トップ > セキュリティ


これより新しい10エントリーへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


2016年8月30日

iOSのアップデートをIPAが呼び掛け

「iOSを至急更新して」 IPAが緊急で呼び掛け(ITmediaエンタープライズ)

パソコンと同じと考えれば、スマホだって定期的なアップデートは必要です。セキュリティに関わることなら、なおのことです。一方で、セキュリティホールが無くなる代わりに、一定の割合で不具合が発生するのも事実。わかってはいるけど「待つ」こともあります。

ですが今回は至急と呼びかけていて、それだけ危険性が高いことがわかります。日本はiOSのシェアが多い国ですから、多くの人に影響が出ます。それだけ、強く呼びかけているのでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:31 | コメント (0) | トラックバック

2016年8月22日

ln.isスパムが再び流行している模様

「ln.is」で始まるリンクにご用心 2013年のスパムが「語彙力テスト」きっかけで再び拡散中(ねとらぼ)

タイトルそして記事にも書かれていますが、語彙力テストによって感染するのでは無く、取り消しボタンがわかりにくいアプリの連携を許可してしまうと、勝手に(ユーザーは許可をしていますが、詳細がわからないまま)アプリが入れられてしまうとのこと。

設定画面から、アプリの連携の確認ともしも意図しない連携がなされていたら解除をすればよいようです。

記事の最後にはさらりと、連携アプリについては定期的な確認が必要と書かれています。自覚が無い連携が結構あるようですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:34 | コメント (0) | トラックバック

2016年8月10日

海外の無料Wi-FiやSNSの投稿についての注意

オフラインが苦手(?)な日本人は海外の無料Wi-Fiスポット、旅先でのSNS投稿に注意(INTERNET Watch)

毎年、インターネットのニュースサイトでは、夏休みの時の注意について記事が出ます。エンドユーザーにはどうしようもありませんが、企業が長くお休みになるときにはパソコンのセキュリティのアップデートもされないわけで、休み明けに要注意、などというものです。

ですが、今年は新たなトピックが加わりました。海外の無料Wi-FiとSNSについてです。

無線については、偽物のWi-Fiがあって、情報を抜き取るために設置されていたりすることの注意。SNSは空き巣などに、留守であることを知らしめてしまうというリスクについて注意をしています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:29 | コメント (0) | トラックバック

2016年8月 9日

IoT機器のランサムウェアについて

部屋の温度を極寒に固定して身代金を要求するIoT機器のランサムウェアが初登場(GIGAZINE)

記事の題名を見たときに、なんのこっちゃ?と思ったのですが、拝見してなるほどと納得しました。お金や情報がだまし取られるわけではありませんが、いやらしいですね。

ですがIoTが進むと、間違いなくこういったことも一般的になってくるでしょう。攻め込まれる点はどんどんと増える訳ですから、防御する方も備えなくてはなりません。そこに、新しいビジネスが生まれるのでしょうね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:13 | コメント (0) | トラックバック

2016年7月 7日

2016年7月、Androidの月例パッチ公開

Androidの月例パッチ公開、100件超の脆弱性に対処(ITmediaエンタープライズ)

最近の世間話の中で、Androidのアップデートが話題に上がることがあります。アプリが使えなかったり再起動したりしてというものです。パソコンと同じで、スマホも定期的なアップデートがあります。多くがセキュリティに関するものですから、なるべく早めにアップデートをしたいものです。

とはいえ、スマホはいつでもどこでも、電源を入れるとすぐに使えるデバイスとして認識されています。多くは休止状態の時にされますが、いざ使おうとして使えないのはストレスになるかもしれませんね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:39 | コメント (0) | トラックバック

2016年6月24日

Facebookが青少年向けネット教室

「シェアする前に考えて」――青少年の安全なネット利用の実現に向け、Facebookからのお願い(INTERNET Watch)

