トップ > 中野区のグルメ


これより新しい10エントリーへ 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16


2012年7月13日

伝説のすた丼や中野店で、久しぶりにすた丼

久しぶりにすた丼を食べたくなり、中野通り沿いのお店へ足を伸ばしました。前回いただいたすた丼は、こんな感じでした。

初めての方にご案内をすると、すた丼ではお味噌汁と生卵はデフォルトでついてきます。特に卵はお得感がありますね。

伝説のすた丼屋中野店のすた丼

ちょびっとずつ、お肉の山を崩す様にお丼を覆っているお肉をはがしていきます。お肉の下にある、ニンニク醤油のタレが染みこんでいるご飯と一緒に口に含むと、メニューの名前通りにスタミナが補充される感じがします。

山盛りのお丼に少々スペースが出てきたなら、いよいよ生卵の登場です。複数でいただいて気がついたのですが、生卵の溶き方に個性があって興味深かったです。よーく黄身と白身が混ざるまでかき混ぜる者、ほぼ割った状態をキープしご飯の上で黄身を崩す者、など。私はさっくりと混ぜて、黄身が溶けると同時にやや白身に混ざるくらいでご飯にかけていただきました。

ニンニクはタレに溶け込んでおり、後味で主張してきます。午後の予定をチェックの上、ランチの選択をしたいですね。

★お店情報:中野区中野5-68-9、11:00-翌3:00、無休

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:53 | コメント (0) | トラックバック

2012年7月11日

沖縄料理とそーきそば 太陽食堂の沖縄そば

メニューで一番最初に、写真入りで大きく取りあげられている、沖縄そば(¥600)をお願いしました。

程なく、お料理が運ばれてきました。沖縄そばというと、ラーメンともうどんとも違った独特のコシの麺が特徴的ですが、このお店の麺は変わっていると感じます。それほど縮れていません。そして、平べったいのですが、少々厚みがあります。コシも弾力も感じることが出来る、なかなかの厚さです。

沖縄料理とそーきそば 太陽食堂の沖縄そば

スープは透き通っており、塩味が効いています。やや強めに感じました。その分、後から甘さが口の中に広がります。麺の甘さとスープの甘さ、沖縄そばのおいしさが感じられます。

テーブルには、瓶入りのこーれぐーすがありました。かけてみると、お酢の風味は控えめでさっぱり、その分辛さが立っています。甘いこのお店の沖縄そばに合っていると思いました。

一時期、JR中野駅北口では沖縄そばを手軽に食べられるお店が何軒かあったのですが、いつの間にか無くなっていました。ありがたい選択肢です。

★お店情報:東京都中野区中野5-59-6、03-3387-2571、11:00-15:00、17:00-8:00

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:38 | コメント (0) | トラックバック

2012年6月22日

唐兵衛の牛タンシチュー定食

焼き団子屋さんとミスタードーナッツの間にある、細い通りは中野ブロードウェイと中野サンモールアーケードを分けている小道なのですが、ランチ時に見逃せない場所となります。両側にたくさんお昼ご飯をいただけるお店があるのです。

そんなお店の一つ、唐兵衛で牛タンシチュー定食をいただきました。¥990円、贅沢なお昼です。サラダととろろが選べます。

唐兵衛の牛タンシチュー定食

シチューはデミグラスソースよりはブラウンソース的な、お野菜系の甘みやまろやかさを感じるものでした。あっさりとした中にちょっぴりなコクを感じます。柔らかく煮込まれた、大きなカットのジャガイモとニンジンが入っていました。もちろん、スプーンでさっくりと切れるくらいの煮込み加減です。

牛タンは、こちらも柔らかく煮込まれた大きいものが二枚。さすがにスプーンで、とは行きませんでしたが、口の中での食感はふんわりとしています。シチューの香ばしさと牛タンの柔らかい食感が良く合っていました。細切りの牛タンでは味わえない、ちょっぴりとした繊維質加減がお肉を食べているという気分にさせてくれます。

味はもちろん、お野菜とお肉のそれぞれの柔らかいながら食感の違いが際立つランチです。

★お店情報:中野区中野5-56-10-1F、03-3387-6078、11:30-14:30、17:00-24:30

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:27 | コメント (0) | トラックバック

2012年6月20日

中華料理和の本日のおすすめ(ラーメン&マーボー丼セット)

ニッポンの、街の、中華料理屋さんの、定食

以前いただいた、中華料理和の、本日のおすすめです。本日のおすすめは、店頭の看板にてお知らせしてあります。具体的なメニュー名はなく、写真を以て確認をする方式となっています。この日は、ラーメンとマーボー丼(¥690)でした。

中野には本場の方が調理場に立って、食堂内でも外国語が飛び交う様なお店が何軒かありますが、ここは純日本風です。昔ながらのあっさりしたラーメンも食べられ、日本人好みの味付けとなった中華料理の定食とご飯も食べられる、そんなお店だと思います。

