トップ > メモ


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


2017年2月27日

Pokemon GOを活用した地域振興

「Pokemon GO」で地域振興 自治体にマップ素材やモンスターボールデザインのゴミ袋提供(ITmediaニュース)

復興支援を行っていたポケモンGOが、新しい取り組みをするようです。地域の町おこしです。前回もそうですが、今回も東北の街が早速取り組むようですね。

ポケモンゲームの最大の特徴は、行かなければ手に入らないということ。お店に来たり地方に行ったりする動機としては、少々寂しいですが、観光客が来ないことの方が寂しい。ポケモン目当てでもよいのでまずは足を運んでもらって、というのが作戦でしょう。また、ゲームが始まってから時間が経ったので、トラブルについても分析が出来、想定されるので、予め対応できるようになりました。

ポケストップやジムの配置は、一過性だけで無くて今後の利用にもつながりますね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:41 | コメント (0) | トラックバック

2017年2月24日

日本橋で屋内音声ナビゲーションサービスの実証実験

清水建設が手掛ける屋内測位システムで、高精度の歩行者ナビゲーション-日本橋・コレド室町で実証実験中(INTERNET Watch)

どの様に道案内をするのか。もっといってしまえば「ウチのお店に来てもらえるナビはどうするのか」は考えるポイントとなります。実は道案内の静止画を撮影して、ホームページで表示をするですとか、イラストマップなどはなかなか需要があったりします。グーグルマップは便利ですし、サービスの展開も考えられるのですが、「地図は見にくい」という方は一定の割合でいらっしゃるものです。

ですから、グーグルのサービスを持ってきつつ、いかに見やすいものにするのか。またGPSはバッテリーを食いますからどの様に回避をするのか。ここら辺が具体的な工夫の場所となります。

一方これが、室内になるとぐっとハードルが上がります。電子タグやビーコンなどの方法もありますが、「用意する側」の負担も考えなくてはなりません。ショッピングセンターのように、施設側が対応をしてくれると、記事のような方法が採れますね。

ビジネスチャンス創出ももちろんですが、実は緊急時の避難誘導はどうするか、という課題もあります。命に関わってくる問題なのです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:57 | コメント (0) | トラックバック

2017年2月21日

渋谷区が「LINE」で子育て支援をするそうです

渋谷区が「LINE」で子育て支援、妊婦・出産など利用者の状況に合わせて情報配信(INTERNET Watch)

渋谷区が興味深い取り組みを進めていました。ラインによる子育て支援です。

地方自治体がツイッターやフェイスブックを活用して情報発信するということは、比較的行われていると感じます。市長が自分で投稿をするツイッターが話題になったこともありました。

一方でラインはどうしてもメールの延長線上で個人対個人(または知り合いのグループ)のツールという印象があり、こういうことにはなじまないのではと感じることがあります。しかし以前は行政の長が直接インターネットで発信するということは考えられなかったのですから、状況は変わるもの。ラインがどの様に利用されていくか楽しみです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:15 | コメント (0) | トラックバック

2017年2月17日

上野動物園のUENO PLANET

上野動物園が公開したWebサイトに「すごーい!」と注目集まる その狙いは(ITmediaニュース)

Twiteerなどで見かけたホームページについての話題が、ニュースサイトで記事になっていました。上野動物園のホームページです。ホームページといっても、上野動物園の紹介や地図、開園時間などをお知らせしているものではありません。そういった情報とは別に、動物園の魅力を伝えるものです。

記事を拝見して初めて知ったのは、長期的なブランドづくりの一環ということでした。2016年から構想を始めて、制作、公開をしたとのことです。

パソコンで見るのと、モバイルで見るのでは内容が違うというところが引っかかりました。ある意味、勇気のいる判断です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:57 | コメント (0) | トラックバック

2017年2月16日

AIの基礎的な知識から

AIってなぁに?(Itmediaニュース)

わかっているようでわかっていない、AIについて連載がありましたので拝見しました。一番最初からのレクチャーで、わかりやすく教えてもらいました。

実際「よくわからないけど、なんだかすごそうな技術」と思い込みをしてしまうことがあります。「認識をする」(それも大変高度なことですが)というところからの説明はよくわかりました。