SNSはその名の通りネットワークをつくるのが楽しいサービスです。一方で望まない関係性も出てきてしまうこともあります。あるいは、システム上「出来ること」がありますが、「まさかこんなことになるなんて」ということもあります。

そして、インターネットにおいては「なってみてから何とかする」ということは、時に不可能です。事前の知識と想像力、そして一定の経験が必要です。サービスを提供する方も、年齢制限をするなど、対策を行っています。

記事にある、一定の年齢層の傾向と、ネットに夢中になる理由は興味深いですね。だからこそ、リテラシーが必要です。

また、こちらも記事中にある「炎上に参加した割合」の1%越というのは、結構高いと感じます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:29 | コメント (0) | トラックバック

2016年5月19日

偽Windows Updateで引っかけるランサムウェア

「偽Windows Update発動→アップデート失敗→偽公式サポートへ電話」のフルコンボで金銭を要求する巧妙な新型ランサムウェアに注意(Gigazine)

Windows10への意図しないアップデートの話があちこちから出ています。業務の方は大丈夫だが、自宅で使っているパソコンがアップデートされたという話。中には業務で使っているパソコンが、席を立った隙にアップデートを始めた話。皆、悲劇的なものです。

そんな中、気になるニュースがありました。偽のWindows Updateの画面に誘導されるというものです。記事の中では対処方法が紹介されています。

日本語の環境でこういったことになるかは不明ですが、仮になってしまったら、英語の画面が出てきたとたん、どきっとすることは間違いないですね。電話サポートを用意するあたり、手が込んでいます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:50 | コメント (0) | トラックバック

2016年5月16日

匿名FTPサーバーの使用について確認を

昔はインターネットにパソコンをつなげる設定をしたり、ホームページを公開したりということにも一定のスキルが必要な時期がありました。技術の進歩や発展によって、そういった敷居はどんどんと低くなっています。ですので、以前はギリギリセーフであったことも、やらないほうがよいという方向に変わってきていることがあります。

10年経っても根絶されず──匿名FTPサーバーで請求書や従業員名簿を公開していないか、改めて確認を (INTERNET Watch)

記事にあるように、調査で明らかになった匿名サーバーを使っている会社さまが中小企業というのも、現実を表していると思います。以前はセーフで、よかれと思っていたことが、やがてやってはマズいことに変わってきています。切り替えが必要です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:16 | コメント (0) | トラックバック

2016年3月 7日

データの持ち出しはUSBメモリで行われる

企業内部からの情報漏えい、6割が"うっかり" データ持ち出しは「USBメモリ」が最多(ITmediaニュース)

IPAの発表で面白いものがありました。情報漏洩についてです。情報漏洩は、故意ではなくうっかりから行われること。データの持ち出しはUSBメモリからというものです。最近では大手企業でUSBメモリがさせないパソコンの導入が進んでいたりしますが、やはり効果的なのですね。

逆にいうと、4割は故意であるということ。ここをどうするかがポイントです。

うっかりの場合は教育や啓蒙、場合により就業規則などで対応できそう。会社の外で業務をするというのは仕事を指示する側に問題がありますね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:49 | コメント (0) | トラックバック

2016年2月24日

日本郵政をかたったウイルスメール

郵便配達の連絡を装ったウイルスメールが急増、楽天をかたるパターンも、狙いは国内のネットバンキング (INTERNET Watch)

周りでも何回か話題になったことが、記事になっていました。小包の不在通知を装って、メールが来るというものです。

ポイントは2つあると思います。1つは、日本郵便がメールアドレスを知らないということ。小包には、送り状に電話番号を書く欄がありますが、メールアドレスはありありません。従って、メールアドレスを知ってメールを送ることは出来ません。

もう一つは、メールのアドレスです。アドレスの最後は組織や国を表していますが、それがruになっています。ロシアから、ということです。

話をした人は、「なんとなく怪しい」ということでメールをプリントアウトして、郵便局に相談に行ったとのこと。気がついてよかったです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:25 | コメント (0) | トラックバック


これより新しい10エントリーへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11