トップ > メモ > 著作物のアーカイブ事業と意思表示システムについて議論

« 炙谷(あぶりや)中野店のもつ鍋 | トップ | 餃子舗 珉珉(みんみん)はサービスデーあり »

2007年7月30日

著作物のアーカイブ事業と意思表示システムについて議論

文化審議会小委(INTERNET Watch)

先日同業の方と話していた内容が、記事になっていました。検索エンジンではなく、国家によるアーカイブ化について。また、過去の書籍についての議論ですが、参考になります。ですが、デジタルデータの保存や検索エンジンのキャッシュも気になるところです。

サイト管理者としては、過去のデータまでもが簡単に見られることに苦心しています。例えば、更新した場合。あるいは内容を変更した時。そのデータが保存されることなく、前のままで公開されるとそれは制作者や著作権者が望まない状態となります。そんな現実と、公開権の兼ね合いはどうなるのか。

ユーザーとしては便利なのですが、立場が変わると難しいものです。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2007年7月30日 12:10 | カテゴリー:メモ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/1846

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)