トップ > 中野区の洋食


1  2  3  4  5  6  7


2016年10月24日

すてーき亭中野店が、ランチタイムを禁煙に

中野ラーメンストリートに、ステーキやハンバーグが手軽に食べられるお店があります。すてーき亭中野店です。お店の前のベンチで、あしたのジョーが座っているのが目印。時々知らない人が、お店に一歩足を踏み入れて驚いています。

このお店、タバコが吸えました。最近タバコが吸えないお店が増えました。タバコが吸えるお店は貴重なのです。お食事を終えて一服したい人は、そんな限られたお店を探してランチの選択肢とする訳です。周りに何人か、そういう人がいます。

すてーき亭中野店が、ランチタイムを禁煙に

ところが、この時にあるお知らせに気がついたのです。禁煙になった、というお知らせでした。

タバコが吸えるために、ランチを食べるお店リストのなかで、すてーき亭中野店に優先順位をつけていた方は、注意費が必要です。

★お店情報:中野区中野5-54-5 エマハート1F、03-3388-8812、ランチ11:30-15:30、ディナー17:30-24:00(ラストオーダーは30分前)、土日祭日11:30-24:00(ランチメニューは15:00まで)、無休

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:57 | コメント (0) | トラックバック

2016年6月24日

てけてけの特製あらびきハンバーグ

居酒屋てけてけ中野店で特製あらびきハンバーグを食べました。ハンバーグはランチメニューです。てけてけは、中野駅北口、中野サンモールアーケードの真ん中くらいにあるボンジュールボンというパン屋さんのところを右に曲がって、少し歩いたところにある居酒屋さんです。

注文をして、結構早くにお料理が出てきました。小鉢などトレイにたくさんお料理が並んでいます。ですすがハンバーグは、正直に申し上げて、少々大きさが小さいと感じました。

てけてけの特製あらびきハンバーグ

一方、画像の通り、アツアツです。ジュージューと音と煙を立てて、食欲をそそります。水蒸気が広がって、もくもくしています。

食べてみます。あらびき具合が絶妙で、挽肉では感じない、肉の存在感があります。挽かず、包丁で細かくカットしたような、ざくっとした食感です。

添えてあったものに驚かせました。ブロッコリーと白いブロッコリーと思ったら、白い方はマッシュポテトでした。他の小鉢も十分で、お肉を食べたという印象も持てました。最初の印象はどこへやら。ボリュームも満足です。

★お店情報:東京都中野区中野5-58-4、03-5942-6983、ランチ(平日)11:30-14:00、17:00-23:30

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:18 | コメント (0) | トラックバック

2016年1月12日

ハヤシ屋中野店のナポリタン

中野ラーメンストリートと白線通りの間にある、ハヤシ屋中野店でナポリタンを食べました。量が選べるのですが、このときは普通盛りでお願いをしました。

ナポリタンはスープがついています。アルミの容器に入れられて、ちょっと懐かしい感じですね。大きめにカットされたソーセージと、緑色のピーマンが目を惹きます。

ハヤシ屋中野店のナポリタン

味は、よい意味で期待を裏切らない間違いない味です。ケチャップのちょっぴりのスパイシーさと、トマトソースが相まって、こちらもちょっぴりゆるめなパスタにたっぷりと絡まっています。ちょっぴりやゆるめなどの言葉が出ていますが、決して批判をしているのではありません。いわゆる「そうそう」と納得のいく、最大公約数的なナポリタンな感じなのです。

店員さんに出してもらう粉チーズとタバスコもポイントです。好みの量で振りかけて、自分なりのナポリタンに味付けをし直します。そんな懐の深さが、ハヤシ屋中野店のナポリタンには、あります。

レトロなお店のロゴが、間違いないナポリタンを提供している、お店でした。

★関連エントリー:懐カシイ雰囲気ノ洋食屋サン

★お店情報:東京都中野区中野5-55-15、03-3388-6446、11:30?22:00(ラストオーダー21:30)、不定休

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:46 | コメント (0) | トラックバック

2015年10月13日

欧風田舎料理らんぐさむのビーフシチュー

レストランでランチを食べました。欧風田舎料理らんぐさむのビーフシチューです。

らんぐさむは、中野駅の北口にあって、独特の雰囲気を持っているお店です。どこかこう、宮崎アニメに出てきそうな外観であり、店内に入るとその印象に違わず、抑えられた照明と壁のコルク栓の装飾が迫ってきます。そして、こう申しては失礼に当たるかも知れませんが、宮崎アニメの登場人物のような、肝っ玉母さんや働き者の娘さん的な女性が給仕をしてくれるお店です。