中華料理和の本日のおすすめ(ラーメン&マーボー丼セット)

ラーメンは見た目の通り、あっさり風でした。多く入れられたワカメと長ネギが、今では珍しくなった雰囲気を出しています。

マーボー丼は、見た目が黒い。辛さはどうかと思ったら、意外な辛さを感じました。コショウです。お料理の黒さが黒コショウから出ているとは思いませんが、かなり風味が強かったです。意外な味でした。

★お店情報:東京都中野区中野5-50-6、03-3387-0278

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:48 | コメント (0) | トラックバック

2012年6月13日

中華味王の若鳥肉とパイナップルの炒め物

中野ラーメンストリートにある、台湾料理のお店中華味王で750円のランチメニューを食べました。鶏肉とパイナップルの炒め物です。

ある程度の覚悟をしていたのですが、パイナップルは小さくカットされたものが二かけ、入っていました。甘酸っぱいのはお酢によるものでしょう。とろりとしている調味料が、まんべんなくお料理にかかっています。

中華味王の若鳥肉とパイナップルの炒め物

ピーマンとタマネギは油通しされているためか、ほっこりとしていて甘さも出ています。食感もよいです。

鶏肉もフリッター状でふわふわ、こちらも調味料をまとって、濃い味付けになっています。他のメニュー同様、ご飯が進みます。

全般的に甘酢あんかけ風ですので、ややお酢の香りが立ちます。風味の締めくくりはさわやかなお酢の風味ですので、口当たりとボリューム感の割にはさっぱりしています。

★お店情報:東京都中野区中野5-59-1、03-5343-2588、11:30-01:00、無休

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

2012年6月 4日

すてーき亭中野店の気まぐれハンバーグは、塩だれ

中野ラーメンストリートに、すてーき亭があります。入り口が少々奥まっていますが、大丈夫。JR中野駅から中野ラーメンストリートをずっと進んできて、青葉を過ぎたあたりから右側に注目します。あしたのジョーがベンチで順番を待っていたら、その奥がお店の入り口です。冗談ではありません。真面目なお知らせです。

ランチタイムのすてーき亭では名前の通り、お肉料理がメインディッシュの定食が食べられます。主にハンバーグとステーキですが、量もソースもいろいろとあり、価格帯も様々で、迷ってしまうラインナップとなっていました。

そんなときは、「気まぐれ」と称している、お店のオススメを選ぶことにしています。この日の気まぐれハンバーグは塩だれでした。609円で、お料理を運んできた店員さんが強調したとおり、このお店はごはんとおみそ汁がお代わり自由です。

すてーき亭中野店の気まぐれハンバーグは、塩だれ

一見すると、あんかけがかかっている風でした。後味がさっぱりとしたタレに、大根おろしがアクセントとなります。鉄板に乗せられていますから、ハンバーグはもちろんアツアツですが、ライスもおみそ汁も負けずにアツアツです。

このお店の感想は、何度も同じになってしまいますが、熱さを感じながら、お肉のおかずでごはんが進みます。

★お店情報:中野区中野5-54-5 エマハート1F、03-3388-8812、ランチ11:30?15:30、ディナー17:30?24:00(ラストオーダーは30分前)、土日祭日11:30?24:00(ランチメニューは15:00まで)、無休

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:46 | コメント (0) | トラックバック

2012年5月31日

焼肉 好味亭で壺漬けカルビの焼き肉ランチ

先日いただいた、焼肉の壺漬けカルビ定食です。ランチメニューで700円。ご飯とスープ、おかず3品とサラダ、さらには杏仁豆腐かシャーベットのデザートがついてくる、お得なメニューになっています。何度もいただいているランチです。

焼肉 好味亭で壺漬けカルビの焼き肉ランチ

壺漬けカルビは、3日間漬け込まれたそうです。以前のエントリーでも同じことを書きましたが、他のメニューのお肉が赤々としているので、比較すると率直に申し上げて色は少々疑問符がつきます。

ですが焼いていただいてみると印象がいっぺん。見た目以上に柔らかく、フルーティな味もついていて、なるほどと思わせる熟成具合を確認することが出来ました。味もついているどころか、染み渡っていますから、ご飯が進みます。

タレの味に慣れたら、牛骨スープでさっぱりと塩味を感じて舌をリセット。そしてお肉を焼いていただく。幸せな堂々めぐりです。

さっぱりといいますと、デザートもそうですね。杏仁豆腐とゆず風味のシャーベットは、どちらをいただいても最後をさっぱりと締めくくることが出来ます。

お得な焼肉ランチです。

★お店情報:中野区中野5-59-12、03-5380-4129、11:30?翌4:00、日祝・12:00?24:30(ランチタイムは15:00まで)

