2018年5月25日

ドローンで屋根の点検をするサービス

国内初、ドローンで屋根の点検・採寸・ひょう被害を調査するサービス(AV Watch)

建築関係の方からお話が出たことがあります。記事にあるように、いままでは屋根に上って、ですとか、ヒミツ道具を使って調べていたことが、楽に、正確に、鮮明に調べることが出来るようになります。

記事には詳しいことは書いてありませんが、この様なサービスを行うということは法律的な問題もクリアしているはず。情報の正確さはいうまでもありませんが、あとは手続きと料金ですね。

住宅地でのドローンに使い方として、広まるかもしれません。

投稿者 shannon : 12:59 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:メモ

2018年5月24日

海外で使える「変なSIM」

H.I.S.が海外旅行者に「変なSIM」発売 1日500円(Itmediaニュース)

海外でネット環境を持つにはどうしたらよいか。Wi-Fiは便利ですが、充電しなくてはならない機会が一つ増えます。SIMが使えるならその点は解消されますが、問題は設定です。フリーWi-Fiを使うことが多いですが、そもそも通信が出来ないデバイスで設定をしなくてはいけないというジレンマがあります。そんなことを解消してくれるものが出ました。

日本通信が関わっていますね。一度買ったら後は使う月だけ通信量を払う形と読み取れますが。そうでしたら1年に1回、海外に行くというユーザーにも便利そうです。一日500円という価格も、料金はともかく、わかりやすいですね。

投稿者 shannon : 12:12 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:ハードウェア

2018年5月22日

中野サンモールの磯丸水産が餃子店へ

中野サンモールアーケードの磯丸水産が、改装工事をしていました。といいますか、お知らせなどは確認をしていなかったのですが、そういうお話でした。

そして今日、お店の前を通りかかったところ、看板が設置されていました。赤い文字で餃子、そして黒い筆文字で中野いち五郎とあります。餃子屋さんに代わるようです。

中野いち五郎

餃子といえば、つい最近ダンダダン餃子が中野駅北口に出来ていたことを知りました。そして、サンモールです。確かに餃子は美味しいのですが、王将やたくさんのラーメン店でも提供をしている、人気メニューです。

磯丸水産、お魚ランチが手軽に食べられるお店として、重宝をしていたのですが。これからは、餃子ランチが食べられるのでしょうか。開店を待ちたいと思います。

★お店情報: 東京都中野区中野5-56-8

投稿者 shannon : 23:28 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:中野区のグルメ | カテゴリー:中野区の居酒屋・ダイニングバー

仮想通貨Watchが創刊されました

仮想通貨 Watch 創刊の挨拶(仮想通貨Watch)

インプレス社が展開している「Watch」シリーズのニュースサイトに、新しいコンテンツが加わりました。仮想通貨です。ビットコインが有名な仮想通貨ですが、いろいろな種類があります。一部では多くの仮想通貨にも関わらず、ほとんど運用しているのが日本人という報道もありましたが。

仮想通貨のサイトですが、そこはネットニュースのサイトさまですので、ブロックチェーンやIOTなどとも紐付けて情報発信をしてくれるようですね。

これから見かける機会が増えてくると思いますので、楽しみにしたいと思います。

投稿者 shannon : 12:11 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:メモ

2018年5月16日

中野駅北口に、餃子のダンダダン酒場がありました

餃子をフィーチャーしている居酒屋さんがあります。ダンダダン酒場です。中野ですと、西武新宿線野方駅の北口にありました。その、ダンダダン酒場が、中野駅北口にありました。偶然、お店の前を通りました。

中野駅北口の細い通り

中野サンモールアーケードから、中野ラーメンストリートに抜けようと、細い道を入ったのです。すると、ありました。

インターネットで調べてみたところ、3月に開店していたようです。全く気がつきませんでした。

ダンダダン酒場

このお店、お店の外観通り、店員さんも体育会系で賑やかです。何より、ランチならば餃子でメシ!アフターファイブならば餃子でビール!と餃子をフィーチャーしています。

機会を見つけて、行ってみたいと思います。

★お店情報:東京都中野区中野5-56-4、03-5942-5618、月-金11:30-14:00、17:00-24:00、土日祝11:30-24:00、無休

投稿者 shannon : 23:38 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:中野区のグルメ | カテゴリー:中野区の居酒屋・ダイニングバー

