですので、それを前提として記事を確認する必要があります。ですが、中小企業の場合は、なかなか実感を伴うことが出来る内容だと感じます。

まずはハードウェアの整備。そして環境作り。何よりも働いている皆さんの意識改革とトレーニング。こうなったら便利だろうな、と何となくは感じていても、実際に整備をするとなるといろいろなハードルが出てきます。

それらをどう決定するか。実際にどう動かしていくのか。新たな業務が生まれ、コストも手間もかかるので、わかってはいるけれど...となっていた問題にどう手をつけるかですね。

基本的には人間にしか出来ないことに集中し、それ以外に煩わせないように整備をするという方針で考えていくと、ハズレが少ない気がします。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:44 | コメント (0) | トラックバック

2019年8月15日

WeWorkが横浜市と連携するとのこと

WeWorkが横浜市と連携、新ビジネス創出など支援へ 「人々の交流でイノベーション起こす」(ITmediaニュース)

記事を拝見する限り、ビジネス関係者のマッチングを狙うといったところでしょうか。ウェブサービスなどで連携をするのも良いですが、実際に面と向かうと思わぬ効果があって、より高まることもありますね。

横浜市は市内のビジネスを加速させるために、いくつかの方策を採っているようです。今回も、そんな取り組みの中の1つです。ITを目的ではなくて手段として活用しようとしている取り組みがこの様なニュースサイトに掲載されるのは新鮮です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:17 | コメント (0) | トラックバック


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11