トップ > 中野区のグルメ


これより新しい10エントリーへ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12


2014年11月21日

焼肉とらじのタン醤油漬定食

予備知識が無い場合、驚くに違いありません。焼肉とらじのタン醤油漬定食のタンは、ブロックだったのです。そして、醤油漬けというそのメニュー名からは想像がつかない、優しい味。醤油風味のダシが染みているという風で、醤油辛くはありません。太い固まりが口の中でほどけていって、じんわりとダシが染み出してくる。食感は"お肉を噛みしめているぞ"といった満足感が味わえる力強いものです。

焼肉とらじのタン醤油漬定食

もちろん、あのとらじのランチですから、付け合わせも十分すぎるほど。写真には写っていませんが、当然ライスからナムル、サラダなど盛りだくさんで、店員さんが次々と持ってくると、テーブルに載るか心配してしまうほどです。

味の変化を楽しみたいときは、ちょっぴり添えられた辛子をつけると、引き締まります。茹でたチャーシューのような食べ方なのですね。

形、味、そして添え物まで。前提を覆してくるメニューでした。

この焼肉とらじは、中野サンモールアーケードをまっすぐ進んで、右手にベーカリーのボンジュールボンが見えたら右に曲がり、ちょっと歩いた道の右側です。

★お店情報:東京都中野区中野5-59-10、03-3388-9538

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:28 | コメント (0) | トラックバック

2014年9月 9日

ガロピエーヌ&ガロパンのオリジナルソース ガロガロチキンライス

中野駅の北口に、1階がメイドカフェが入っているビルがあります。周りには珉珉やらーめんKaeru、餃子の王将など食べ物屋さんがたくさんあるエリアです。そんなビルの4階にある、ガロピエーヌ&ガロパンでランチを食べました。お店の名前の由来は全く想像できませんが、夜はお酒がいただけるお店のようですね。

ランチメニューは3種類で、ロコモコや、タコライスがあります。それらの他のもう一つ、オリジナルソースのガロガロチキンライスをお願いしました。コーヒーとスープがついて、800円です。ちなみに、このメニューは限定でした。

ガロピエーヌ&ガロパンのオリジナルソース ガロガロチキンライス

運ばれてきたプレートには、千切りキャベツがこんもりとよそわれていました。チキンは蒸されているのでしょうか。ふっくらとしています。ソースは不思議です。オーロラソース風ですが、ちょっぴり辛くてちょっぴり酸っぱい。淡泊なチキンと、そしてライスに合います。特に後味がさっぱりとしているので、箸が進みます。

ワンプレートの中に、こんもりお野菜とさっぱりチキン。ヘルシーと感じてしまうランチでした。

★お店情報:東京都中野区中野5-56-11 中野共英ビル 401、03-5942-7531

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:03 | コメント (0) | トラックバック

2014年9月 4日

泰陽飯店の牛肉とトマト炒め

泰陽飯店でランチを食べました。中野ラーメンストリートにある中華料理屋さんで、たくさんのメニューから定食が食べられるお店です。お店の方と厨房の間で取り交わされるのは日本語にあらず。所狭しと並んでいるテーブルとイス、赤い色が使われたインテリアや小物が配置されている店内など、いい意味で異国情緒があります。

泰陽飯店の牛肉とトマト炒め

今回選んだのが、牛肉とトマト炒め。定食ですから、ご飯とスープ、お新香とデザートがついてきます。

トマトと玉子の炒めも好きなのですが、メニューを見ていたらこちらが目にとまりました。

泰陽飯店の牛肉とトマト炒め

炒めたトマトは意外とご飯に合うものです。そして牛肉は赤身ですね。脂身が少なく、ちょっぴり厚めで口の中でもぐもぐと味わいました。ジューシーで柔らかいトマトとは逆の食感です。

裏にお醤油のような味がするものの、素材の味を活かしたお料理でした。

★お店情報:中野区中野5-59-1興産ビル1F、03-5318-3390

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:22 | コメント (0) | トラックバック

2014年7月29日

珉珉の海老と豚肉の香り炒め

中華料理屋さん、珉珉でランチを食べました。エビと豚肉の香り炒めです。このメニューがいただいた時に「今週のB定食」となっていて、ライス、スープ、ミニサラダそして春巻き一本のセットとなっていました。