ランチのメニューは、肉・魚・ビーフシチュー・パスタから選べます。食前のドリンクに、メインディッシュ、そしてライスかパン、食後の飲み物かデザートが選べ、スープとサラダがついてきます。

欧風田舎料理らんぐさむ

料理の画像を撮ることが出来なかったので、レポートのみとなりますが、テーブルでの進み具合を見ながら、てきぱきとお料理が進んでいきます。レストランですがカジュアルですので、会話を楽しみながら普段よりもゆっくりとお食事を楽しめます。食前のドリンクにアルコールをお願いすると、余計に会話が弾むかも知れません。

ビーフシチューはデミグラスソースの中に、肉とお野菜がごろんと入っていて、ちょっぴりの酸味の中に肉の旨みが溶け出していて、おいしいです。パンにもライスにも合う味です。ビーフは赤身で繊維質が太く、スプーンでもざっくりと切り分けられる柔らかさになっています。ソースをまとって赤身肉のおいしさと混ざって、パンやご飯などの炭水化物が欲しくなる濃厚な味となっています。

せわしなく、混み合うランチタイムの中で、ここだけ時間の流れがゆっくりになる、そんなレストランです。

★お店情報:東京都中野区中野5-56-15、03-3388-2025

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:57 | コメント (0) | トラックバック

2015年7月 3日

Kurumariの麻婆茄子オムライス

オムライスの奥深さを知った一皿

中野駅南口のオムライス専門店、クルマリでランチを食べました。7月のオムライス、という期間限定メニューで、麻婆茄子のオムライスです。スープが付いています。

Kurumari

オムライスというと、洋食の定番ですね。玉子の具合と、中のライスの調理方法、そしてソースによってバリエーションが出る、万人に好まれるメニューです。

とろみを付けてかけられている、麻婆は本格的。山椒の風味は押さえられているものの、やや感じます。そして唐辛子の辛味は感じる、日本人好みのマーとラーの加減です。そして茄子がごろごろと入っています。ほっこりとした味に麻婆が絡んで、熱々で美味しいです。

Kurumariの麻婆茄子オムライス

オムライスの玉子の加減が絶妙でした。表面は火が通っており、卵焼き風になっていて、その裏側は火の通りがちょうどよく、ふわっとしています。オムライスで議論の種となる、ふわっと派かしっとり派かというところの、絶妙な中庸となっています。

正直に申し上げて、メニュー名を見たときには不思議でした。ですが、食べて見ると意外と合います。ご飯に麻婆茄子ですと、麻婆丼になります。まだ出会っていませんが、ラーメンに麻婆茄子ですと、麻婆ラーメンになるでしょう。うどんにも合いそうです。

そこで、オムライスです。洋食メニューの定番のオムライスが、まさかの麻婆茄子とのコラボレーションで、合うとは。玉子のふんわりとした食感が豆腐とは違ったアクセントを、そして適度の甘さが辛さを際立たせるのです。

いわゆる、炒められたライスと玉子とソースで味わうものではありません。ソースとその具材で、パンチを効かせて玉子とライスを味付けし、一体として味わってもらう挑戦的なメニューです。

オムライスの奥深さを知りました。洋食にも、中華にも合います。イタリアンや和食、インドやトルコなど、この先のアレンジが期待できそうなメニューです。

★お店情報:東京都中野区中野2-28-1 中野JMビル 2F、03-6382-7450、11:30-15:00、18:00-23:30、定休・月

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:07 | コメント (0) | トラックバック

2015年6月18日

中野ラーメンストリートに、いきなりステーキ開店準備中

銀座ライオンが閉店してしまいましたが、早速新しいお店が開店の準備をしていました。いきなりステーキです。近年、東京のいろいろなところに出来ている、グラム単位で注文をすることが出来、重さによってお肉の値段が決まり、立ち食いで、さっといただくステーキ屋さんですね。

いきなりステーキ開店準備中

外観も出来ていて、食べ方などの案内が既に貼ってありました。内装も着々と工事が進んでいるように見られ、開店は間近のようですね。

★お店情報:東京都中野区中野5-55-13

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:03 | コメント (0) | トラックバック

2014年2月 4日

ハンバーグハウスのチーズバーグ

中野サンモールと中野ブロードウェイを分けているように、東西に延びている道は、一番手前にミスタードーナツとお団子やさん、そして一番奥にはハヤシライスショップがある、いろいろなグルメが楽しめる道です。