連載ですので、これから披露される話が楽しみです。なんとなく知っている、知ったつもりになっていることを再確認しようと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:50 | コメント (0) | トラックバック

2017年2月15日

Facebookの動画ファーストについて

"動画ファースト"のFacebook、動画の音声を初期設定でオンに(無効化可能)(ITmediaニュース)

インスタグタムなど、写真を投稿して皆でシェアをして楽しむという使い方がずいぶんと一般的になってきました。そうなると、次は動画です。今度は動画をシェアするコミュティを活発してサービスの利用をしてもらおうという考えが出てきます。

そういった仕掛けを狙って仕様を変更すると、これまで使っていたユーザーにとっては違和感となります。「変更できるようにしておいたからいいだろう!」的な考えもありますが、これを機にユーザー離れがあるかもしれないと考えると、勇気がいります。事前に調査をしていてもです。

記事ではモバイル環境での変更が紹介されています。立ち上げるといきなり音声が出て気まずくなる...などということがないかと、勝手に心配をしてしまいます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:35 | コメント (0) | トラックバック

2017年2月 8日

プロのレシピを検索できる仕掛け

クックパッドは除外 プロのレシピ検索できる「Quugle」に注目(Itmediaニュース)

記事とサイトの画像を確認する限り、Googleのカスタム検索で、このような仕組みを提供しているようですね。記事では特定のレシピサイトを名指ししていますが...。

とはいえ、こういう気持ちはわかります。検索キーワードを組み合わせたりすると回避できたりするのですが、予め候補を絞り込んだものが検索結果として出てくるというのは、特定の検索をするときに便利そうです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:12 | コメント (0) | トラックバック

2017年1月31日

出版社によるキュレーションへのコンテンツ提供

講談社がキュレーションメディア提供へ、権利処理した女性誌コンテンツを活用して"信頼できるコンテンツ"配信(INTERNET Watch)

いろいろな問題点もあると思いますが、既存のメディアではいろいろなことを整理します。権利問題であったり、もっと根本的なところでは許諾であったりお願いであったり。そういう交通整理をしているところが、良質なコンテンツを生み出します。

一方で、良質なコンテンツが売れるコンテンツとは限りません。コンテンツを作ることはもちろん、宣伝や露出まで工夫をしないと、事業として回していくのは難しいものです。

ネット上のキュレーションについては事件があり、最近も「嘘のコンテンツで収益を上げようとしたがそれほど儲からなかった」という告白が話題になったりしました。事業者自らが「信頼」を提供することを明示するということは、今の状況を表しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:43 | コメント (0) | トラックバック

2017年1月20日

"Amazon Dash Buttonのヤバさ"についての指摘

ハードについて、日常品の販売について、そして消費者からの目線について。多面的で、とても面白く拝見した記事がありました。

Amazon Dash Buttonは何がヤバイのか(ところてんさま)

価格に目が行きがちですが、実は便利さに対してコストを払っているということもあります。一般的にスーパーよりもコンビニエンスストアの方が商品の単価は高い。もちろん、独自商品の工夫やコストに比べてクオリティを高めたり、コスト自身を努力によって下げている例もありますが、コンビニって実はそれほど安くはない。でも行くのは便利だから、という考えです。

通信販売のテレビ番組を見ることがあるのですが、印象として、一対一対応の商品が多い気がします。するだけ、切るだけ、混ぜるだけなど。特化したとんがった商品ともいえるのでしょうが「あの機能も」「こんな役割も」あれば一台ですむのにな、というのは、発想が全然違うということですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:44 | コメント (0) | トラックバック

2017年1月17日

GoogleのRAISRサービス

Google、機械学習で低解像度画像をシャープに見せる「RAISR」をサービスで実用化(ITmediaニュース)

インターネットの回線が大容量になるにつれ、大きなデータも送れるようになりました。今や動画配信は当たり前。当ブログの古いアーカイブにに使われている、画像の大きさを見ると、時代の流れといいますか、技術の進歩を感じます。

ところが最近では、携帯デバイスが登場したことにより、またデータサイズの問題が出てきました。端末側で何とかしてくれるものもあれば、そうでないのもあるので、ちと面倒くさいです。

OSレベルやサービスプラットフォームで対応してもらえれば楽ですね。データサイズは小さい方が良いのですから。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:45 | コメント (0) | トラックバック


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11