画像を見ていただくとおわかりのように、メニュー名に豚肉が冠されていますが、お野菜がたっぷりです。その中で最も印象に残ったのが、茄子でした。油通しされて身がほっこりと柔らかく、甘い。メニューでは何となくラー油がかけられているように見受けられましたが、トーチーの味を感じます。あまり主張していなくて、最後にお味噌の甘さとお醤油の辛さが一緒になったような味がしました。

珉珉の海老と豚肉の香り炒め

ですから、それぞれの野菜の味と食感が際立っています。タマネギは甘くてさくさく、ピーマンはパリッとちょっぴり苦くといった具合です。見た目はすごくオイリーなのですが、さっぱりでご飯が進みます。

ちょっと口が慣れてきたら、かき玉子が入ったスープで違った意味でさっぱり。口の中の印象がリセットされ、また箸が進みました。

ここ珉珉は餃子をフィーチャーしているお店なのですが、後に面会が控えているとちょっと躊躇してしまいます。今度は餃子をいただきに来たいですね。

★お店情報:中野区中野5-55-17、03-3388-6066

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:03 | コメント (0) | トラックバック

2014年7月24日

沖縄料理店のあしびなーが、ランチ開始

あしびなーという沖縄料理屋さんがあることは、以前から知っていました。ウェブの検索などでも、時々出てくる、中野昭和新道通りに古くからある沖縄料理屋さんです。

ですが、これまでなかなか行く機会がありませんでした。いわゆる居酒屋さんで、夜のみの営業であったためです。

沖縄料理店のあしびなーが、ランチ開始

ところが先日、昭和新道通りを通ったところ、看板を見かけました。それは、あしびなーがランチを始めたというお知らせだったのです。

ワンコインの沖縄そばと、沖縄そば定食、そしてゴーヤ定食。いずれも沖縄イズムにあふれています。チェック必須なお店がまた増えました。

★お店情報:東京都中野区中野5-53-9-2F

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:32 | コメント (0) | トラックバック

2014年7月23日

コーヒーショップマロのヤサイサンド・ドリンクセット

中野駅北口にぽっかりと空いた不思議空間の一角にある、不思議なエリア。とても説明がしにくいのですが、そんなところに喫茶店があります。コーヒーショップマロで、ランチも食べられる喫茶店です。そこで、ドリンクセットのヤサイサンドをいただきました。

間違ってはいけないのが、このお店は喫茶店であるということです。カフェではありません。そのためか、お店のあちこちではたばこの香りがします。ランチタイムに喫煙が出来るところとして、愛煙家に認知されているのでしょう。

コーヒーショップマロのヤサイサンド・ドリンクセット

サンドイッチは手堅い作り。レタスやトマトの水分を保ちつつ、パンはしっとりとした食感が残っています。マヨネーズはちょうどよい分量で、野菜とパンを1つにまとめていました。

アイスコーヒーをいただきながら、ゆっくりとサンドイッチを食べ進めつつ、お仕事の話などをしました。スローなランチを取ることが出来ました。

こういうお店があるのが、中野の深いところです。

★お店情報:東京都中野区中野5-55-9

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:39 | コメント (0) | トラックバック

2014年7月 2日

焼肉縁の石焼きビビンパ

中野ラーメンストリートにある、焼肉縁でランチにしました。お店の名前の通り、焼肉のランチメニューも、そして韓国料理のチゲもと多彩なラインナップのメニューがあるのですが、石焼きビビンパを選びました。

画像の角の方に少し写っていますがサラダや小鉢もついてきます。

焼肉縁の石焼きビビンパ

ビビンパは、ごらんのようにお野菜がたっぷり。しかも食物繊維が多そうなラインナップが載っています。お肉は挽肉でしたが、何となくヘルシーに感じてしまいますね。

時間をかけて混ぜ混ぜして、具を十分に混ぜ合わせてからいただきました。いっぺんにいろいろな味が口の中で広がるのがビビンパの魅力ですが、個人的にはやや辛みが足りませんでした。そこでテーブルの上の調味料を加えて、再び混ぜます。

