トップ > メモ > 「メディア利用の変化さえも認識できない消費者」の重要性(前編)

« 喜膳の油そば | トップ | 濃厚ミルクシュー専門店 Chou-Patti(シュー・パティ)のグラニータ(マンゴー) »

2007年8月31日

「メディア利用の変化さえも認識できない消費者」の重要性(前編)

■「湯川鶴章時事通信編集委員が興味深いことを言っています。」(CNET Japan)

世代間のギャップやユーザーの環境の変化などは正確につかみたい。しかしたとえつかんでいたとしても「この様なサービスが受け入れられるのか」「力の入れ方に問題ないか」「アピールするべき層に届いているか」など、パソコンの向こう側のユーザーの正体はわかりにくく、考え処です。

最近では、ニコニコ動画がまさしくそう。ネットで話題になっていると知識では知っていましたが、自分が利用するまで実感がわきませんでした。

記事でも書いてありますが、「試着しないと服が売れるはずがない」「ケータイでマンガを読むなんて、見にくい」などの先入観を持たないよう、気をつけたいと思います。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2007年8月31日 12:23 | カテゴリー:メモ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/1917

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)