そんな道沿いにあるハンバーグハウスでランチを取りました。今回はチーズバーグを注文しました。

ハンバーグハウスはカウンターのみのハンバーグ専門店。お箸を使って、お味噌汁と一緒にハンバーグが食べられるお店です。

ハンバーグハウスのチーズバーグ

出された鉄板の上では、とろりととろけたチーズに、黄身の半熟加減が絶妙な目玉焼きが載せられていました。

ハンバーグはどちらかというと脂分が少なく、赤身が中心のお肉の風味が強いもの。ソース、チーズ、目玉焼きとトッピングで印象が変わるので、ご飯が進みます。

この通りの中では、やや古めかしい外観で、入りにくいかも知れません。でも思い切って入ってみると、リーズナブルでこだわりのある、手作りのハンバーグが食べられます。

★お店情報:東京都中野区中野5-52-1、定休・火

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:51 | コメント (0) | トラックバック

2014年1月17日

ことぶき食堂の焼肉定食

中野駅北口のことぶき食堂で、焼肉定食をいただきました。

山盛りの千切りキャベツ、そしてマカロニサラダ。加えておいしいお丼に入っているお米と、ダシの風味が高いお味噌汁がついてきます。そう、お米はお茶碗ではなく、お丼に入っています。ですので、甘辛な味付けで、大ぶりなのに柔らかいお肉と一緒に、もりもり食べることが出来ます。

ことぶき食堂の焼肉定食

いつも書いていますが、ことぶき食堂で嬉しいのが、お料理のバランスです。炭水化物、タンパク質、そして食物繊維がまんべんなくメニューに入っています。ちょっと多いと感じるキャベツの千切りも、栄養と体のことを考えると箸が進みます。

★お店情報:中野区中野5-60-2、03-3387-7771、11:30-15:00、17:00-21:00、定休・日

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:56 | コメント (0) | トラックバック

2013年11月12日

ことぶき食堂の白身魚フライ定食

JR中野駅の北口、少し説明がしにくい入り組んだ路地をいくつか曲がった先にある、ことぶき食堂でランチを取りました。

ことぶき食堂は、お店の前の看板でアピールをしていますが、定食の基本たるご飯とお味噌汁、そしておかずのおいしさにこだわったお店です。メニューもいろいろとあります。今回は、白身魚フライ定食(650円)をお願いしました。

ことぶき食堂の白身魚フライ定食

まず、失念していたのがご飯のボリュームです。お茶碗では無くて、やや小ぶりのお丼で出てきました。そして千切りキャベツにマカロニサラダ。おかずもボリュームがあります。

メインディッシュの魚フライは、やや固めの揚げ上がりでした。テーブルの上に備え付けてある、おソースでいただきます。目玉焼きも黄身が半熟で、絶妙な火加減です。

よい意味で、どの食べ物も、とても素朴な味です。お米の白米の甘さ、お味噌汁のダシとみその調和具合。マカロニサラダはマヨネーズですし、フライと目玉焼きは素材に加えておソースです。直球勝負の、真ん中ストライクな味です。

炭水化物とタンパク質、食物繊維とまんべんなくいただける定食でした。

★お店情報:中野区中野5-60-2、03-3387-7771、11:30-15:00、17:00-21:00、定休・日

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:12 | コメント (0) | トラックバック

2013年10月30日

やよい軒のカキフライ定食(Ver.2013)

定食屋さん、やよい軒でカキフライ定食をいただきました。

お膳で運ばれてきたのは、ご飯とお味噌汁、お豆腐とカキフライ(千切りキャベツ添え)、そしてタルタルソースとレモンです。なお、運んできてくれた店員さんが、わざわざテーブルの上にソースがあることを教えてくれました。具だくさんで量のあるタルタルの他、ソースの案内まで。そして手前のレモンにも注目です。専用のレモン絞り器に入れられています。ホスピタビリティを感じます。

やよい軒のカキフライ定食(Ver.2013)

あえて書くとぎりぎりの牡蠣のクセを、やや火を入れることによって食べやすくしたといった感じのカキフライでした。ほっこりとした牡蠣の食感と風味が、レモンとタルタルソースやソースに引き立てられています。よい意味でクセの無いカキフライです。

やよい軒のポイントとして、お味噌汁がおいしいのが気に入っています。ダシの風味が強くて、そしてこの時は具の油揚げがふっくらとよい食感、そしてお豆腐の味もほのかにして、小さいのに存在感がありました。

おかず、そしてお味噌汁がおいしいのですから、ご飯が進みます。

追記:本エントリーを入力後、2010年のやよい軒のカキフライ定食のエントリーと写真を確認したのですが、ほとんど見た目は変わっていませんでした。完成されたメニューと変わらないクオリティーに恐れ入りました。

★お店情報:中野区中野4-4-11 山一NKビル1F、03-5343-7117、10:00-1:00

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:33 | コメント (0) | トラックバック


1  2  3  4  5  6  7