今度は好みな感じになりました。もやしでは無くて、豆もやしというところが気に入りました。

★お店情報:東京都中野区中野5-59-14

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:25 | コメント (0) | トラックバック

2014年6月24日

中華料理食堂の北京亭が閉店

JR中野駅北口のエリアで、不思議な一角があります。鰻の串焼きや蕎麦店などがあるところで、昭和テイストが満載なところです。

最近では、変わったバーなどがある穴場にもなっているようですね。

中華料理食堂の北京亭が閉店

そんなエリアにある、中華料理店が静かに歴史の幕を下ろしていました。北京亭です。「定食」という名の定食や、メニューには無いけれどもつけ麺が食べられたりするお店でした。ガラス戸に小さくお礼と閉店をすることが記されていました。ぱっと見ると、まるで臨時休業をしている様な風景です。

以前のエントリーでも店頭をご紹介していました。北京料理 北京亭の定食(中野区の中華)

その頃と、変わっていません。いえ、看板の一部に違いがありますね。

いつでも見ることが出来る風景、いつでも食べることが出来るお店。そんな風に勝手に思っていたお店が、またひとつひっそりと無くなりました。

★お店情報:中野区中野5-55-7

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:08 | コメント (0) | トラックバック

2014年5月28日

新鮮野菜とごはん処わしやの近海いわしフライと鶏の照焼定食

中野サンモールアーケードを通っていると、アーケードに入って右側にお惣菜屋さんがあります。わしやです。

そしてその店頭にはタペストリーがあります。それはわしやさんとたこ焼き屋さんの間の細い通りを入った先にある、定食屋さんわしやのメニューをお知らせしているのです。スタッフの間で話題になったのが、いわしフライ。早速機会を見つけて行ってみました。

わしやの定食は、メインディッシュに小鉢、お新香そしてご飯とお味噌汁がついてきます。

新鮮野菜とごはん処わしやの近海いわしフライと鶏の照焼定食のサムネール画像

出てきたいわしフライは、想像よりも大ぶりでした。頭が落とされ、開きにされたものが揚げられていますが、大きな鰯が使われているのですね。身はふっくらとして柔らかく、箸でも取り分けることが出来ました。

ソースを付けていただくと、ふわふわの身とさくさくの衣がおいしい。フライですので、ぱりっとなった皮までおいしくいただけます。鰯というと、調理方法によってはどうしても独特のクセが出てしまい、人によっては苦手意識を持ってしまいますが、このフライなら食べやすくて良いですね。

フライを3次元的に立たせてる立役者は、山盛りのキャベツです。そしてポテトフライにはマヨネーズが添えられています。洋風に、タルタルならぬマヨネーズを付けてもまた違った味付けでご飯が進みます。

ちょっと口の中がフライの感じになってきたのかなと思ったら、もう一つのメインディッシュの鶏の照り煮に箸を伸ばすと、さっぱりとした味付けとフライトは違った柔らかな食感でまたお料理の印象が変わります。

おいしいご飯とお味噌汁、そしておかず。量はちょっぴり多めなので、ご飯の量を調節してもらうと良いかも知れません。

★お店情報:東京都中野区中野5-63-5、03-5345-5061、

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:15 | コメント (0) | トラックバック

2014年5月19日

中野駅の南口に、ぎょうざの満州

中野駅の南口にあるアーケード街に見慣れないお店が出来ていました。ぎょうざの満州、というお店です。

何か、とてもおいしい餃子が出てくるのだろうなという、妙に説得力のある名前です。ラーメンでは無くひらがなでぎょうざというところがポイントかも知れません。そういえば、北口には餃子の王将がありましたね。

中野駅の南口に、ぎょうざの満州

ホームページを拝見したのですが、とても手作り感がある温かなものでした。そして、餃子をフィーチャーしています。仕事の具合を考えながら、お店に行くタイミングを探したいと思います。

★お店情報:東京都中野区中野2-29-6、03-6304-8260、11:00-22:00

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 23:57 | コメント (0) | トラックバック


これより新しい10エントリーへ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12