トップ > メモ


これより新しい10エントリーへ 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16


2015年4月14日

ふるさと納税でパソコンが特典に

周りでも、タブレットにもなるWindows8のパソコンをふるさと納税の特典として受け取って実際に使っている者がいますが、これはまた違った印象を受けます。

山形県米沢市、ふるさと納税特典にレノボ「ThinkPad X1 Carbon」やNEC「Lavie Direct HZ」などノートPC 4機種 (INTERNET Watch)

Windowsのノートパソコンは、ここのところ選択肢が非常に限られています。レノボについてはちょっと前にネット上でニュースになりました。それにしても、このラインナップは惹かれるものがあります。

各台限定で、既に申し込みを締め切った機種もあるとのことですが、農産物や海産物と違って量産が出来ますので、次の機会を狙う人も出てきそうです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:42 | コメント (0) | トラックバック

2015年4月 9日

災害ツイートから有用な情報を抽出するDISAANA

災害ツイートから有用な情報を抽出できるシステム「DISAANA」、デマ対策機能も (INTERNET Watch)

インターネットの発達により、多くの情報に気軽に接することが出来る様になりました。一方で悪意を持った口コミや拡散などで「正しい情報」に接するのが難しくなってきています。

ビッグデータを分析し、それをリアルタイムで表示するという仕組みは、インターネット上の情報の「正確性」の担保に役立ちそうですね。特に、正確な情報が必要な災害時であれば、なおのことです。ネットやデバイスの普及と、それに伴う社会の変化や災害で、ネットの情報が確実に活用されてきました。一方で弊害も生んでおり、それらはネットで情報発信をする方やお店、企業などの信用問題に関わることがあります。こういった仕掛けが、弊害を減らすことになるかもしれません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:35 | コメント (0) | トラックバック

2015年3月25日

360度動画のウェブコンテンツ応用の可能性について

Youtuberと呼ばれる人の登場やドローンなど、ウェブサービスやハードウェアの進化と共に再び動画がクローズアップされていると感じます。次のトレンドとしては、360度の動画が来るかもしれません。

YouTube、360度パノラマ動画をサポート Androidアプリなら端末の動きで視野変更可能(Itmediaニュース)

Kodakの半球撮影アクションカム「SP360」がYouTubeの360度動画に対応 (AV Watch)

スマホの登場や、それらに対応した各種サービスの開始、さらにはハードウェアの発売など様々なことがきっかけで「出来ること」が増えていきます。中には「そういえば盛んに聞いたけれども最近は...」というものもありますが、コミュニケーションの方法や幅が広がるのは楽しみです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:57 | コメント (0) | トラックバック

2015年3月12日

gooの地図サービスに新機能が追加

「goo防災アプリ」と「goo地図」、いざという時に公衆電話の場所を検索できる機能を追加 (INTERNET Watch)

防災アプリに力を入れているgooが、アプリと地図のサービスに新しい機能を追加したというニュースがありました。公衆電話への視点はNTTの関連会社ならではですね。

インターネットのセキュリティなどもそうですが「そんなことまでいらないんじゃないの」「いざという時には必要なんじゃないの」「あの時はそんな機能は使わなかった」「でもその時は役になった」と、推論と可能性を天秤にかけることになります。全てに対応できればよいのですが、どうしてもやることを絞らざるを得ない。役に立たなければよい。でもいざというときには役に立って欲しいし、その様にそろえておかなくてはならない。こういったサービスにも存在意義があるものです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:46 | コメント (0) | トラックバック

2015年3月 9日

オンライン相乗りサービスを一旦停止

Uber、国交省から中止指導のライドシェア実験をいったん終了(Itmediaニュース)

タクシーの配車アプリなどとは違い、相乗りのマッチングサービスが行われていましたが、1度終了したようです。記事では非常に慎重な表現を使いながら、ユーザーから三田サービスの実態と、会社が述べるビジョンと、行政の考え方がバランスよく紹介されています。

産学連携として行っていたようですね。こういった場合、法律や各種権利などを確認してから進めていくのですが、行った結果として指導を受けたようです。

どの様に工夫をしていくのか、実施している会社は第2フェーズを検討しているとのことです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:47 | コメント (0) | トラックバック