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:35 | コメント (0) | トラックバック

2012年4月16日

李さんの台所中野6号店の半ゲタン

中野ラーメンストリートにある韓国料理屋さんの、李さんの台所で、ランチメニューに加わったものがありました。半ゲタン(¥500)です。その名前の通り、通常は一羽丸ごと入っている鶏肉が、半身になっているのだろうなと推測しました。値段も魅力的で、早速注文をしてみました。

唐辛子の味付けが、メインディッシュはもちろん他のおかずにもまんべんなくされている印象のある韓国料理ですが、参鶏湯はそんな中で淡泊な味付けですね。白いお鍋です。味の調節用に、小皿に塩コショウがついてきました。

李さんの台所中野6号店の半ゲタン

淡泊ですがそのままでも十分においしい、鳥のスープとなっています。

スプーンで突っつくとぽろっとお肉と骨が分離していきました。ささみも皮も、ボリュームとしては半身でも十分ですね。一人でいただくとお腹が一杯になります。鶏肉以外の具材について、やや存在感が薄いのはご愛敬。コストパフォーマンスを考えたら納得します。

鳥の栄養分を余すところなく吸収が出来る気がして、参鶏湯、好きです。

★お店情報:東京都中野区中野5-59-14、03-5942-5303、11:00-24:00、無休

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:22 | コメント (0) | トラックバック

2012年4月12日

中野の逸品グランプリを味わう。ショットバー イリュージョンのナポリタン

中野の逸品グランプリグランプリ受賞の一皿

以前、ショットバー イリュージョン (Shot Bar ILLUSIONS)を訪問しました。JR中野駅南口で、線路沿いにある通りの地下にある静かなショットバー。実はこのお店、中野のグルメコンテストである中野の逸品グランプリで、見事一位のグランプリを受賞したナポリタンを始めとして、お料理もおいしいショットバーなのです。

チーズや、生のハイネケン、何皿かのお料理をいただいた後、 噂のナポリタンをお願いしました。

写真に関してはご容赦ください。画像は2人分です。

ショットバー イリュージョンのナポリタン

お皿に見えるのはパスタ、トマトソース、そしてベーコンなどでシンプルなパスタですね。いただいてみると、とっても好みです。もっちりとした食感のパスタは食べ応えが抜群で、濃厚なソースをよく絡ませます。ソースはトマトソースで、甘酸っぱさの中にベーコンの風味が付いていて、他にもうまみを感じます。隠し味が何なのかはわかりませんが、パスタとふわっカリッとしたベーコンの違った食感と、トマトと秘密な何かの味が印象的なパスタです。

後からお店のホームページを拝見したところ、独自のケチャップソースを使っているとのことですが、ケチャップにありがちなややとんがったスパイシーさはなく、全体的に丸い優しい味でした。これは意外でした。勘違いは、おいしいお酒の仕業かもしれませんけれども。

いただくと、目の当たりにするのは確かにイリュージョン。何これ?どうして!どうやったらこんな味?!と不思議さと驚きが交差しました。

★お店情報:東京都中野区中野2-12-11 飯尾ビルB1F、03-3384-7598、18:00-翌4:00(日曜-翌2:00)、無休


 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:43 | コメント (2) | トラックバック

2012年4月 9日

ジンギスカン ゆきだるま中野部屋でジンギスカン

本当に、クセが無く、そのままでも食べられたジンギスカン

かなり以前に、JR中野駅南口にある、ジンギスカン ゆきだるま中野部屋へ行って食べ放題120分1本勝負の出稽古をして参りました。

このお店は、インターネット上でも、そして身の回りでも人気なお店。一時期ブームとなったジンギスカンですが、残念ながらその多くのお店が閉店してしまいました。そんな中で、今もなお、おいしいジンギスカンが食べられるお店です。

ジンギスカン ゆきだるま中野部屋のジンギスカン

高級食材といわれているアイスランドシープを使っているこのお店のジンギスカンは、私自身も食べるまで信じられませんでしたが、全くクセがありません。「品質には自信があります」というお店の方からのまさかの発言で、言われたとおりそのままいただいても、これまたクセ無く、柔らかくて、あっさりとしたお肉が味わえました。

ジンギスカン ゆきだるま中野部屋のジンギスカン(焼き中)

画像は味付きジンギスカンです。タレに漬け込まれた味付きジンギスカンを焼いて食べる。ジンギスカンを焼いて、タレに漬けて食べる。時々お野菜に箸を伸ばす。幸せなルーチンワークがしばらく続きます。

最後には、これまたお店の方のオススメで、ジンギスカンのタレを割っていただく、つけ麺で〆としました。

熱々のお肉をほおばるので、冷たいドリンクも進みます。ざっくばらんな会合で利用をしたのですが、お話も盛り上がりましたし、北海道出身で「東京では満足できるジンギスカンは食べられない」とおっしゃっていた方も満足していただけました。

★お店情報:東京都中野区中野3-33-20、03-3380-8321、17:00-24:00、無休

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:57 | コメント (0) | トラックバック


これより新しい10エントリーへ 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16