トップ > セキュリティ > Twitterハッキングの仕組み

« 中野サンプラザのイルミネーション | トップ | 不二家中野ブロードウェイ店のショートケーキ »

2009年12月25日

Twitterハッキングの仕組み

先日攻撃されたツイッターですが、そのやり方について解説をしているページがありました。

イランによる(?)Twitter攻撃の手口はこうだった(Tech Crunch)

Twitterのサーバーが攻撃をされたのではなく、Twitterが使っていたDNSサーバーというところが狙われたようです。

DNSサーバーとは、インターネットを見たいという要求がユーザーからあった時に、ユーザーのパソコンとホームページのアドレスと公開されているサーバーをつなぐ役割をするもの。我々人間はアルファベットの羅列でホームページアドレスを使っていますが、インターネットの世界では数字で表されているので、こういったアルファベット→数字の変換サービスが不可欠なのですが、ここに仕掛けがあったとのことです。Twitter.comというホームページを見たいと要求したら、別の数字に変換されて、違うサーバーにつながってしまったという訳ですね。

記事によると、Twitterそのものには被害はありませんが、ユーザーのIDやパスワードが漏れてしまった可能性があるとのこと。また、サーバーを運営する時の定石も書いてありました。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2009年12月25日 12:42 | カテゴリー:セキュリティ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/3736

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)