2015年2月13日

ヤフー地図に花粉情報

Yahoo!地図、2日先までの花粉情報が表示可能に、スマホアプリでは飛散量に応じた通知機能も(INTERNET Watch)

この時期ならではのサービスをヤフーが開始しました。通常の地図に、「花粉ボタン」を追加して、花粉情報を表示できるサービスです。位置情報というのは使い方も表示のさせ方も応用が効きます。最近ですと雨や雪の降っている範囲を表示、などというのもありますが、季節によってニーズが変わってくる情報を適宜載せるというのも便利ですね。

しかし、見えない花粉が見えるようになると、人とは不思議なもの。本当はそうでもないのに意識してかゆくなったりくしゃみが出そうになったりと無意識なところで影響が出るかもしれません...。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:58 | コメント (0) | トラックバック

2015年2月12日

1万円で本を、という売り方

ニュースなどで話題になっていた本屋さんについて、インターネットニュースサイトに記事がありました。

おまかせ「1万円選書」に注文殺到 北海道の小さな書店「雑誌や新刊でなく、本を売りたい」(ITmediaニュース)

書籍については、Amazonの初期の商材であったため、初期のインターネットショッピングの影響を受けた業界になります。当時言われていたロングテールなどを武器に、圧倒的な品揃えでどんどんと利便性を高めていきました。反比例して、書店は経済的な事情もあり経営が苦しくなり、やがてという悪循環を迎えることになります。

街の本屋さんでは、ポップを店員さんが手作りしたり、店員さん同士が選ぶ賞を作ったりと、ウェブの閲覧履歴から出てくるおすすめとは別の視点で、おすすめがなされています。

いわゆるものを販売することについて、ヒントが詰まっている記事です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:59 | コメント (0) | トラックバック

2015年2月10日

ECショップがリアル店舗を出店

ECサイトを展開するイッツコムがリアルショップを期間限定で出店(It Pro)

期間限定ですが、渋谷の駅地下に実際の店舗を出して物販を行うというニュースがありました。チラシにも工夫をして、サイトへの誘導を行うとのことです。

少し前までは、インターネットショッピングと実際の店舗での販売というのは分けて考えて、戦略などを立てていました。片方のみ運営をすると言う場合も当然ありました。ですが現在は多くのチャネルを用意して、お客様にどの様な機会においてもリーチするという考え方があります。期間限定とはいっても「実際の店舗がある」ことが、本体であるネットに影響をするということでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:18 | コメント (0) | トラックバック

2015年2月 9日

図書館で蔵書をWiFi経由で

中野区の公立図書館が電子書籍サービス、絵本・名作文学・コミックをWi-Fi経由で(INTERNET Watch)

図書館で新しい取り組みが、と思ったら中野区のことでした。公立の図書館の運営を業務委託した会社が、別の会社と組んで実証実験を行うとのことです。

専用の回線で、電波が届く範囲で提供をするとのこと。驚いたのがコミックスが提供されていることと、その冊数です。どちらかというとマンガが主体のように見受けられますが、これはきっといろいろな理由があるのでしょうね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:16 | コメント (0) | トラックバック

2015年1月20日

タカシマヤによる、カタログから通販へ誘導する仕組み

スマホのカメラでカタログから商品注文、高島屋がアプリ配信(ITmediaエンタープライズ)

ジャパネットたかたのメディア戦略は、オムニチャネルと言えるでしょう。また、テレビショッピングの多くがオペレーターによる受付をしていることも、それに近いと思われます。インターネットバンキングの創世記の時に、全てがネットで完結して人件費に削減につながるかもと思った方がいらっしゃるかもしれませんが、実際は逆でやらなくてはいけないことが増え、経費も増えるということになりました。

いわゆるデパートで贈り物をする層というのは、パソコンやスマホで、というよりも紙ベースでの資料をめくってFAXや売り場で注文、ということが多いことは想像できます。QRコードをつければ、やオペレーターに直接商品番号を指定すれば、などというアイディアも出ますが、別の仕組みでカタログと通販、注文を結びつけているのは興味深いですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:01 | コメント (0) | トラックバック


これより新しい10エントリーへ 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16