トップ > 中野区のラーメン > 大勝軒のスペシャルつけそば(中野区のラーメン)

« Google の検索キーワードランキングとトレンド分析(メモ) | トップ | レトロな雰囲気の日本語TrueTypeフォント「懐流体1」(ソフトウェア) »

2005年3月28日

大勝軒のスペシャルつけそば(中野区のラーメン)

大勝軒のスペシャルつけそば■ラーメンでなく、「つけ」「そば」。風味とのど越しを楽しむ

今日のお昼は、JR中野駅南口にある大勝軒で食べました。Kさんのよると中野はつけめん発祥の地であり、大勝軒がそのルーツとか。有名店ですが雨のためか時間がずれていたためか、5分ほど並んだらカウンターに座ることが出来ました。トッピングをどうしようかなぁと悩んで、ぜいたくにスペシャルつけそば(¥750)を注文。スペシャルなのにこの値段はうれしいですね。

出された麺は、表面がやや柔らかめ。食感はぺたっとしていますが、太麺のためか中心にモチッとした部分が残っています。ボリュームはスゴイです。スープは複雑なダシが絡み合って、どれも突出しておらず繊細な味です。酸味も弱かったですね。具はメンマが味濃くなっており、歯ごたえもあって存在感が充分です。赤身の部分が多いチャーシューはつけそばに合うように細くカットされていました。

しょう油ベースのやや薄味なつゆで、ツルツルと麺をいただくのはそばの食べ方なんだなぁと思いました。インパクトは少ないものの、クセになる不思議な味でした。

なお、お店の名前については「中野大勝軒」や「大勝軒中野店」など、Web上でもいろいろと表記がありましたが、ホームページに準じて大勝軒と致しました。

★追加情報:店員さん同士の会話で「今日はタマゴが良く出ますね?」と話していたので調べてみたらゆで卵のトッピングだったんですね。今度試してみます。また、スープを飲んでいると店員さんが「割りますか?」と親切に声をかけてくれました。スープ割りはウラ技的ないただき方なので、店員さんから知らせてくれるのは初心者に親切だと感じました。

★お店情報:中野区中野3-33-13 第2ビル1F、03-3384-9234、10:30?21:00、定休・水、ホームページはこちら

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2005年3月28日 17:33 | カテゴリー:中野区のラーメン

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/407

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)