トップ > ハードウェア > 高速USBフラッシュメモリ実力テスト(ハードウェア)

« ヤフーがなぜ今、Blogか(メモ) | トップ | デンマーク中野店のカルフォルニアレーズン(中野区のパン) »

2005年2月16日

高速USBフラッシュメモリ実力テスト(ハードウェア)

どれぐらいの差が出るのかベンチマークテストを行なった

USBフラッシュメモリについて比較した記事がありました。やはり価格が高い高級機種は、それなりの理由があるようですね。ただ、何種類かを実際に使っていて、速度の違いを感じることはあんまりありませんので、価格で勝負でしょうか?その価格も、記事によると変動が激しいようです。買い時を見極めるのが難しい。

個人的には、バッファローのものを使っています。256MBでUSB2.0に対応していて、容量・速度とも不満無く使っています。

気になっているのは、ライトプロテクトスイッチです。データの移動にしか使っていないので、基本的にはバックアップをメモリ内に残しておくことはしません。なので使いません。また、物理的なスイッチですから、壊れる心配もあります。記事には、ボールペンなどで動かす様に指示している機種もあると説明がありますね。力のいれ具合によってはパキッといきそうで、怖いです。

買った時は「大きいかな?」と感じたサイズも、使ってみたらちょうど良いと感じています。というのも、PCが机の下にあったり、USBの端子がデザイン上奥まったところにあるなど、差しづらいことがあるからです。ある程度の大きさがあった方が、つかみやすいですし、目につくので無くしにくいですね。

バッファロー 256MB
USBフラッシュメモリ USB2.0対応

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2005年2月16日 20:19 | カテゴリー:ハードウェア

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/318

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)