エキサイトメールがサービス終了

国産の無料メールがまたひとつ......エキサイトメールが9月18日をもってサービス終了(やじうまWatch)

記事を拝見して、また1つサービスが終了するのかと思いを新たにしました。そして記事に書いてありました。インフォシーク、そんなサービスもありました。

幸いなことに、バックアップの手段も用意しているようです。メールはつながらなくなるとやっかいですから、移行が大切です。

昔話になってしまいますが、いくつかのサービスがあったとき、それぞれ個性がありました。エキサイトといえば翻訳、などと言われたものです。今は一強になってしまいましたね。

投稿者 shannon : 12:49 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:メモ

2018年5月15日

うどん屋さんによるドタキャンSNS投稿が、実は

うどん屋「ドタキャン受けた」とTwitter投稿 「気の毒」と拡散したが、店も加害者も架空(Itmediaニュース)

エイプリルフールであれば、まだ慎重に受け取ることが出来たかもしれません。発信されていることが全て架空の登場人物、団体がSNSに投稿したことが、話題となりました。

お店(を名乗る架空のアカウント)が投稿した内容については、これまでも例があります。結果、インターネットで善意が集まり、フォローできたことも多く、一連のプロセスが心温まる事実として、記事で紹介されることもありました。

しかし今回は全てが架空だったことで、結果的にだまされた人が現れることとなりました。

投稿者 shannon : 12:51 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:サイト運営

2018年5月14日

電話予約をしてくれるAIについて

あなたの電話相手はもうAIかもしれない(ITmediaニュース)

動画を見ましたが、驚きました。まったく違和感がありません。スマートスピーカーなどの音声は、わざとロボットのようにしているのかと勘ぐってしまうほどです。

デモということで、決められた台本などはないでしょう。店員さんの言葉や質問などに、きちんとかつ自然に答えています。将棋などと同じで、AI同士で会話させる練習をしたら、どんどんとうまくなっていくのでしょうか。

記事の最後もなるほど、と思いました。大体新しい技術は、人間のリビドーに関することや、お金に関することに利用され、残念ながら磨きがかけられていくことが多い気がします。あきれるくらい多様性のある利用方法が出てくるでしょうが、どういう影響があるかは予想し覚悟しておくに越したことはありません。

投稿者 shannon : 12:21 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:メモ

2018年5月11日

中野サンモールで、第21回中野区内小中高校空中ギャラリー

少し前まで、鯉のぼりが泳いでいた中野サンモールアーケードに、別の風景が広がっていました。空中ギャラリーです。

この時期、中野区内の小学校、中学校、そして高等学校の皆さんの大きな力作が中野サンモールアーケードの上に、文字通り空中ギャラリーとして登場します。

今回は2020年をフィーチャーしていますね。

第21回中野区内小中高校空中ギャラリー

空中ギャラリーは、毎年毎年、楽しみにしています。

この大きさ、きっと制作にはいろいろな大変さがあると思います。そんな大変さに加えて、若い感性が楽しいギャラリーです。

今回、目にとまったのは、区立第四中学校の皆さんによる、四季の大樹です。

区立第4中学校 四季の大樹

画面を4分割した大胆なレイアウト。それらに、それぞれ四季折々の風景を描いています。レイアウト順に春夏秋冬、という風にはなっていませんが、それぞれこの風景を描いたかと説得力のある絵となっています。木を中心に、時間の流れを瑞々しく描いていますね。

空中ギャラリーには、他にもいろいろな作品があります。通りがけに見るのが楽しいです。

投稿者 shannon : 22:46 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:中野区地域情報

2018年5月10日

スマホを使ってモーションキャプチャー

スマートフォン撮影のビデオをアップロードし作成する全身モーションキャプチャシステム「RADiCAL」。スーツやセンサ等は不要。iOSアプリ無料リリース(Seamlessさま)

商業的な利用や、実際の運用は詳しく調べてみないとわかりませんが、インパクトのある記事です。モーションキャプチャーがスマホで出来るようになるなんて、簡単すぎます。

ビデオをアップローとしたサーバ側で処理をするので、スマホは素材を作るためのデバイスという位置づけですね。

ドローンもそうですが、大がかりな機械を用意したり、レンタルしたりということがどんどんと簡単になっていきます。簡単になった手段を使って、どんなコンテンツを作っていくのか、が考えどころです。

投稿者 shannon : 12:29 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:テクニカル